※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Starry☆Sky~After Autumn~

制作:honeybee
公式サイト


製品概要

タイトル Starry☆Sky~After Autumn~
ジャンル アドベンチャーゲーム
対応機種 Windows 2000/XP/Vista/7
定価 通常版:3,000円(税込3,150円)、初回限定版:3,790円(税込3,980円)
発売日 2011年8月5日

選評

選評1

システム面は毎度おなじみ気持ち悪いぐらい快適なハニビクオリティ
誤字脱字の多さも毎度おなじみハニビクオリティ
「その晩の夜」といった不可思議な言い回しから、ボイスが流れているのにセリフ欄に文字が表示されないもの
まで各種取り揃え
ちなみにこの誤字脱字に対しての修正パッチの話は一切出ていない

さて、肝心のゲーム内容だが大きく分けて

本編であるin Autumnで無事に攻略対象とくっついた後の話となるキャラ個別after
本編でバッドエンドとなった後の話となるキャラ個別another
本編で誰ともくっつかなかった後の話となる共通after

の3つがある
このうち最初からプレイできるのは個別anotherと共通after
個別afterは個別anotherをクリアするとプレイできるようになる
つまり本編で無事にくっついた後の話を見るためには、振られた後の話を先に見なければならないということになる
幸せにいちゃいちゃしてるところだけを見たいというプレイヤーはまずここで篩にかけられる
また個別anotherは本編の4年後から始まるのに対し、個別afterは本編直後の時間から始まる
先にanotherをプレイして大学生となった主人公でプレイした後、個別afterでキャラに「高校卒業おめでとう」と
言われるのは少々違和感がある
また糞な点として、キャラとくっついた後の幸せな生活を描くはずの個別afterにバッドエンドがあることを挙げる
個別afterは攻略対象3人中2人しかプレイしていないが、2人ともバッドエンドだと容赦なく振られる
何のためのFDだ
振られたところから再度くっつこうと努力する個別anotherがまだ可愛らしいものに見える

正直、攻略対象の誰ともくっつかずにサブキャラと戯れる共通afterが一番楽しかった
しかしそれを上回る糞さを個別ルートから感じた