ばん馬牧場

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

※大部品の多くが軍馬牧場からの流用です

部品構造


  • 大部品: ばん馬牧場 RD:18 評価値:7
    • 大部品: 食事 RD:4 評価値:3
      • 部品: バランスの良い食事
      • 部品: ご褒美としてのフルーツ
      • 部品: 馬糞の再利用
      • 部品: 消化にあった食事法
    • 大部品: 基礎訓練 RD:5 評価値:3
      • 部品: 人に慣れさせる
      • 部品: 長距離走
      • 部品: ごほうび
      • 部品: 適切な休養を取る
      • 部品: お清め
    • 大部品: ばん馬としての訓練 RD:3 評価値:2
      • 部品: 物を引きずる
      • 部品: 後ろからの指示
      • 部品: あまり揺らさない
    • 大部品: 基本施設 RD:3 評価値:2
      • 部品: 馬房
      • 部品: 放牧場
      • 部品: 洗い場
    • 大部品: ばん馬用訓練施設 RD:3 評価値:2
      • 部品: 平坦コース
      • 部品: 坂道コース
      • 部品: でこぼこ道



部品定義


部品: バランスの良い食事

目的に合わせて、栄養のバランスを考えた混合飼料を準備する。各原料を別で保存し、実際に与える際に混合することで、柔軟に変更できるようにもされている。


部品: ご褒美としてのフルーツ

厳しい訓練の飴となるような、おいしいフルーツ。何かを成功したときに与えられるもので、栄養価的な価値は低いため、多量には与えないようにする。


部品: 馬糞の再利用

繊維質の多い馬の排泄物を加工することで、良質な肥料を生み出すとともに、無駄にしない意識から排泄物を放置しないような意識を付ける。


部品: 消化にあった食事法

消化に時間が掛かる草食動物であるため、一日の食事回数を多くすることで、大量の食事をとらせる。また、消化に悪い運動直後の食事を避ける。


部品: 人に慣れさせる

産まれた時から人の助けを加えることで、馬にとって人が敵ではないことを教える。むしろ、人の助けなしでは生きられない程度に家畜化を行う。


部品: 長距離走

長距離を走らせることで、スタミナの強化を図る。 また、走行中の曲り方など、基本的な走り方も同じく学ぶ、基礎的な訓練。


部品: ごほうび

訓練がうまくいったときなど、褒めるためにデザートを与えるなどして褒める。実際に褒めるのも忘れない。一定期間ご褒美をもらっていない場合には、簡単な訓練でご褒美を与えるようにするが、何度も成功したことよりも初めて成功することの方が、もらえるご褒美が大きくなるようにする。


部品: 適切な休養を取る

例え綺麗に咲く薔薇でも、水をやり続ければ根を腐らせて枯らしてしまう。能力を伸ばすには、時に休むことも必要である。


部品: お清め

水浴びやブラッシングによって体をきれいにする。馬のストレスを軽減すると同時に、感染症などの予防を図る。


部品: 物を引きずる

付け具にそりを付けて、引っ張らせる訓練。後ろに引きずられる感覚など、普段は感じない部分があるだろうため、慣れないうちは特にお守りを乗せずに、徐々に荷重を増していく。


部品: 後ろからの指示

ばん馬となった馬は、あまり騎手を上には乗せず、後ろの引きずるものに乗せる。そこからの指示やムチに慣れさせる。


部品: あまり揺らさない

後ろに乗せる荷物や人などに害が与えられない程度に、上下運動を避けさせる。無理が出ない範囲で出せる速度を見極めさせる。


部品: 馬房

馬を休ませるための宿舎。基本的には馬ごとに仕切りが設けられるが、仔馬は母馬とともにいられるようにするなど、状況に合わせた広さが用意されている。


部品: 放牧場

柵に囲まれた、馬を自由に動かすための場所。牧場の中で最も広く、訓練間の休憩時に馬を放って自由にしておく。また、集団訓練を行う場合にも凍を利用する。


部品: 洗い場

馬を洗うための施設。汚水が他に流れないように配慮がされている。また、汚れが溜まりやすいため、清掃をこまめに行う。


部品: 平坦コース

良く整地された、平坦な道。そりを引く際にも引っかかるものがなく初期の訓練に向いているほか、通常の長距離走の際にも用いられる。


部品: 坂道コース

人工的に土を持って作られた、坂道のコース。ばん馬の場合は坂を登りきった後でも、引きずっているものはまだ坂の途中にあるため、よりスリリングになっている。


部品: でこぼこ道

わざと整地を行わず、ある程度でこぼこした状態を残したコース。そりが引っかかる以上に、馬の脚に良くない為、あまりスピードを出さずに慎重に訓練を行うこと。




提出書式


 大部品: ばん馬牧場 RD:18 評価値:7
 -大部品: 食事 RD:4 評価値:3
 --部品: バランスの良い食事
 --部品: ご褒美としてのフルーツ
 --部品: 馬糞の再利用
 --部品: 消化にあった食事法
 -大部品: 基礎訓練 RD:5 評価値:3
 --部品: 人に慣れさせる
 --部品: 長距離走
 --部品: ごほうび
 --部品: 適切な休養を取る
 --部品: お清め
 -大部品: ばん馬としての訓練 RD:3 評価値:2
 --部品: 物を引きずる
 --部品: 後ろからの指示
 --部品: あまり揺らさない
 -大部品: 基本施設 RD:3 評価値:2
 --部品: 馬房
 --部品: 放牧場
 --部品: 洗い場
 -大部品: ばん馬用訓練施設 RD:3 評価値:2
 --部品: 平坦コース
 --部品: 坂道コース
 --部品: でこぼこ道


 部品: バランスの良い食事
 目的に合わせて、栄養のバランスを考えた混合飼料を準備する。各原料を別で保存し、実際に与える際に混合することで、柔軟に変更できるようにもされている。


 部品: ご褒美としてのフルーツ
 厳しい訓練の飴となるような、おいしいフルーツ。何かを成功したときに与えられるもので、栄養価的な価値は低いため、多量には与えないようにする。


 部品: 馬糞の再利用
 繊維質の多い馬の排泄物を加工することで、良質な肥料を生み出すとともに、無駄にしない意識から排泄物を放置しないような意識を付ける。


 部品: 消化にあった食事法
 消化に時間が掛かる草食動物であるため、一日の食事回数を多くすることで、大量の食事をとらせる。また、消化に悪い運動直後の食事を避ける。


 部品: 人に慣れさせる
 産まれた時から人の助けを加えることで、馬にとって人が敵ではないことを教える。むしろ、人の助けなしでは生きられない程度に家畜化を行う。


 部品: 長距離走
 長距離を走らせることで、スタミナの強化を図る。 また、走行中の曲り方など、基本的な走り方も同じく学ぶ、基礎的な訓練。


 部品: ごほうび
 訓練がうまくいったときなど、褒めるためにデザートを与えるなどして褒める。実際に褒めるのも忘れない。一定期間ご褒美をもらっていない場合には、簡単な訓練でご褒美を与えるようにするが、何度も成功したことよりも初めて成功することの方が、もらえるご褒美が大きくなるようにする。


 部品: 適切な休養を取る
 例え綺麗に咲く薔薇でも、水をやり続ければ根を腐らせて枯らしてしまう。能力を伸ばすには、時に休むことも必要である。


 部品: お清め
 水浴びやブラッシングによって体をきれいにする。馬のストレスを軽減すると同時に、感染症などの予防を図る。


 部品: 物を引きずる
 付け具にそりを付けて、引っ張らせる訓練。後ろに引きずられる感覚など、普段は感じない部分があるだろうため、慣れないうちは特にお守りを乗せずに、徐々に荷重を増していく。


 部品: 後ろからの指示
 ばん馬となった馬は、あまり騎手を上には乗せず、後ろの引きずるものに乗せる。そこからの指示やムチに慣れさせる。


 部品: あまり揺らさない
 後ろに乗せる荷物や人などに害が与えられない程度に、上下運動を避けさせる。無理が出ない範囲で出せる速度を見極めさせる。


 部品: 馬房
 馬を休ませるための宿舎。基本的には馬ごとに仕切りが設けられるが、仔馬は母馬とともにいられるようにするなど、状況に合わせた広さが用意されている。


 部品: 放牧場
 柵に囲まれた、馬を自由に動かすための場所。牧場の中で最も広く、訓練間の休憩時に馬を放って自由にしておく。また、集団訓練を行う場合にも凍を利用する。


 部品: 洗い場
 馬を洗うための施設。汚水が他に流れないように配慮がされている。また、汚れが溜まりやすいため、清掃をこまめに行う。


 部品: 平坦コース
 良く整地された、平坦な道。そりを引く際にも引っかかるものがなく初期の訓練に向いているほか、通常の長距離走の際にも用いられる。


 部品: 坂道コース
 人工的に土を持って作られた、坂道のコース。ばん馬の場合は坂を登りきった後でも、引きずっているものはまだ坂の途中にあるため、よりスリリングになっている。


 部品: でこぼこ道
 わざと整地を行わず、ある程度でこぼこした状態を残したコース。そりが引っかかる以上に、馬の脚に良くない為、あまりスピードを出さずに慎重に訓練を行うこと。





インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "ばん馬牧場",
     "children": [
       {
         "title": "食事",
         "children": [
           {
             "title": "バランスの良い食事",
             "description": "目的に合わせて、栄養のバランスを考えた混合飼料を準備する。各原料を別で保存し、実際に与える際に混合することで、柔軟に変更できるようにもされている。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "ご褒美としてのフルーツ",
             "description": "厳しい訓練の飴となるような、おいしいフルーツ。何かを成功したときに与えられるもので、栄養価的な価値は低いため、多量には与えないようにする。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "馬糞の再利用",
             "description": "繊維質の多い馬の排泄物を加工することで、良質な肥料を生み出すとともに、無駄にしない意識から排泄物を放置しないような意識を付ける。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "消化にあった食事法",
             "description": "消化に時間が掛かる草食動物であるため、一日の食事回数を多くすることで、大量の食事をとらせる。また、消化に悪い運動直後の食事を避ける。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "基礎訓練",
         "children": [
           {
             "title": "人に慣れさせる",
             "description": "産まれた時から人の助けを加えることで、馬にとって人が敵ではないことを教える。むしろ、人の助けなしでは生きられない程度に家畜化を行う。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "長距離走",
             "description": "長距離を走らせることで、スタミナの強化を図る。 また、走行中の曲り方など、基本的な走り方も同じく学ぶ、基礎的な訓練。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "ごほうび",
             "description": "訓練がうまくいったときなど、褒めるためにデザートを与えるなどして褒める。実際に褒めるのも忘れない。一定期間ご褒美をもらっていない場合には、簡単な訓練でご褒美を与えるようにするが、何度も成功したことよりも初めて成功することの方が、もらえるご褒美が大きくなるようにする。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "適切な休養を取る",
             "description": "例え綺麗に咲く薔薇でも、水をやり続ければ根を腐らせて枯らしてしまう。能力を伸ばすには、時に休むことも必要である。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "お清め",
             "description": "水浴びやブラッシングによって体をきれいにする。馬のストレスを軽減すると同時に、感染症などの予防を図る。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "ばん馬としての訓練",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "物を引きずる",
             "description": "付け具にそりを付けて、引っ張らせる訓練。後ろに引きずられる感覚など、普段は感じない部分があるだろうため、慣れないうちは特にお守りを乗せずに、徐々に荷重を増していく。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "後ろからの指示",
             "description": "ばん馬となった馬は、あまり騎手を上には乗せず、後ろの引きずるものに乗せる。そこからの指示やムチに慣れさせる。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "あまり揺らさない",
             "description": "後ろに乗せる荷物や人などに害が与えられない程度に、上下運動を避けさせる。無理が出ない範囲で出せる速度を見極めさせる。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "基本施設",
         "children": [
           {
             "title": "馬房",
             "description": "馬を休ませるための宿舎。基本的には馬ごとに仕切りが設けられるが、仔馬は母馬とともにいられるようにするなど、状況に合わせた広さが用意されている。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "放牧場",
             "description": "柵に囲まれた、馬を自由に動かすための場所。牧場の中で最も広く、訓練間の休憩時に馬を放って自由にしておく。また、集団訓練を行う場合にも凍を利用する。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "洗い場",
             "description": "馬を洗うための施設。汚水が他に流れないように配慮がされている。また、汚れが溜まりやすいため、清掃をこまめに行う。\n",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": false,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "ばん馬用訓練施設",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "平坦コース",
             "description": "良く整地された、平坦な道。そりを引く際にも引っかかるものがなく初期の訓練に向いているほか、通常の長距離走の際にも用いられる。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "坂道コース",
             "description": "人工的に土を持って作られた、坂道のコース。ばん馬の場合は坂を登りきった後でも、引きずっているものはまだ坂の途中にあるため、よりスリリングになっている。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "でこぼこ道",
             "description": "わざと整地を行わず、ある程度でこぼこした状態を残したコース。そりが引っかかる以上に、馬の脚に良くない為、あまりスピードを出さずに慎重に訓練を行うこと。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false
       }
     ],
     "expanded": true,
     "part_type": "group"
   }
 ]
最終更新:2017年08月19日 00:12