魔法使い

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 魔法使い RD:22 評価値:7
    • 大部品: 素質 RD:3 評価値:2
      • 部品: 純真さ
      • 部品: 自由さ
      • 部品: 確固たる自分
    • 大部品: 修行 RD:5 評価値:3
      • 部品: 三年にわたる師匠との暮らし
      • 部品: 師匠との出逢い
      • 部品: 師匠の真似
      • 部品: がっかりするような失敗
      • 部品: 魔法に対する心の制御
    • 大部品: 知識の探究 RD:4 評価値:3
      • 部品: 世界への好奇心
      • 部品: 想像を広げる
      • 部品: 師匠の昔話
      • 部品: 頭でっかちともいえる知識
    • 大部品: 魔法使いへの道 RD:5 評価値:3
      • 部品: 魔法へのあこがれ
      • 部品: 自然と触れ合う
      • 部品: 鋭敏な感覚
      • 部品: 詠唱の訓練
      • 部品: 簡単な詠唱攻撃
    • 大部品: 魔法陣の訓練 RD:2 評価値:1
      • 部品: お絵描き
      • 部品: 少しだけ器用
    • 大部品: 止まらない言葉 RD:3 評価値:2
      • 部品: 語りつくせぬ言葉
      • 部品: 夜話語り
      • 部品: 聞くも涙の語り草



部品定義


部品: 純真さ

魔法使いとなるためには、自然の姿を人の目でゆがめてはならない。その姿をそのままに見る純真さがなければいけないのだ。

部品: 自由さ

他人とのしがらみに縛られないような自由さが、魔法を学ぶ上で必要になることが多い。修行のためによく旅をし、多くのことを学ぶ。

部品: 確固たる自分

自分の中に一本芯を持っていて、大事なところだけはぶれないようになっている。その芯とは、行動指針であり、各々が正しいと信じる何かである。


部品: 三年にわたる師匠との暮らし

魔法使いとなるには、すでに魔法使いである人の下で修業をするのが一般的である。多くのものは少なくとも三年の修行をこなさない限り、簡単な魔法を使うのも難しい。

部品: 師匠との出逢い

師匠と出逢ったのは、いつだったか。その時に見た師匠の使う魔法、その魔法で救われた人々の笑顔を見て、そんな師匠にあこがれたんだった。

部品: 師匠の真似

見よう見まねで師匠の真似をしてみる。まだまだ修行中の身、どうしたって出力は出ないけれど、むしろそれは幸いなことだったかもしれない。

部品: がっかりするような失敗

師匠がすぐさまに抑えてくれたおかげでなんということはなくなったけど、その失敗は今思い出しても心が沈む。でも、その失敗のおかげで魔法を使う時の慎重さが身についたのだった。

部品: 魔法に対する心の制御

大いなる力は、それだけで魅力的なものである。何かがあるたびに不用心に見せびらかしたくなってしまうが、そうではなく、自分がしなければならない時にだけ力を発揮するように訓練と訓示を受ける。


部品: 世界への好奇心

どうして炎が燃えるのか、何で水は氷になるのか。そういう他の人はどうでもいいと思うようなことでも、不思議に思う心が、新しいことを学ぶ土壌になっている。


部品: 想像を広げる

今持っている知識から、新しい知識を考え出す。時にそれは間違っているかもしれないけれど、考えて修正することが、新発見の元となる。

部品: 師匠の昔話

温故知新。師匠の語る話は、時に埃のかぶったようなものにも聞こえるけれど、同時に自分が経験したような錯覚を受け、ただ本を読むよりも頭に残る。

部品: 頭でっかちともいえる知識

本やほかの人から聞いた知識が多く、人によっては行動による実感が伴わないという。それでも、その広範な知識が誰かを助けることもある。自分が動くのではなく、人が動く手助けとして。

部品: 魔法へのあこがれ

目の前で起こる、とても現実とは思えないような不思議。そんな不思議に心奪われ、いつしか憧れの気持ちが胸の内で焦がれていった。

部品: 自然と触れ合う

魔法も何もないところから生まれるわけではない。土や、木、風の中にある魔法の素のようなものの助けを借りて行う。それを感じ、自然とともにあることを再確認するためにも、森や山などを散歩する。

部品: 鋭敏な感覚

他人が見逃してしまうような小さなズレに気付ける。好きな子が切った前髪三センチや、まるで置きなおしたかのように微妙にずれた本の山も見逃さない。

部品: 詠唱の訓練

師匠立会いの下、無機物などの目標に向かって詠唱攻撃を行う。基本的には初めのうちは出力を抑え、コントロールができるようになってきたところで段々と出力を強くする。
目標物についても、基本的には使いまわせるような的だったりを用意するか、食用など、訓練後にも有効に利用できるようなものを使用することで、自然に対する影響を抑える。

部品: 簡単な詠唱攻撃

単純で分かりやすい詠唱を行って、魔法を発動させる。一般的には火や水、風などを操って、対象に害をなすが、単純な魔法ゆえに威力もそれほど大きいというわけではない。

部品: お絵描き

絵を書いて、自分の世界を外に出す。これを続けることによって、より具体的な想像力を上げるとともに、形式的な、複雑な文様なども書けるようになる。

部品: 少しだけ器用

絵を書いたりしているからか、手を使う作業が人よりも少しだけ得意。誰もが驚く、というほどではないけれど、ちょっとしたときに頼りにされる程度には手を動かせる。

部品: 語りつくせぬ言葉

自分の中にある、誰かに語りたい言葉。実際に正確に外に出せるとは限らないけれど、頭の中にはそんな話がとめどなく流れている。

部品: 夜話語り

夜にお師匠様と話し合った経験がある。夜の不思議な雰囲気が手助けをして、その日にあったことや感じたことを素直に吐き出させる良い訓練になった。


部品: 聞くも涙の語り草

聞き手は、その話に感動して、あるいは同情を禁じえなくなってしまって涙が止まらなくなってしまうようなお話。それほどまでにさせるような話を持つ身の上があるとともに、それを共感させるだけの話術を持ち合わせている。



提出書式


 大部品: 魔法使い RD:22 評価値:7
 -大部品: 素質 RD:3 評価値:2
 --部品: 純真さ
 --部品: 自由さ
 --部品: 確固たる自分
 -大部品: 修行 RD:5 評価値:3
 --部品: 三年にわたる師匠との暮らし
 --部品: 師匠との出逢い
 --部品: 師匠の真似
 --部品: がっかりするような失敗
 --部品: 魔法に対する心の制御
 -大部品: 知識の探究 RD:4 評価値:3
 --部品: 世界への好奇心
 --部品: 想像を広げる
 --部品: 師匠の昔話
 --部品: 頭でっかちともいえる知識
 -大部品: 魔法使いへの道 RD:5 評価値:3
 --部品: 魔法へのあこがれ
 --部品: 自然と触れ合う
 --部品: 鋭敏な感覚
 --部品: 詠唱の訓練
 --部品: 簡単な詠唱攻撃
 -大部品: 魔法陣の訓練 RD:2 評価値:1
 --部品: お絵描き
 --部品: 少しだけ器用
 -大部品: 止まらない言葉 RD:3 評価値:2
 --部品: 語りつくせぬ言葉
 --部品: 夜話語り
 --部品: 聞くも涙の語り草
 
 
 部品: 純真さ
 魔法使いとなるためには、自然の姿を人の目でゆがめてはならない。その姿をそのままに見る純真さがなければいけないのだ。
 
 部品: 自由さ
 他人とのしがらみに縛られないような自由さが、魔法を学ぶ上で必要になることが多い。修行のためによく旅をし、多くのことを学ぶ。
 
 部品: 確固たる自分
 自分の中に一本芯を持っていて、大事なところだけはぶれないようになっている。その芯とは、行動指針であり、各々が正しいと信じる何かである。
 
 
 部品: 三年にわたる師匠との暮らし
 魔法使いとなるには、すでに魔法使いである人の下で修業をするのが一般的である。多くのものは少なくとも三年の修行をこなさない限り、簡単な魔法を使うのも難しい。
 
 部品: 師匠との出逢い
 師匠と出逢ったのは、いつだったか。その時に見た師匠の使う魔法、その魔法で救われた人々の笑顔を見て、そんな師匠にあこがれたんだった。
 
 部品: 師匠の真似
 見よう見まねで師匠の真似をしてみる。まだまだ修行中の身、どうしたって出力は出ないけれど、むしろそれは幸いなことだったかもしれない。
 
 部品: がっかりするような失敗
 師匠がすぐさまに抑えてくれたおかげでなんということはなくなったけど、その失敗は今思い出しても心が沈む。でも、その失敗のおかげで魔法を使う時の慎重さが身についたのだった。
 
 部品: 魔法に対する心の制御
 大いなる力は、それだけで魅力的なものである。何かがあるたびに不用心に見せびらかしたくなってしまうが、そうではなく、自分がしなければならない時にだけ力を発揮するように訓練と訓示を受ける。
 
 
 部品: 世界への好奇心
 どうして炎が燃えるのか、何で水は氷になるのか。そういう他の人はどうでもいいと思うようなことでも、不思議に思う心が、新しいことを学ぶ土壌になっている。
 
 
 部品: 想像を広げる
 今持っている知識から、新しい知識を考え出す。時にそれは間違っているかもしれないけれど、考えて修正することが、新発見の元となる。
 
 部品: 師匠の昔話
 温故知新。師匠の語る話は、時に埃のかぶったようなものにも聞こえるけれど、同時に自分が経験したような錯覚を受け、ただ本を読むよりも頭に残る。
 
 部品: 頭でっかちともいえる知識
 本やほかの人から聞いた知識が多く、人によっては行動による実感が伴わないという。それでも、その広範な知識が誰かを助けることもある。自分が動くのではなく、人が動く手助けとして。
 
 部品: 魔法へのあこがれ
 目の前で起こる、とても現実とは思えないような不思議。そんな不思議に心奪われ、いつしか憧れの気持ちが胸の内で焦がれていった。
 
 部品: 自然と触れ合う
 魔法も何もないところから生まれるわけではない。土や、木、風の中にある魔法の素のようなものの助けを借りて行う。それを感じ、自然とともにあることを再確認するためにも、森や山などを散歩する。
 
 部品: 鋭敏な感覚
 他人が見逃してしまうような小さなズレに気付ける。好きな子が切った前髪三センチや、まるで置きなおしたかのように微妙にずれた本の山も見逃さない。
 
 部品: 詠唱の訓練
 師匠立会いの下、無機物などの目標に向かって詠唱攻撃を行う。基本的には初めのうちは出力を抑え、コントロールができるようになってきたところで段々と出力を強くする。
 目標物についても、基本的には使いまわせるような的だったりを用意するか、食用など、訓練後にも有効に利用できるようなものを使用することで、自然に対する影響を抑える。
 
 部品: 簡単な詠唱攻撃
 単純で分かりやすい詠唱を行って、魔法を発動させる。一般的には火や水、風などを操って、対象に害をなすが、単純な魔法ゆえに威力もそれほど大きいというわけではない。
 
 部品: お絵描き
 絵を書いて、自分の世界を外に出す。これを続けることによって、より具体的な想像力を上げるとともに、形式的な、複雑な文様なども書けるようになる。
 
 部品: 少しだけ器用
 絵を書いたりしているからか、手を使う作業が人よりも少しだけ得意。誰もが驚く、というほどではないけれど、ちょっとしたときに頼りにされる程度には手を動かせる。
 
 部品: 語りつくせぬ言葉
 自分の中にある、誰かに語りたい言葉。実際に正確に外に出せるとは限らないけれど、頭の中にはそんな話がとめどなく流れている。
 
 部品: 夜話語り
 夜にお師匠様と話し合った経験がある。夜の不思議な雰囲気が手助けをして、その日にあったことや感じたことを素直に吐き出させる良い訓練になった。
 
 
 部品: 聞くも涙の語り草
 聞き手は、その話に感動して、あるいは同情を禁じえなくなってしまって涙が止まらなくなってしまうようなお話。それほどまでにさせるような話を持つ身の上があるとともに、それを共感させるだけの話術を持ち合わせている。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "魔法使い",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "素質",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "純真さ",
             "part_type": "part",
             "description": "魔法使いとなるためには、自然の姿を人の目でゆがめてはならない。その姿をそのままに見る純真さがなければいけないのだ。"
           },
           {
             "title": "自由さ",
             "part_type": "part",
             "description": "他人とのしがらみに縛られないような自由さが、魔法を学ぶ上で必要になることが多い。修行のためによく旅をし、多くのことを学ぶ。"
           },
           {
             "title": "確固たる自分",
             "description": "自分の中に一本芯を持っていて、大事なところだけはぶれないようになっている。その芯とは、行動指針であり、各々が正しいと信じる何かである。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "修行",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "三年にわたる師匠との暮らし",
             "part_type": "part",
             "description": "魔法使いとなるには、すでに魔法使いである人の下で修業をするのが一般的である。多くのものは少なくとも三年の修行をこなさない限り、簡単な魔法を使うのも難しい。"
           },
           {
             "title": "師匠との出逢い",
             "part_type": "part",
             "description": "師匠と出逢ったのは、いつだったか。その時に見た師匠の使う魔法、その魔法で救われた人々の笑顔を見て、そんな師匠にあこがれたんだった。",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "師匠の真似",
             "part_type": "part",
             "description": "見よう見まねで師匠の真似をしてみる。まだまだ修行中の身、どうしたって出力は出ないけれど、むしろそれは幸いなことだったかもしれない。"
           },
           {
             "title": "がっかりするような失敗",
             "part_type": "part",
             "description": "師匠がすぐさまに抑えてくれたおかげでなんということはなくなったけど、その失敗は今思い出しても心が沈む。でも、その失敗のおかげで魔法を使う時の慎重さが身についたのだった。"
           },
           {
             "title": "魔法に対する心の制御",
             "description": "大いなる力は、それだけで魅力的なものである。何かがあるたびに不用心に見せびらかしたくなってしまうが、そうではなく、自分がしなければならない時にだけ力を発揮するように訓練と訓示を受ける。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "知識の探究",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "世界への好奇心",
             "part_type": "part",
             "description": "どうして炎が燃えるのか、何で水は氷になるのか。そういう他の人はどうでもいいと思うようなことでも、不思議に思う心が、新しいことを学ぶ土壌になっている。\n",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "想像を広げる",
             "part_type": "part",
             "description": "今持っている知識から、新しい知識を考え出す。時にそれは間違っているかもしれないけれど、考えて修正することが、新発見の元となる。"
           },
           {
             "title": "師匠の昔話",
             "part_type": "part",
             "description": "温故知新。師匠の語る話は、時に埃のかぶったようなものにも聞こえるけれど、同時に自分が経験したような錯覚を受け、ただ本を読むよりも頭に残る。"
           },
           {
             "title": "頭でっかちともいえる知識",
             "part_type": "part",
             "description": "本やほかの人から聞いた知識が多く、人によっては行動による実感が伴わないという。それでも、その広範な知識が誰かを助けることもある。自分が動くのではなく、人が動く手助けとして。"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "魔法使いへの道",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "魔法へのあこがれ",
             "part_type": "part",
             "description": "目の前で起こる、とても現実とは思えないような不思議。そんな不思議に心奪われ、いつしか憧れの気持ちが胸の内で焦がれていった。"
           },
           {
             "title": "自然と触れ合う",
             "part_type": "part",
             "description": "魔法も何もないところから生まれるわけではない。土や、木、風の中にある魔法の素のようなものの助けを借りて行う。それを感じ、自然とともにあることを再確認するためにも、森や山などを散歩する。"
           },
           {
             "title": "鋭敏な感覚",
             "part_type": "part",
             "description": "他人が見逃してしまうような小さなズレに気付ける。好きな子が切った前髪三センチや、まるで置きなおしたかのように微妙にずれた本の山も見逃さない。"
           },
           {
             "title": "詠唱の訓練",
             "description": "師匠立会いの下、無機物などの目標に向かって詠唱攻撃を行う。基本的には初めのうちは出力を抑え、コントロールができるようになってきたところで段々と出力を強くする。\n目標物についても、基本的には使いまわせるような的だったりを用意するか、食用など、訓練後にも有効に利用できるようなものを使用することで、自然に対する影響を抑える。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "簡単な詠唱攻撃",
             "part_type": "part",
             "description": "単純で分かりやすい詠唱を行って、魔法を発動させる。一般的には火や水、風などを操って、対象に害をなすが、単純な魔法ゆえに威力もそれほど大きいというわけではない。"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "魔法陣の訓練",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "お絵描き",
             "part_type": "part",
             "description": "絵を書いて、自分の世界を外に出す。これを続けることによって、より具体的な想像力を上げるとともに、形式的な、複雑な文様なども書けるようになる。",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "少しだけ器用",
             "part_type": "part",
             "description": "絵を書いたりしているからか、手を使う作業が人よりも少しだけ得意。誰もが驚く、というほどではないけれど、ちょっとしたときに頼りにされる程度には手を動かせる。",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "止まらない言葉",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "語りつくせぬ言葉",
             "part_type": "part",
             "description": "自分の中にある、誰かに語りたい言葉。実際に正確に外に出せるとは限らないけれど、頭の中にはそんな話がとめどなく流れている。"
           },
           {
             "title": "夜話語り",
             "part_type": "part",
             "description": "夜にお師匠様と話し合った経験がある。夜の不思議な雰囲気が手助けをして、その日にあったことや感じたことを素直に吐き出させる良い訓練になった。\n",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "聞くも涙の語り草",
             "part_type": "part",
             "description": "聞き手は、その話に感動して、あるいは同情を禁じえなくなってしまって涙が止まらなくなってしまうようなお話。それほどまでにさせるような話を持つ身の上があるとともに、それを共感させるだけの話術を持ち合わせている。"
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]
最終更新:2017年08月25日 02:03