※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

恋花デイズ

制作:オトメイト
公式サイト


製品概要

タイトル 恋花デイズ
ジャンル 恋愛ガーデニングSLG
対応機種 PSP
定価 通常版:6,090円(税抜5,800円)、限定版:8,190円(税抜7,800円)
発売日 2013年6月20日

選評

ストーリー
おじいさんから伝説の花を育ててそれをおばあちゃんに渡し結婚した話を聞き、私もその花育てて
フラワーショーで優勝するんだ!
という回想から始まり学園へ転向するところから始まる。

作業
まず初めは体力22、1マス耕す、植える、水を撒くしかできない。
花を育てるもしくは奇数月に行われるコンテストで優勝すると20000ポイントもらえてブーストアイテムが
買えるくらいになる。
これにより最大体力88、水を5×5撒けることになる。
ただしブースト引き継ぎはなくこれらは無駄になるためそこまでする必要がない。

ただ行動できるようになっても最後に買えるようになる種が収穫まで20日ぐらいかかるため
ブーストして最初から暇になるよりは良いかもしれない。
スキップ機能もついており3、7、14日と飛ばすことができる。
スキップしまくっているとサボっているだろうと怒られるがすることないんです!とこちらが怒りたくもなる。

なぞのステータス
主人公に3つのステータスが用意されており、説明書には花を育てるのに有利と書かれているが、
これも2周目には0にされるしED迎えたときにもらえるアイテムで多少上がるが、現時点で何が有利になるのか
分からない。


そして肝心の「花を育てる」部分がダメである。

・フラワーショー用の花は育てることができず
誰かとED確定すれば勝手に育ち勝手に相手の好きな花が咲きショーで優勝する

乙女ゲー用にぬるくしたのだがおそらくGSや牧場物語で育ったような層には
なんの達成感もなく、達成したといえば12、3時間の水やりだけである。

・奇数月のコンテスト
月初めに種をもらい、コンテストまでに育てて収穫していれば優勝する
やってもやらなくてもEDには関係ない

絶対に間に合わない日数で咲く種をもらうので成長剤を撒いて咲かせるだけである。
日々の収穫は天気によってもらえるポイントが違うのにコンテスト用の花は期限までに収穫だけでいいので
達成感がない。

では日々のガーデニングはなんなのか。
1度でも下校もしくはメールを送った相手の好きな花を咲かせると次に会う時に好感度がブーストされるだけ。
つまり好感度上げるためだけなのである。
途中主人公が「〇●に必要な花育てるね」というので期間限定育てるイベントでもあるのかと思えばない。
オーナメントで庭を飾ることができるが飾ったところで見に来るわけでもなく、周回でアイテムはなくなるため
畑状態が効率的。

・回想機能
GSマネして思い出を語る仕様にしてみました
個人的に見返すことはないので良いなと思った為、好みの問題かもしれない

・恋愛
VSイベントと片思いイベントとGS意識しまくりです

明らかな違いは2人以上同時攻略を前提としているので、1人を狙っていると11月のルート確定まで
スチルイベントが2個ぐらいしかない。
もしくはちょっとしたイベントもそれくらいしかない。
2人以上、VSイベントが起こる同士ではポンポン起こる。

日常の会話の中で徐々に親しくなっていくという感じなので、友達→親友→好きによって話の反応が変わるため
そこを楽しめないとまず無理。
コルダ無印ぐらいの過程で甘さはGSと言ったところでしょうか。
専門分野の学校のコルダと比べると園芸に関するイベントがないので、花を育てる学校というのを忘れるレベル。

まとめるとコルダ、GS、牧場物語を意識して作ったせいか3つを混ぜて7倍に希釈したオトメイトクオリティ。
2013年に1998年に出したようかの作業感。
花を育てるゲームなのに好感度以外での使い道はなく上手く直結していない為、
ただの作業になりその点が良くない