ハチミツ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: ハチミツ RD:5 評価値:3
    • 部品: 養蜂の始まり
    • 部品: 抽出
    • 部品: 濾過
    • 部品: ハチミツ酒として
    • 部品: 食用として



部品定義


部品: 養蜂の始まり

虫媒花であるりんごなどを受粉させるために、ミツバチを育てるようになったのが始まりで、ミツバチの巣は養蜂家がひそかに楽しむだけであった。


部品: 抽出

ミツバチの巣からミツバチを丁寧に払い落とし、遠心分離器にかける。すると巣にあるハチミツが取り出されるので別の容器に貯める。


部品: 濾過

ミツバチの巣から抽出されたハチミツには、巣枠の欠片やゴミなどが含まれているため、、濾過器にかけてそれらを取り除く。


部品: ハチミツ酒として

ほほにしきを用いた清酒が大規模生産に乗る前は、ハチミツを水で薄めて発酵して作られるハチミツ酒の原料として利用されていた。


部品: 食用として

清酒がつくられてからは、一般家庭にハチミツとして出回るようになり、料理の調味料などに利用されるようになっていった。




提出書式


大部品: ハチミツ RD:5 評価値:3
  • 部品: 養蜂の始まり
  • 部品: 抽出
  • 部品: 濾過
  • 部品: ハチミツ酒として
  • 部品: 食用として


部品: 養蜂の始まり
虫媒花であるりんごなどを受粉させるために、ミツバチを育てるようになったのが始まりで、ミツバチの巣は養蜂家がひそかに楽しむだけであった。


部品: 抽出
ミツバチの巣からミツバチを丁寧に払い落とし、遠心分離器にかける。すると巣にあるハチミツが取り出されるので別の容器に貯める。


部品: 濾過
ミツバチの巣から抽出されたハチミツには、巣枠の欠片やゴミなどが含まれているため、、濾過器にかけてそれらを取り除く。


部品: ハチミツ酒として
ほほにしきを用いた清酒が大規模生産に乗る前は、ハチミツを水で薄めて発酵して作られるハチミツ酒の原料として利用されていた。


部品: 食用として
清酒がつくられてからは、一般家庭にハチミツとして出回るようになり、料理の調味料などに利用されるようになっていった。





インポート用定義データ


[
{
"title": "ハチミツ",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "養蜂の始まり",
"description": "虫媒花であるりんごなどを受粉させるために、ミツバチを育てるようになったのが始まりで、ミツバチの巣は養蜂家がひそかに楽しむだけであった。\n",
"part_type": "part"
},
{
"title": "抽出",
"description": "ミツバチの巣からミツバチを丁寧に払い落とし、遠心分離器にかける。すると巣にあるハチミツが取り出されるので別の容器に貯める。\n",
"part_type": "part"
},
{
"title": "濾過",
"description": "ミツバチの巣から抽出されたハチミツには、巣枠の欠片やゴミなどが含まれているため、、濾過器にかけてそれらを取り除く。\n",
"part_type": "part"
},
{
"title": "ハチミツ酒として",
"description": "ほほにしきを用いた清酒が大規模生産に乗る前は、ハチミツを水で薄めて発酵して作られるハチミツ酒の原料として利用されていた。\n",
"part_type": "part"
},
{
"title": "食用として",
"description": "清酒がつくられてからは、一般家庭にハチミツとして出回るようになり、料理の調味料などに利用されるようになっていった。\n",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true
}
]
最終更新:2017年08月19日 00:32