映画会社

部品構造


  • 大部品: 映画会社 RD:13 評価値:6
    • 大部品: 特徴 RD:2 評価値:1
      • 部品: 映画の作成
      • 部品: スタッフの集合/離散
    • 大部品: 構成 RD:7 評価値:4
      • 部品: 常駐映画監督
      • 部品: メインカメラマン
      • 部品: 特効マン
      • 部品: 劇伴作曲家
      • 部品: 役者
      • 部品: 脚本家
      • 部品: 事務員
    • 大部品: 器材 RD:4 評価値:3
      • 部品: ビデオカメラ
      • 部品: フィルム
      • 部品: 現像室
      • 部品: フィルム編集室



部品定義


部品: 映画の作成

映画作成の全てを行う。オーディション、撮影、現像、編集と、その仕事は多岐にわたり、その為多種多様な労働量が必要となる。


部品: スタッフの集合/離散

映画の撮影は一大プロジェクトであるものの、工程ごとに必要となる人間が入れ替わる。その為、基幹となる役柄や、事務員以外はその時その時に雇うことが多い。


部品: 常駐映画監督

基本的には入れ替わることのない、映画を撮るうえでは最も重要な役職。外部にもよく名前が知られる分、小さんも批判も受けやすい。


部品: メインカメラマン

映画監督の指示を受け、光の具合やピント合わせの支持を出す役職。映画監督のクセを見るために、常駐することが多い。


部品: 特効マン

通常あり得ないような光景や、爆発などの再現するには危険なものを取り扱う。暁の円卓では、『映装士』と呼ばれる幻影使いがその役を取る。


部品: 劇伴作曲家

映画を彩るうえで欠かせない、いわゆる『劇伴』を作る。よい映画は、必ずといってもいいほど彼らの生み出した特徴的な旋律と共に語られる。


部品: 役者

映画の顔ともいえる、実際に演じる人、あるいは動物たち。彼らがいなければ映画は成り立たず、基本的にはオーディションで選ばれたものがなる。


部品: 脚本家

映画のセリフや演技を文字に起こす役職。映画監督が兼任することもあるが、監督の思いを最初に役者に伝える重要な役割を持っている。


部品: 事務員

影で制作環境を支える人たち。経理や撮影許可、必要な機材の借り入れなどを行う。決して表に出ることはないが、彼らのおかげで映画が撮影できているといっても過言ではない。


部品: ビデオカメラ

動画を撮影するための機材。フィルムを回して連続で感光させるものや、受光素子から電子的に映像を記録させるものなど、物理域によって多種多様なものがある。


部品: フィルム

受けた光を記録する、特殊な薬品につけられた帯状のもの。必要以上に光を当ててしまうと、撮影したものがおじゃんになってしまうので、現像するまで厳重に保管する必要がある。


部品: 現像室

撮影したフィルムを特殊な薬品につけ、実際に撮影されたものを表に現す作業を行う暗室。これによってできるネガに光を通すことで、撮影した画像が出てくるようになる。


部品: フィルム編集室

ネガとなったフィルムの中から、実際の映画で使用する部分のみを切り貼りする。この作業をもって、映画の面白さが確定する。




提出書式


 大部品: 映画会社 RD:13 評価値:6
 -大部品: 特徴 RD:2 評価値:1
 --部品: 映画の作成
 --部品: スタッフの集合/離散
 -大部品: 構成 RD:7 評価値:4
 --部品: 常駐映画監督
 --部品: メインカメラマン
 --部品: 特効マン
 --部品: 劇伴作曲家
 --部品: 役者
 --部品: 脚本家
 --部品: 事務員
 -大部品: 器材 RD:4 評価値:3
 --部品: ビデオカメラ
 --部品: フィルム
 --部品: 現像室
 --部品: フィルム編集室


 部品: 映画の作成
 映画作成の全てを行う。オーディション、撮影、現像、編集と、その仕事は多岐にわたり、その為多種多様な労働量が必要となる。


 部品: スタッフの集合/離散
 映画の撮影は一大プロジェクトであるものの、工程ごとに必要となる人間が入れ替わる。その為、基幹となる役柄や、事務員以外はその時その時に雇うことが多い。


 部品: 常駐映画監督
 基本的には入れ替わることのない、映画を撮るうえでは最も重要な役職。外部にもよく名前が知られる分、小さんも批判も受けやすい。


 部品: メインカメラマン
 映画監督の指示を受け、光の具合やピント合わせの支持を出す役職。映画監督のクセを見るために、常駐することが多い。


 部品: 特効マン
 通常あり得ないような光景や、爆発などの再現するには危険なものを取り扱う。暁の円卓では、『映装士』と呼ばれる幻影使いがその役を取る。


 部品: 劇伴作曲家
 映画を彩るうえで欠かせない、いわゆる『劇伴』を作る。よい映画は、必ずといってもいいほど彼らの生み出した特徴的な旋律と共に語られる。


 部品: 役者
 映画の顔ともいえる、実際に演じる人、あるいは動物たち。彼らがいなければ映画は成り立たず、基本的にはオーディションで選ばれたものがなる。


 部品: 脚本家
 映画のセリフや演技を文字に起こす役職。映画監督が兼任することもあるが、監督の思いを最初に役者に伝える重要な役割を持っている。


 部品: 事務員
 影で制作環境を支える人たち。経理や撮影許可、必要な機材の借り入れなどを行う。決して表に出ることはないが、彼らのおかげで映画が撮影できているといっても過言ではない。


 部品: ビデオカメラ
 動画を撮影するための機材。フィルムを回して連続で感光させるものや、受光素子から電子的に映像を記録させるものなど、物理域によって多種多様なものがある。


 部品: フィルム
 受けた光を記録する、特殊な薬品につけられた帯状のもの。必要以上に光を当ててしまうと、撮影したものがおじゃんになってしまうので、現像するまで厳重に保管する必要がある。


 部品: 現像室
 撮影したフィルムを特殊な薬品につけ、実際に撮影されたものを表に現す作業を行う暗室。これによってできるネガに光を通すことで、撮影した画像が出てくるようになる。


 部品: フィルム編集室
 ネガとなったフィルムの中から、実際の映画で使用する部分のみを切り貼りする。この作業をもって、映画の面白さが確定する。





インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "映画会社",
     "children": [
       {
         "title": "特徴",
         "children": [
           {
             "title": "映画の作成",
             "description": "映画作成の全てを行う。オーディション、撮影、現像、編集と、その仕事は多岐にわたり、その為多種多様な労働量が必要となる。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "スタッフの集合/離散",
             "description": "映画の撮影は一大プロジェクトであるものの、工程ごとに必要となる人間が入れ替わる。その為、基幹となる役柄や、事務員以外はその時その時に雇うことが多い。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "構成",
         "children": [
           {
             "title": "常駐映画監督",
             "description": "基本的には入れ替わることのない、映画を撮るうえでは最も重要な役職。外部にもよく名前が知られる分、小さんも批判も受けやすい。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "メインカメラマン",
             "description": "映画監督の指示を受け、光の具合やピント合わせの支持を出す役職。映画監督のクセを見るために、常駐することが多い。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "特効マン",
             "description": "通常あり得ないような光景や、爆発などの再現するには危険なものを取り扱う。暁の円卓では、『映装士』と呼ばれる幻影使いがその役を取る。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "劇伴作曲家",
             "description": "映画を彩るうえで欠かせない、いわゆる『劇伴』を作る。よい映画は、必ずといってもいいほど彼らの生み出した特徴的な旋律と共に語られる。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "役者",
             "description": "映画の顔ともいえる、実際に演じる人、あるいは動物たち。彼らがいなければ映画は成り立たず、基本的にはオーディションで選ばれたものがなる。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "脚本家",
             "description": "映画のセリフや演技を文字に起こす役職。映画監督が兼任することもあるが、監督の思いを最初に役者に伝える重要な役割を持っている。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "事務員",
             "description": "影で制作環境を支える人たち。経理や撮影許可、必要な機材の借り入れなどを行う。決して表に出ることはないが、彼らのおかげで映画が撮影できているといっても過言ではない。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "器材",
         "children": [
           {
             "title": "ビデオカメラ",
             "description": "動画を撮影するための機材。フィルムを回して連続で感光させるものや、受光素子から電子的に映像を記録させるものなど、物理域によって多種多様なものがある。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "フィルム",
             "description": "受けた光を記録する、特殊な薬品につけられた帯状のもの。必要以上に光を当ててしまうと、撮影したものがおじゃんになってしまうので、現像するまで厳重に保管する必要がある。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "現像室",
             "description": "撮影したフィルムを特殊な薬品につけ、実際に撮影されたものを表に現す作業を行う暗室。これによってできるネガに光を通すことで、撮影した画像が出てくるようになる。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "フィルム編集室",
             "description": "ネガとなったフィルムの中から、実際の映画で使用する部分のみを切り貼りする。この作業をもって、映画の面白さが確定する。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       }
     ],
     "expanded": true,
     "part_type": "group"
   }
 ]


部品構造


  • 大部品: 映画会社 RD:13 評価値:6
    • 大部品: 特徴 RD:2 評価値:1
      • 部品: 映画の作成
      • 部品: スタッフの集合/離散
    • 大部品: 構成 RD:7 評価値:4
      • 部品: 常駐映画監督
      • 部品: メインカメラマン
      • 部品: 特効マン
      • 部品: 劇伴作曲家
      • 部品: 役者
      • 部品: 脚本家
      • 部品: 事務員
    • 大部品: 器材 RD:4 評価値:3
      • 部品: ビデオカメラ
      • 部品: フィルム
      • 部品: 現像室
      • 部品: フィルム編集室



部品定義


部品: 映画の作成

映画作成の全てを行う。オーディション、撮影、現像、編集と、その仕事は多岐にわたり、その為多種多様な労働量が必要となる。


部品: スタッフの集合/離散

映画の撮影は一大プロジェクトであるものの、工程ごとに必要となる人間が入れ替わる。その為、基幹となる役柄や、事務員以外はその時その時に雇うことが多い。


部品: 常駐映画監督

基本的には入れ替わることのない、映画を撮るうえでは最も重要な役職。外部にもよく名前が知られる分、小さんも批判も受けやすい。


部品: メインカメラマン

映画監督の指示を受け、光の具合やピント合わせの支持を出す役職。映画監督のクセを見るために、常駐することが多い。


部品: 特効マン

通常あり得ないような光景や、爆発などの再現するには危険なものを取り扱う。暁の円卓では、『映装士』と呼ばれる幻影使いがその役を取る。


部品: 劇伴作曲家

映画を彩るうえで欠かせない、いわゆる『劇伴』を作る。よい映画は、必ずといってもいいほど彼らの生み出した特徴的な旋律と共に語られる。


部品: 役者

映画の顔ともいえる、実際に演じる人、あるいは動物たち。彼らがいなければ映画は成り立たず、基本的にはオーディションで選ばれたものがなる。


部品: 脚本家

映画のセリフや演技を文字に起こす役職。映画監督が兼任することもあるが、監督の思いを最初に役者に伝える重要な役割を持っている。


部品: 事務員

影で制作環境を支える人たち。経理や撮影許可、必要な機材の借り入れなどを行う。決して表に出ることはないが、彼らのおかげで映画が撮影できているといっても過言ではない。


部品: ビデオカメラ

動画を撮影するための機材。フィルムを回して連続で感光させるものや、受光素子から電子的に映像を記録させるものなど、物理域によって多種多様なものがある。


部品: フィルム

受けた光を記録する、特殊な薬品につけられた帯状のもの。必要以上に光を当ててしまうと、撮影したものがおじゃんになってしまうので、現像するまで厳重に保管する必要がある。


部品: 現像室

撮影したフィルムを特殊な薬品につけ、実際に撮影されたものを表に現す作業を行う暗室。これによってできるネガに光を通すことで、撮影した画像が出てくるようになる。


部品: フィルム編集室

ネガとなったフィルムの中から、実際の映画で使用する部分のみを切り貼りする。この作業をもって、映画の面白さが確定する。




提出書式


 大部品: 映画会社 RD:13 評価値:6
 -大部品: 特徴 RD:2 評価値:1
 --部品: 映画の作成
 --部品: スタッフの集合/離散
 -大部品: 構成 RD:7 評価値:4
 --部品: 常駐映画監督
 --部品: メインカメラマン
 --部品: 特効マン
 --部品: 劇伴作曲家
 --部品: 役者
 --部品: 脚本家
 --部品: 事務員
 -大部品: 器材 RD:4 評価値:3
 --部品: ビデオカメラ
 --部品: フィルム
 --部品: 現像室
 --部品: フィルム編集室


 部品: 映画の作成
 映画作成の全てを行う。オーディション、撮影、現像、編集と、その仕事は多岐にわたり、その為多種多様な労働量が必要となる。


 部品: スタッフの集合/離散
 映画の撮影は一大プロジェクトであるものの、工程ごとに必要となる人間が入れ替わる。その為、基幹となる役柄や、事務員以外はその時その時に雇うことが多い。


 部品: 常駐映画監督
 基本的には入れ替わることのない、映画を撮るうえでは最も重要な役職。外部にもよく名前が知られる分、小さんも批判も受けやすい。


 部品: メインカメラマン
 映画監督の指示を受け、光の具合やピント合わせの支持を出す役職。映画監督のクセを見るために、常駐することが多い。


 部品: 特効マン
 通常あり得ないような光景や、爆発などの再現するには危険なものを取り扱う。暁の円卓では、『映装士』と呼ばれる幻影使いがその役を取る。


 部品: 劇伴作曲家
 映画を彩るうえで欠かせない、いわゆる『劇伴』を作る。よい映画は、必ずといってもいいほど彼らの生み出した特徴的な旋律と共に語られる。


 部品: 役者
 映画の顔ともいえる、実際に演じる人、あるいは動物たち。彼らがいなければ映画は成り立たず、基本的にはオーディションで選ばれたものがなる。


 部品: 脚本家
 映画のセリフや演技を文字に起こす役職。映画監督が兼任することもあるが、監督の思いを最初に役者に伝える重要な役割を持っている。


 部品: 事務員
 影で制作環境を支える人たち。経理や撮影許可、必要な機材の借り入れなどを行う。決して表に出ることはないが、彼らのおかげで映画が撮影できているといっても過言ではない。


 部品: ビデオカメラ
 動画を撮影するための機材。フィルムを回して連続で感光させるものや、受光素子から電子的に映像を記録させるものなど、物理域によって多種多様なものがある。


 部品: フィルム
 受けた光を記録する、特殊な薬品につけられた帯状のもの。必要以上に光を当ててしまうと、撮影したものがおじゃんになってしまうので、現像するまで厳重に保管する必要がある。


 部品: 現像室
 撮影したフィルムを特殊な薬品につけ、実際に撮影されたものを表に現す作業を行う暗室。これによってできるネガに光を通すことで、撮影した画像が出てくるようになる。


 部品: フィルム編集室
 ネガとなったフィルムの中から、実際の映画で使用する部分のみを切り貼りする。この作業をもって、映画の面白さが確定する。





インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "映画会社",
     "children": [
       {
         "title": "特徴",
         "children": [
           {
             "title": "映画の作成",
             "description": "映画作成の全てを行う。オーディション、撮影、現像、編集と、その仕事は多岐にわたり、その為多種多様な労働量が必要となる。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "スタッフの集合/離散",
             "description": "映画の撮影は一大プロジェクトであるものの、工程ごとに必要となる人間が入れ替わる。その為、基幹となる役柄や、事務員以外はその時その時に雇うことが多い。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "構成",
         "children": [
           {
             "title": "常駐映画監督",
             "description": "基本的には入れ替わることのない、映画を撮るうえでは最も重要な役職。外部にもよく名前が知られる分、小さんも批判も受けやすい。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "メインカメラマン",
             "description": "映画監督の指示を受け、光の具合やピント合わせの支持を出す役職。映画監督のクセを見るために、常駐することが多い。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "特効マン",
             "description": "通常あり得ないような光景や、爆発などの再現するには危険なものを取り扱う。暁の円卓では、『映装士』と呼ばれる幻影使いがその役を取る。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "劇伴作曲家",
             "description": "映画を彩るうえで欠かせない、いわゆる『劇伴』を作る。よい映画は、必ずといってもいいほど彼らの生み出した特徴的な旋律と共に語られる。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "役者",
             "description": "映画の顔ともいえる、実際に演じる人、あるいは動物たち。彼らがいなければ映画は成り立たず、基本的にはオーディションで選ばれたものがなる。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "脚本家",
             "description": "映画のセリフや演技を文字に起こす役職。映画監督が兼任することもあるが、監督の思いを最初に役者に伝える重要な役割を持っている。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "事務員",
             "description": "影で制作環境を支える人たち。経理や撮影許可、必要な機材の借り入れなどを行う。決して表に出ることはないが、彼らのおかげで映画が撮影できているといっても過言ではない。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "器材",
         "children": [
           {
             "title": "ビデオカメラ",
             "description": "動画を撮影するための機材。フィルムを回して連続で感光させるものや、受光素子から電子的に映像を記録させるものなど、物理域によって多種多様なものがある。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "フィルム",
             "description": "受けた光を記録する、特殊な薬品につけられた帯状のもの。必要以上に光を当ててしまうと、撮影したものがおじゃんになってしまうので、現像するまで厳重に保管する必要がある。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "現像室",
             "description": "撮影したフィルムを特殊な薬品につけ、実際に撮影されたものを表に現す作業を行う暗室。これによってできるネガに光を通すことで、撮影した画像が出てくるようになる。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "フィルム編集室",
             "description": "ネガとなったフィルムの中から、実際の映画で使用する部分のみを切り貼りする。この作業をもって、映画の面白さが確定する。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       }
     ],
     "expanded": true,
     "part_type": "group"
   }
 ]