革工場

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 革工場 RD:22 評価値:7
    • 大部品: 革の作り方 RD:5 評価値:3
      • 部品: 皮を洗う
      • 部品: 毛を抜く
      • 部品: なめす
      • 部品: 乾燥
      • 部品: 仕上げ
    • 大部品: なめしの種類 RD:3 評価値:2
      • 部品: クロムなめし
      • 部品: 植物タンニンなめし
      • 部品: 混合なめし
    • 大部品: 仕上げの種類 RD:3 評価値:2
      • 部品: 顔料仕上げ
      • 部品: 染料仕上げ
      • 部品: 表面削り
    • 大部品: 革の種類 RD:3 評価値:2
      • 部品: 牛革
      • 部品: コードバン(馬革)
      • 部品: 豚革
    • 大部品: 職場環境 RD:3 評価値:2
      • 部品: タイコ
      • 部品: 教育環境
      • 部品: 労務時間
    • 部品: 皮の仕入れ元
    • 部品: 毒性の注意
    • 部品: 環境への配慮
    • 部品: 利用先
    • 部品: 革の作成



部品定義


部品: 皮を洗う

毛のついた動物の皮を洗う。皮をはいだ際に残っていた脂肪や付着していた血を落とし、充分な水分を与える。


部品: 毛を抜く

毛を抜きやすくするための処理を行った後に、毛を抜く。毛の生えている部分も革とするためには必要なため、削り取ることは許されない。


部品: なめす

クロムやタンニンを使用して、皮中のコラーゲンを結合させて丈夫でやわらかくする。この工程を済ませたものを「革」と呼ぶ


部品: 乾燥

必要に応じて染色を行った後、自然乾燥を行う。しっかり乾かし、後の塗装などの際に置きうるトラブルを防ぐ。


部品: 仕上げ

表面に塗料を塗るなどして、革の質感を上げる。仕上げ方法によって水はけのよさや透明感、質感、強度などに変化が生まれる。


部品: クロムなめし

クロムを用いたなめし。引き裂き、耐熱性に優れ、柔軟性に富んだ革ができる。クロムなめしによってできた革は、そのままだと「ウェットブルー」と呼ばれる青色になる。


部品: 植物タンニンなめし

引き裂きに弱く、耐熱性も比較的弱いが固く厚い革ができる。タンニンなめしによってできた製品は茶褐色をしており、使ううちにつやが出てくる。


部品: 混合なめし

タンニンなめしとクロムなめしを掛け合わせて行う。両方の長所を生かしたなめし方で、混合の具合を調整する必要がある。


部品: 顔料仕上げ

革の表面に顔料を塗る。表面が顔料で固まるため、色に透明感が出にくいが均一な塗装で高級感が出る。また、摩擦堅牢度や耐光性にも優れ、お手入れもしやすい。


部品: 染料仕上げ

革の表面に染料をしみこませる。革自体の表面が表に出る為、色落ちや色あせ、シミなども出てしまうが、革の質感がそのまま味わえる。


部品: 表面削り

目の細かなサンドペーパーなどで、革の表面を削る。毛足が短く、キメの細かい仕上がりになり、光沢が出ない。


部品: 牛革

牛の成長度合いによって特徴が異なる。基本的には年を経ているほど厚みが出て、丈夫になるが、繊維が荒くなっていく。


部品: コードバン(馬革)

馬の尻の部分から取ったものを利用する。一般的に馬の革は厚みや強度が比較的高くないが、繊維が非常にきめ細やかで、硬く、強靭となる。


部品: 豚革

毛穴が小さくたくさん開いているため、通気性に優れ、軽くて薄く、摩擦に強い。その為、鞄や靴の中敷きによく利用できる。


部品: タイコ

巨大な横倒しの樽のような姿をした装置で、その場で回転させられるようになっている。なめし剤と皮を入れて回すことで、なめすことができる。


部品: 教育環境

先輩と後輩でペアを組んで作業を行わせることで、文字に残せない触感的な部分までを伝えられるようにする。


部品: 労務時間

革に無駄な熱を加えないために基本的に日中のみ稼働するようにする。また、タイコを回転させるのも負担にならないよう、複数人で交代しながら行う。


部品: 皮の仕入れ元

革のために動物を育てることはなく、食用などで殺された動物の皮を利用する。契約先にはなるべく傷のつかないように殺すようにとお願いをしている。


部品: 毒性の注意

特にクロムなめしに用いられるクロムの中には、人体に毒性のある種類もある。毒性に注意し、人体に害のないクロムのみを使用する。


部品: 環境への配慮

革製品を作成する際には大量の水が利用される。その後、薬品などによって汚染された水がそのまま水道に流れないようにし、濾過や無害化を行った後に下水道に流す。


部品: 利用先

丈夫な革製品は、軽防具や馬や牛の装備に用いられることが多い他、その風味を生かして鞄や靴、服飾にも用いられる。


部品: 革の作成

革の作り方を元に革を作り、必要に応じて加工を行う。基本的には受注生産であり、それに応えられるようにするために原料の皮は塩漬けして保管されている。



提出書式


大部品: 革工場 RD:22 評価値:7
  • 大部品: 革の作り方 RD:5 評価値:3
    • 部品: 皮を洗う
    • 部品: 毛を抜く
    • 部品: なめす
    • 部品: 乾燥
    • 部品: 仕上げ
  • 大部品: なめしの種類 RD:3 評価値:2
    • 部品: クロムなめし
    • 部品: 植物タンニンなめし
    • 部品: 混合なめし
  • 大部品: 仕上げの種類 RD:3 評価値:2
    • 部品: 顔料仕上げ
    • 部品: 染料仕上げ
    • 部品: 表面削り
  • 大部品: 革の種類 RD:3 評価値:2
    • 部品: 牛革
    • 部品: コードバン(馬革)
    • 部品: 豚革
  • 大部品: 職場環境 RD:3 評価値:2
    • 部品: タイコ
    • 部品: 教育環境
    • 部品: 労務時間
  • 部品: 皮の仕入れ元
  • 部品: 毒性の注意
  • 部品: 環境への配慮
  • 部品: 利用先
  • 部品: 革の作成


部品: 皮を洗う
毛のついた動物の皮を洗う。皮をはいだ際に残っていた脂肪や付着していた血を落とし、充分な水分を与える。


部品: 毛を抜く
毛を抜きやすくするための処理を行った後に、毛を抜く。毛の生えている部分も革とするためには必要なため、削り取ることは許されない。


部品: なめす
クロムやタンニンを使用して、皮中のコラーゲンを結合させて丈夫でやわらかくする。この工程を済ませたものを「革」と呼ぶ


部品: 乾燥
必要に応じて染色を行った後、自然乾燥を行う。しっかり乾かし、後の塗装などの際に置きうるトラブルを防ぐ。


部品: 仕上げ
表面に塗料を塗るなどして、革の質感を上げる。仕上げ方法によって水はけのよさや透明感、質感、強度などに変化が生まれる。


部品: クロムなめし
クロムを用いたなめし。引き裂き、耐熱性に優れ、柔軟性に富んだ革ができる。クロムなめしによってできた革は、そのままだと「ウェットブルー」と呼ばれる青色になる。


部品: 植物タンニンなめし
引き裂きに弱く、耐熱性も比較的弱いが固く厚い革ができる。タンニンなめしによってできた製品は茶褐色をしており、使ううちにつやが出てくる。


部品: 混合なめし
タンニンなめしとクロムなめしを掛け合わせて行う。両方の長所を生かしたなめし方で、混合の具合を調整する必要がある。


部品: 顔料仕上げ
革の表面に顔料を塗る。表面が顔料で固まるため、色に透明感が出にくいが均一な塗装で高級感が出る。また、摩擦堅牢度や耐光性にも優れ、お手入れもしやすい。


部品: 染料仕上げ
革の表面に染料をしみこませる。革自体の表面が表に出る為、色落ちや色あせ、シミなども出てしまうが、革の質感がそのまま味わえる。


部品: 表面削り
目の細かなサンドペーパーなどで、革の表面を削る。毛足が短く、キメの細かい仕上がりになり、光沢が出ない。


部品: 牛革
牛の成長度合いによって特徴が異なる。基本的には年を経ているほど厚みが出て、丈夫になるが、繊維が荒くなっていく。


部品: コードバン(馬革)
馬の尻の部分から取ったものを利用する。一般的に馬の革は厚みや強度が比較的高くないが、繊維が非常にきめ細やかで、硬く、強靭となる。


部品: 豚革
毛穴が小さくたくさん開いているため、通気性に優れ、軽くて薄く、摩擦に強い。その為、鞄や靴の中敷きによく利用できる。


部品: タイコ
巨大な横倒しの樽のような姿をした装置で、その場で回転させられるようになっている。なめし剤と皮を入れて回すことで、なめすことができる。


部品: 教育環境
先輩と後輩でペアを組んで作業を行わせることで、文字に残せない触感的な部分までを伝えられるようにする。


部品: 労務時間
革に無駄な熱を加えないために基本的に日中のみ稼働するようにする。また、タイコを回転させるのも負担にならないよう、複数人で交代しながら行う。


部品: 皮の仕入れ元
革のために動物を育てることはなく、食用などで殺された動物の皮を利用する。契約先にはなるべく傷のつかないように殺すようにとお願いをしている。


部品: 毒性の注意
特にクロムなめしに用いられるクロムの中には、人体に毒性のある種類もある。毒性に注意し、人体に害のないクロムのみを使用する。


部品: 環境への配慮
革製品を作成する際には大量の水が利用される。その後、薬品などによって汚染された水がそのまま水道に流れないようにし、濾過や無害化を行った後に下水道に流す。


部品: 利用先
丈夫な革製品は、軽防具や馬や牛の装備に用いられることが多い他、その風味を生かして鞄や靴、服飾にも用いられる。


部品: 革の作成
革の作り方を元に革を作り、必要に応じて加工を行う。基本的には受注生産であり、それに応えられるようにするために原料の皮は塩漬けして保管されている。




インポート用定義データ


[
{
"title": "革工場",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "革の作り方",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "皮を洗う",
"description": "毛のついた動物の皮を洗う。皮をはいだ際に残っていた脂肪や付着していた血を落とし、充分な水分を与える。\n",
"part_type": "part"
},
{
"title": "毛を抜く",
"description": "毛を抜きやすくするための処理を行った後に、毛を抜く。毛の生えている部分も革とするためには必要なため、削り取ることは許されない。\n",
"part_type": "part"
},
{
"title": "なめす",
"description": "クロムやタンニンを使用して、皮中のコラーゲンを結合させて丈夫でやわらかくする。この工程を済ませたものを「革」と呼ぶ\n",
"part_type": "part"
},
{
"title": "乾燥",
"description": "必要に応じて染色を行った後、自然乾燥を行う。しっかり乾かし、後の塗装などの際に置きうるトラブルを防ぐ。\n",
"part_type": "part"
},
{
"title": "仕上げ",
"description": "表面に塗料を塗るなどして、革の質感を上げる。仕上げ方法によって水はけのよさや透明感、質感、強度などに変化が生まれる。\n",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false
},
{
"title": "なめしの種類",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "クロムなめし",
"description": "クロムを用いたなめし。引き裂き、耐熱性に優れ、柔軟性に富んだ革ができる。クロムなめしによってできた革は、そのままだと「ウェットブルー」と呼ばれる青色になる。\n",
"part_type": "part"
},
{
"title": "植物タンニンなめし",
"description": "引き裂きに弱く、耐熱性も比較的弱いが固く厚い革ができる。タンニンなめしによってできた製品は茶褐色をしており、使ううちにつやが出てくる。\n",
"part_type": "part"
},
{
"title": "混合なめし",
"description": "タンニンなめしとクロムなめしを掛け合わせて行う。両方の長所を生かしたなめし方で、混合の具合を調整する必要がある。\n",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false
},
{
"title": "仕上げの種類",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "顔料仕上げ",
"description": "革の表面に顔料を塗る。表面が顔料で固まるため、色に透明感が出にくいが均一な塗装で高級感が出る。また、摩擦堅牢度や耐光性にも優れ、お手入れもしやすい。\n",
"part_type": "part"
},
{
"title": "染料仕上げ",
"description": "革の表面に染料をしみこませる。革自体の表面が表に出る為、色落ちや色あせ、シミなども出てしまうが、革の質感がそのまま味わえる。\n",
"part_type": "part"
},
{
"title": "表面削り",
"description": "目の細かなサンドペーパーなどで、革の表面を削る。毛足が短く、キメの細かい仕上がりになり、光沢が出ない。\n",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false
},
{
"title": "革の種類",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "牛革",
"description": "牛の成長度合いによって特徴が異なる。基本的には年を経ているほど厚みが出て、丈夫になるが、繊維が荒くなっていく。\n",
"part_type": "part"
},
{
"title": "コードバン(馬革)",
"description": "馬の尻の部分から取ったものを利用する。一般的に馬の革は厚みや強度が比較的高くないが、繊維が非常にきめ細やかで、硬く、強靭となる。\n",
"part_type": "part"
},
{
"title": "豚革",
"description": "毛穴が小さくたくさん開いているため、通気性に優れ、軽くて薄く、摩擦に強い。その為、鞄や靴の中敷きによく利用できる。\n",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false
},
{
"title": "職場環境",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "タイコ",
"description": "巨大な横倒しの樽のような姿をした装置で、その場で回転させられるようになっている。なめし剤と皮を入れて回すことで、なめすことができる。\n",
"part_type": "part"
},
{
"title": "教育環境",
"description": "先輩と後輩でペアを組んで作業を行わせることで、文字に残せない触感的な部分までを伝えられるようにする。\n",
"part_type": "part"
},
{
"title": "労務時間",
"description": "革に無駄な熱を加えないために基本的に日中のみ稼働するようにする。また、タイコを回転させるのも負担にならないよう、複数人で交代しながら行う。\n",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false
},
{
"title": "皮の仕入れ元",
"description": "革のために動物を育てることはなく、食用などで殺された動物の皮を利用する。契約先にはなるべく傷のつかないように殺すようにとお願いをしている。\n",
"part_type": "part"
},
{
"title": "毒性の注意",
"description": "特にクロムなめしに用いられるクロムの中には、人体に毒性のある種類もある。毒性に注意し、人体に害のないクロムのみを使用する。\n",
"part_type": "part"
},
{
"title": "環境への配慮",
"description": "革製品を作成する際には大量の水が利用される。その後、薬品などによって汚染された水がそのまま水道に流れないようにし、濾過や無害化を行った後に下水道に流す。\n",
"part_type": "part"
},
{
"title": "利用先",
"description": "丈夫な革製品は、軽防具や馬や牛の装備に用いられることが多い他、その風味を生かして鞄や靴、服飾にも用いられる。\n",
"part_type": "part"
},
{
"title": "革の作成",
"description": "革の作り方を元に革を作り、必要に応じて加工を行う。基本的には受注生産であり、それに応えられるようにするために原料の皮は塩漬けして保管されている。",
"part_type": "part",
"expanded": true
}
],
"expanded": true
}
]

最終更新:2017年08月27日 02:23