暁の火酒

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 暁の火酒 RD:12 評価値:6
    • 部品: 暁の火酒とは
    • 大部品: 火酒の効果 RD:5 評価値:3
      • 大部品: 興奮作用 RD:3 評価値:2
        • 部品: 眠気覚まし
        • 部品: 疲れを感じにくくなる
        • 部品: 強心作用
      • 部品: 増力作用
      • 部品: 酒でありながら興奮作用
    • 大部品: 火酒の作り方 RD:4 評価値:3
      • 部品: お酒を造る
      • 部品: 蒸留する
      • 部品: 茶葉を入れる
      • 部品: 奉納する
    • 大部品: 火酒の特徴 RD:2 評価値:1
      • 部品: 高いアルコール度数
      • 部品: 値段が高い



部品定義


部品: 暁の火酒とは

一般にはアルコール分の高い酒を指す言葉だが、暁における火酒とは一種の強化薬として使用できる、特殊なお酒を指す。


部品: 眠気覚まし

眠気を覚ます効果がある。どうしても眠るわけにはいかない際に使用できる。逆に、過剰摂取によって不眠をもたらしうるため、必要な時に使用する必要がある。


部品: 疲れを感じにくくなる

興奮状態になり、疲労感・倦怠感に対して鈍感となる。当然ながら疲労が取れるわけではない為、無理は禁物である。また、効果が切れた際に現れる倦怠感が精神的な依存症をもたらすこともある。


部品: 強心作用

心筋の収縮力を高めるなどして、心機能を高める作用。一時的に血流量を上げるが、健康体に対しては負担になり得る。


部品: 増力作用

この酒を飲んだ暁の国民の中には、「力が増した」と報告するものも少なくない。これは一般的には興奮作用がもたらす強心作用や覚醒作用が、酒の製造法にある神秘性と相まって、その人が無意識にかけているリミットを外すような精神的効果ももたらしているとされる。要するに、「勘違いから生まれた火事場の馬鹿力」というようなものである。単純な人ほど効きやすい。


部品: 酒でありながら興奮作用

通常は抑制作用を持つアルコールであるが、暁の火酒はカフェインなどと同じような興奮作用を、弱いながらも持つことが知られている。


部品: お酒を造る

暁の火酒のベースは、暁でもメジャーな米酒である。通常の酒以上に発酵を進め、アルコール分の高いいわゆる「辛口」に仕上げる。


部品: 蒸留する

作成されたお酒を蒸留器にかけて更にアルコール度数を上げる。一般的には背の高い三段組のポットのようなものを使う。そのポッドは二段目の底が抜けており、最上部に水を張り、二段目の天井に冷えて着いたアルコール分を取り出せるようになっている。


部品: 茶葉を入れる

蒸留後の酒に、暁山でとれたものを乾燥・発酵させた、甘みが強くも後味はさわやかなオレンジペコの茶葉を入れる。一説によると、趣味で蒸留をしていた鍛冶屋のラルフ公介が、誤って入れたことが始まりといわれている。


部品: 奉納する

茶葉を入れた火酒は暁山に埋め、ゆっくりと茶葉の香りをお酒に移す。味の為にするというよりは、一種の神秘を得る為に行うとされる。ここで発酵が進んでしまいいくつかの瓶が駄目になることが多く、それ故に残った瓶は「選別」を受けたと重宝される。茶葉が出ることによって真っ赤に仕上がる。


部品: 高いアルコール度数

蒸留の後に水を入れることをしていない為、アルコール度数が高い。慣れていないものが飲むとすぐに酔っぱらうか、酔っぱらうまでもなく飲めなくなる。


部品: 値段が高い

奉納の手間やその際に「選別」を受ける為にあまり量ができず、その為もあってほかの酒類と比べて高価である。それもまた神秘性を高めている、のかもしれない。




提出書式


 大部品: 暁の火酒 RD:12 評価値:6
 -部品: 暁の火酒とは
 -大部品: 火酒の効果 RD:5 評価値:3
 --大部品: 興奮作用 RD:3 評価値:2
 ---部品: 眠気覚まし
 ---部品: 疲れを感じにくくなる
 ---部品: 強心作用
 --部品: 増力作用
 --部品: 酒でありながら興奮作用
 -大部品: 火酒の作り方 RD:4 評価値:3
 --部品: お酒を造る
 --部品: 蒸留する
 --部品: 茶葉を入れる
 --部品: 奉納する
 -大部品: 火酒の特徴 RD:2 評価値:1
 --部品: 高いアルコール度数
 --部品: 値段が高い
 
 
 部品: 暁の火酒とは
 一般にはアルコール分の高い酒を指す言葉だが、暁における火酒とは一種の強化薬として使用できる、特殊なお酒を指す。
 
 
 部品: 眠気覚まし
 眠気を覚ます効果がある。どうしても眠るわけにはいかない際に使用できる。逆に、過剰摂取によって不眠をもたらしうるため、必要な時に使用する必要がある。
 
 
 部品: 疲れを感じにくくなる
 興奮状態になり、疲労感・倦怠感に対して鈍感となる。当然ながら疲労が取れるわけではない為、無理は禁物である。また、効果が切れた際に現れる倦怠感が精神的な依存症をもたらすこともある。
 
 
 部品: 強心作用
 心筋の収縮力を高めるなどして、心機能を高める作用。一時的に血流量を上げるが、健康体に対しては負担になり得る。
 
 
 部品: 増力作用
 この酒を飲んだ暁の国民の中には、「力が増した」と報告するものも少なくない。これは一般的には興奮作用がもたらす強心作用や覚醒作用が、酒の製造法にある神秘性と相まって、その人が無意識にかけているリミットを外すような精神的効果ももたらしているとされる。要するに、「勘違いから生まれた火事場の馬鹿力」というようなものである。単純な人ほど効きやすい。
 
 
 部品: 酒でありながら興奮作用
 通常は抑制作用を持つアルコールであるが、暁の火酒はカフェインなどと同じような興奮作用を、弱いながらも持つことが知られている。
 
 
 部品: お酒を造る
 暁の火酒のベースは、暁でもメジャーな米酒である。通常の酒以上に発酵を進め、アルコール分の高いいわゆる「辛口」に仕上げる。
 
 
 部品: 蒸留する
 作成されたお酒を蒸留器にかけて更にアルコール度数を上げる。一般的には背の高い三段組のポットのようなものを使う。そのポッドは二段目の底が抜けており、最上部に水を張り、二段目の天井に冷えて着いたアルコール分を取り出せるようになっている。
 
 
 部品: 茶葉を入れる
 蒸留後の酒に、暁山でとれたものを乾燥・発酵させた、甘みが強くも後味はさわやかなオレンジペコの茶葉を入れる。一説によると、趣味で蒸留をしていた鍛冶屋のラルフ公介が、誤って入れたことが始まりといわれている。
 
 
 部品: 奉納する
 茶葉を入れた火酒は暁山に埋め、ゆっくりと茶葉の香りをお酒に移す。味の為にするというよりは、一種の神秘を得る為に行うとされる。ここで発酵が進んでしまいいくつかの瓶が駄目になることが多く、それ故に残った瓶は「選別」を受けたと重宝される。茶葉が出ることによって真っ赤に仕上がる。
 
 
 部品: 高いアルコール度数
 蒸留の後に水を入れることをしていない為、アルコール度数が高い。慣れていないものが飲むとすぐに酔っぱらうか、酔っぱらうまでもなく飲めなくなる。
 
 
 部品: 値段が高い
 奉納の手間やその際に「選別」を受ける為にあまり量ができず、その為もあってほかの酒類と比べて高価である。それもまた神秘性を高めている、のかもしれない。
 
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "暁の火酒",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "暁の火酒とは",
         "description": "一般にはアルコール分の高い酒を指す言葉だが、暁における火酒とは一種の強化薬として使用できる、特殊なお酒を指す。\n",
         "part_type": "part",
         "localID": 1
       },
       {
         "title": "火酒の効果",
         "description": "暁の円卓藩国",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "興奮作用",
             "description": "暁の円卓藩国",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "眠気覚まし",
                 "description": "眠気を覚ます効果がある。どうしても眠るわけにはいかない際に使用できる。逆に、過剰摂取によって不眠をもたらしうるため、必要な時に使用する必要がある。\n",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 4
               },
               {
                 "title": "疲れを感じにくくなる",
                 "description": "興奮状態になり、疲労感・倦怠感に対して鈍感となる。当然ながら疲労が取れるわけではない為、無理は禁物である。また、効果が切れた際に現れる倦怠感が精神的な依存症をもたらすこともある。\n",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 5
               },
               {
                 "title": "強心作用",
                 "description": "心筋の収縮力を高めるなどして、心機能を高める作用。一時的に血流量を上げるが、健康体に対しては負担になり得る。\n",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 6
               }
             ],
             "localID": 3,
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "増力作用",
             "description": "この酒を飲んだ暁の国民の中には、「力が増した」と報告するものも少なくない。これは一般的には興奮作用がもたらす強心作用や覚醒作用が、酒の製造法にある神秘性と相まって、その人が無意識にかけているリミットを外すような精神的効果ももたらしているとされる。要するに、「勘違いから生まれた火事場の馬鹿力」というようなものである。単純な人ほど効きやすい。\n",
             "part_type": "part",
             "localID": 7
           },
           {
             "title": "酒でありながら興奮作用",
             "description": "通常は抑制作用を持つアルコールであるが、暁の火酒はカフェインなどと同じような興奮作用を、弱いながらも持つことが知られている。\n",
             "part_type": "part",
             "localID": 8
           }
         ],
         "localID": 2,
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "火酒の作り方",
         "description": "暁の円卓藩国",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "お酒を造る",
             "description": "暁の火酒のベースは、暁でもメジャーな米酒である。通常の酒以上に発酵を進め、アルコール分の高いいわゆる「辛口」に仕上げる。\n",
             "part_type": "part",
             "localID": 10
           },
           {
             "title": "蒸留する",
             "description": "作成されたお酒を蒸留器にかけて更にアルコール度数を上げる。一般的には背の高い三段組のポットのようなものを使う。そのポッドは二段目の底が抜けており、最上部に水を張り、二段目の天井に冷えて着いたアルコール分を取り出せるようになっている。\n",
             "part_type": "part",
             "localID": 11
           },
           {
             "title": "茶葉を入れる",
             "description": "蒸留後の酒に、暁山でとれたものを乾燥・発酵させた、甘みが強くも後味はさわやかなオレンジペコの茶葉を入れる。一説によると、趣味で蒸留をしていた鍛冶屋のラルフ公介が、誤って入れたことが始まりといわれている。\n",
             "part_type": "part",
             "localID": 12
           },
           {
             "title": "奉納する",
             "description": "茶葉を入れた火酒は暁山に埋め、ゆっくりと茶葉の香りをお酒に移す。味の為にするというよりは、一種の神秘を得る為に行うとされる。ここで発酵が進んでしまいいくつかの瓶が駄目になることが多く、それ故に残った瓶は「選別」を受けたと重宝される。茶葉が出ることによって真っ赤に仕上がる。\n",
             "part_type": "part",
             "localID": 13
           }
         ],
         "localID": 9,
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "火酒の特徴",
         "description": "暁の円卓藩国",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "高いアルコール度数",
             "description": "蒸留の後に水を入れることをしていない為、アルコール度数が高い。慣れていないものが飲むとすぐに酔っぱらうか、酔っぱらうまでもなく飲めなくなる。\n",
             "part_type": "part",
             "localID": 15
           },
           {
             "title": "値段が高い",
             "description": "奉納の手間やその際に「選別」を受ける為にあまり量ができず、その為もあってほかの酒類と比べて高価である。それもまた神秘性を高めている、のかもしれない。\n",
             "part_type": "part",
             "localID": 16
           }
         ],
         "localID": 14,
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true,
     "localID": 0,
     "description": "暁の円卓藩国"
   }
 ]


最終更新:2017年09月27日 00:18