フウチョウ座

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: フウチョウ座  RD:18 評価値:7
    • 大部品: 映画館 RD:14 評価値:6
      • 部品: 映画を上映する劇場
      • 部品: 銀幕
      • 部品: 映画館の営業形態
      • 部品: 主な経費
      • 部品: 流し込み制
      • 部品: 定員交流制
      • 部品: 指定席入れ替え制
      • 部品: 毎回定員入れ替え制
      • 部品: 入退場者の管理
      • 部品: 上映スケジュール
      • 部品: 映画館ロビー
      • 部品: 映写室
      • 部品: 非常口
      • 部品: 防災対策
    • 部品: 映倫規定順守作のみの上映
    • 部品: 場外公演
    • 部品: 館長のおすすめ公演
    • 部品: 親子上映会



部品定義


部品: 映画を上映する劇場

映画を観客に見せることを主目的とした施設のことで、多数の観客席の前に大きなスクリーンを設置し、そこに映画が投影されることで観客は映画を見ることができる劇場のことである。

部品: 銀幕

かつて映画館で使われていた投影用のスクリーンが銀色がかったものを用いていたため、これを象徴として映画そのものを銀幕と呼ぶことがある。

部品: 映画館の営業形態

一般的には個人に寄って所有・運営されるケースは少なく、映画館運営会社などによって運営される。顧客にチケットを販売し映画を見せ、そのチケット収益により利益を得る方式を取る。

部品: 主な経費

映画館の主な経費は上映用の映画の配給元となった配給会社に対し、定額、あるいはチケット売上額の一定割合を料金として支払うものである。

部品: 流し込み制

観客は自分の好きな時間に劇場に入館できる制度。満員になるまで詰め込み、座席数を超えた場合は立ち見となる。途中入館も可能なため、キャパシティとしては大きくなるが、同じ金額で立ち見と座席に座れる人が出てしまうため不満がが出やすかった。

部品: 定員交流制

観客の途中入退場は認めるが定員以上の入場を認めないため、全員の椅子が確保される制度。毎回定員入れ替え制と流し込み制の折衷案である。

部品: 指定席入れ替え制

多少割高な入場料料金を支払うことで必ず指定席に座ることができる方式。複数人での視聴の場合においてまとめて席をとることができる。

部品: 毎回定員入れ替え制

すべての観客が椅子に座って映画を鑑賞することができる方式。定員数が決まっており、販売枚数が規定枚数に達したらそこで販売を終了し、観客を入れ替えている。

部品: 入退場者の管理

料金体系通りに観客が映画を見るように、最低限の警備を行う。基本的には入場時の対応と、上映時間終了後の見回りが行われる。


部品: 上映スケジュール

現在映画館で公開されている映画の上映スケジュールが掲示されているものである。これは観客が見たい映画がいつどのスクリーンで上映されるかが書かれている。

部品: 映画館ロビー

映画館のロビーには映画視聴用の受付や上映スケジュール、館内で飲食することができる軽食や飲み物の類、パンフレットやグッズなどの販売所などがある。

部品: 映写室

実際に映画フィルムを回し、劇場に映像を流すための部屋。歴史上、火災が起きた場合の備えがされていることが多い。


部品: 非常口

非常時に外へと逃げるための出口。複数用意され、何らかのシステムが止まった際でも使用できるような形で実装される必要がある。


部品: 防災対策

暗い環境になりやすい為、災害時、特に火災が起きた場合を想定しての訓練及び非常用案内が準備されている。また、即座に明かりを取れるようにも工夫されている。


部品: 映倫規定順守作のみの上映

映画倫理規定を順守しているとされる映画のみを公開する。必要に応じて、レーティングを行って未成年者等の視聴に制限をかける。


部品: 場外公演

運営上余裕がある場合、自治体の許可をとったうえで、定期的に広場で夜間に映画の上演を行う。用意した椅子に座る場合は普段の半額を支払ってもらい、それ以外の場合見学は心次第として集金箱だけを置く。


部品: 館長のおすすめ公演

定期的に、新作などとは関係なく館長がコレだと思う映画を公演する。ややマイナーなものが多く、マニアには好評。


部品: 親子上映会

特に子供に見て欲しいというような、情操教育に良い映画を親子同伴の場合に割引を入れながら公演する。必ずしも子供向けとして作られた映画に限らず、映画の良さを伝えられるものが選ばれる。年に数度といった頻度。




提出書式


 大部品: フウチョウ座  RD:18 評価値:7
 -大部品: 映画館 RD:14 評価値:6
 --部品: 映画を上映する劇場
 --部品: 銀幕
 --部品: 映画館の営業形態
 --部品: 主な経費
 --部品: 流し込み制
 --部品: 定員交流制
 --部品: 指定席入れ替え制
 --部品: 毎回定員入れ替え制
 --部品: 入退場者の管理
 --部品: 上映スケジュール
 --部品: 映画館ロビー
 --部品: 映写室
 --部品: 非常口
 --部品: 防災対策
 -部品: 映倫規定順守作のみの上映
 -部品: 場外公演
 -部品: 館長のおすすめ公演
 -部品: 親子上映会


 部品: 映画を上映する劇場
 映画を観客に見せることを主目的とした施設のことで、多数の観客席の前に大きなスクリーンを設置し、そこに映画が投影されることで観客は映画を見ることができる劇場のことである。

 部品: 銀幕
 かつて映画館で使われていた投影用のスクリーンが銀色がかったものを用いていたため、これを象徴として映画そのものを銀幕と呼ぶことがある。

 部品: 映画館の営業形態
 一般的には個人に寄って所有・運営されるケースは少なく、映画館運営会社などによって運営される。顧客にチケットを販売し映画を見せ、そのチケット収益により利益を得る方式を取る。

 部品: 主な経費
 映画館の主な経費は上映用の映画の配給元となった配給会社に対し、定額、あるいはチケット売上額の一定割合を料金として支払うものである。

 部品: 流し込み制
 観客は自分の好きな時間に劇場に入館できる制度。満員になるまで詰め込み、座席数を超えた場合は立ち見となる。途中入館も可能なため、キャパシティとしては大きくなるが、同じ金額で立ち見と座席に座れる人が出てしまうため不満がが出やすかった。

 部品: 定員交流制
 観客の途中入退場は認めるが定員以上の入場を認めないため、全員の椅子が確保される制度。毎回定員入れ替え制と流し込み制の折衷案である。

 部品: 指定席入れ替え制
 多少割高な入場料料金を支払うことで必ず指定席に座ることができる方式。複数人での視聴の場合においてまとめて席をとることができる。

 部品: 毎回定員入れ替え制
 すべての観客が椅子に座って映画を鑑賞することができる方式。定員数が決まっており、販売枚数が規定枚数に達したらそこで販売を終了し、観客を入れ替えている。

 部品: 入退場者の管理
 料金体系通りに観客が映画を見るように、最低限の警備を行う。基本的には入場時の対応と、上映時間終了後の見回りが行われる。


 部品: 上映スケジュール
 現在映画館で公開されている映画の上映スケジュールが掲示されているものである。これは観客が見たい映画がいつどのスクリーンで上映されるかが書かれている。

 部品: 映画館ロビー
 映画館のロビーには映画視聴用の受付や上映スケジュール、館内で飲食することができる軽食や飲み物の類、パンフレットやグッズなどの販売所などがある。

 部品: 映写室
 実際に映画フィルムを回し、劇場に映像を流すための部屋。歴史上、火災が起きた場合の備えがされていることが多い。


 部品: 非常口
 非常時に外へと逃げるための出口。複数用意され、何らかのシステムが止まった際でも使用できるような形で実装される必要がある。


 部品: 防災対策
 暗い環境になりやすい為、災害時、特に火災が起きた場合を想定しての訓練及び非常用案内が準備されている。また、即座に明かりを取れるようにも工夫されている。


 部品: 映倫規定順守作のみの上映
 映画倫理規定を順守しているとされる映画のみを公開する。必要に応じて、レーティングを行って未成年者等の視聴に制限をかける。


 部品: 場外公演
 運営上余裕がある場合、自治体の許可をとったうえで、定期的に広場で夜間に映画の上演を行う。用意した椅子に座る場合は普段の半額を支払ってもらい、それ以外の場合見学は心次第として集金箱だけを置く。


 部品: 館長のおすすめ公演
 定期的に、新作などとは関係なく館長がコレだと思う映画を公演する。ややマイナーなものが多く、マニアには好評。


 部品: 親子上映会
 特に子供に見て欲しいというような、情操教育に良い映画を親子同伴の場合に割引を入れながら公演する。必ずしも子供向けとして作られた映画に限らず、映画の良さを伝えられるものが選ばれる。年に数度といった頻度。





インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "フウチョウ座 ",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "映画館",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "映画を上映する劇場",
             "description": "映画を観客に見せることを主目的とした施設のことで、多数の観客席の前に大きなスクリーンを設置し、そこに映画が投影されることで観客は映画を見ることができる劇場のことである。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "銀幕",
             "description": "かつて映画館で使われていた投影用のスクリーンが銀色がかったものを用いていたため、これを象徴として映画そのものを銀幕と呼ぶことがある。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "映画館の営業形態",
             "description": "一般的には個人に寄って所有・運営されるケースは少なく、映画館運営会社などによって運営される。顧客にチケットを販売し映画を見せ、そのチケット収益により利益を得る方式を取る。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "主な経費",
             "description": "映画館の主な経費は上映用の映画の配給元となった配給会社に対し、定額、あるいはチケット売上額の一定割合を料金として支払うものである。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "流し込み制",
             "description": "観客は自分の好きな時間に劇場に入館できる制度。満員になるまで詰め込み、座席数を超えた場合は立ち見となる。途中入館も可能なため、キャパシティとしては大きくなるが、同じ金額で立ち見と座席に座れる人が出てしまうため不満がが出やすかった。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "定員交流制",
             "description": "観客の途中入退場は認めるが定員以上の入場を認めないため、全員の椅子が確保される制度。毎回定員入れ替え制と流し込み制の折衷案である。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "指定席入れ替え制",
             "description": "多少割高な入場料料金を支払うことで必ず指定席に座ることができる方式。複数人での視聴の場合においてまとめて席をとることができる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "毎回定員入れ替え制",
             "description": "すべての観客が椅子に座って映画を鑑賞することができる方式。定員数が決まっており、販売枚数が規定枚数に達したらそこで販売を終了し、観客を入れ替えている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "入退場者の管理 ",
             "description": "料金体系通りに観客が映画を見るように、最低限の警備を行う。基本的には入場時の対応と、上映時間終了後の見回りが行われる。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "上映スケジュール",
             "description": "現在映画館で公開されている映画の上映スケジュールが掲示されているものである。これは観客が見たい映画がいつどのスクリーンで上映されるかが書かれている。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "映画館ロビー",
             "description": "映画館のロビーには映画視聴用の受付や上映スケジュール、館内で飲食することができる軽食や飲み物の類、パンフレットやグッズなどの販売所などがある。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "映写室 ",
             "description": "実際に映画フィルムを回し、劇場に映像を流すための部屋。歴史上、火災が起きた場合の備えがされていることが多い。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "非常口 ",
             "description": "非常時に外へと逃げるための出口。複数用意され、何らかのシステムが止まった際でも使用できるような形で実装される必要がある。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "防災対策 ",
             "description": "暗い環境になりやすい為、災害時、特に火災が起きた場合を想定しての訓練及び非常用案内が準備されている。また、即座に明かりを取れるようにも工夫されている。\n",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "映倫規定順守作のみの上映 ",
         "description": "映画倫理規定を順守しているとされる映画のみを公開する。必要に応じて、レーティングを行って未成年者等の視聴に制限をかける。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "場外公演 ",
         "description": "運営上余裕がある場合、自治体の許可をとったうえで、定期的に広場で夜間に映画の上演を行う。用意した椅子に座る場合は普段の半額を支払ってもらい、それ以外の場合見学は心次第として集金箱だけを置く。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "館長のおすすめ公演 ",
         "description": "定期的に、新作などとは関係なく館長がコレだと思う映画を公演する。ややマイナーなものが多く、マニアには好評。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "親子上映会 ",
         "description": "特に子供に見て欲しいというような、情操教育に良い映画を親子同伴の場合に割引を入れながら公演する。必ずしも子供向けとして作られた映画に限らず、映画の良さを伝えられるものが選ばれる。年に数度といった頻度。\n",
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]
最終更新:2017年08月19日 00:13