迷宮アタックに向ける心持

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 迷宮アタックに向ける心持 RD:4 評価値:3
    • 部品: あらゆる危機をまずは受け入れる
    • 部品: 使えるものは何でも使う
    • 部品: 正義と慈悲を忘れない
    • 部品: 希望を忘れずに……



部品定義


部品: あらゆる危機をまずは受け入れる

迷宮では何が起きるか分からない。突然どことも知れない土地に繋がることだってある。そういうことがあったとしても、暁の民らしいおおらかさでまずは状況を受け入れ、そこから対策を講じる。そうやって状況の把握までのロスタイムを減らす。

部品: 使えるものは何でも使う

持っている技術や知識、道具などを、源流である東国人らしい柔軟さをもって、先入観にとらわれずに使っていく。禁止されていることを破っていい訳ではないが、これまでの前例に拘らず、出来ると思ったらやってみる。少々無茶になったとしても、そんな時のために前線に出る者でなくとも鍛えてきた、また武以外のものも取り入れてきた、というところもある。

部品: 正義と慈悲を忘れない

何に会うか分からない状況だからこそ、自分たちに流れる血を思い出し、その判断基準にもとらぬ行いかを必ず考える。それはヒロイックか、慈悲の心を忘れてはいないか。

部品: 希望を忘れずに……

どんな状況でも、突破できる方策はどこかにある。これまでだってそうやって暁の民は生きていた。だからこそ、優しい瞳をもっていられる。怖くなったら龍神さまやそのほかの信じる神様に祈って、心の中で大好きな歌を歌ったっていい。とにかくいつでも希望を忘れては、越えられる試練も越えられなくなってしまう。



提出書式


 大部品: 迷宮アタックに向ける心持 RD:4 評価値:3
 -部品: あらゆる危機をまずは受け入れる
 -部品: 使えるものは何でも使う
 -部品: 正義と慈悲を忘れない
 -部品: 希望を忘れずに……
 
 
 部品: あらゆる危機をまずは受け入れる
 迷宮では何が起きるか分からない。突然どことも知れない土地に繋がることだってある。そういうことがあったとしても、暁の民らしいおおらかさでまずは状況を受け入れ、そこから対策を講じる。そうやって状況の把握までのロスタイムを減らす。
 
 部品: 使えるものは何でも使う
 持っている技術や知識、道具などを、源流である東国人らしい柔軟さをもって、先入観にとらわれずに使っていく。禁止されていることを破っていい訳ではないが、これまでの前例に拘らず、出来ると思ったらやってみる。少々無茶になったとしても、そんな時のために前線に出る者でなくとも鍛えてきた、また武以外のものも取り入れてきた、というところもある。
 
 部品: 正義と慈悲を忘れない
 何に会うか分からない状況だからこそ、自分たちに流れる血を思い出し、その判断基準にもとらぬ行いかを必ず考える。それはヒロイックか、慈悲の心を忘れてはいないか。
 
 部品: 希望を忘れずに……
 どんな状況でも、突破できる方策はどこかにある。これまでだってそうやって暁の民は生きていた。だからこそ、優しい瞳をもっていられる。怖くなったら龍神さまやそのほかの信じる神様に祈って、心の中で大好きな歌を歌ったっていい。とにかくいつでも希望を忘れては、越えられる試練も越えられなくなってしまう。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "迷宮アタックに向ける心持",
     "description": "",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "あらゆる危機をまずは受け入れる",
         "description": "迷宮では何が起きるか分からない。突然どことも知れない土地に繋がることだってある。そういうことがあったとしても、暁の民らしいおおらかさでまずは状況を受け入れ、そこから対策を講じる。そうやって状況の把握までのロスタイムを減らす。",
         "part_type": "part",
         "localID": 10
       },
       {
         "title": "使えるものは何でも使う",
         "description": "持っている技術や知識、道具などを、源流である東国人らしい柔軟さをもって、先入観にとらわれずに使っていく。禁止されていることを破っていい訳ではないが、これまでの前例に拘らず、出来ると思ったらやってみる。少々無茶になったとしても、そんな時のために前線に出る者でなくとも鍛えてきた、また武以外のものも取り入れてきた、というところもある。",
         "part_type": "part",
         "localID": 11
       },
       {
         "title": "正義と慈悲を忘れない",
         "description": "何に会うか分からない状況だからこそ、自分たちに流れる血を思い出し、その判断基準にもとらぬ行いかを必ず考える。それはヒロイックか、慈悲の心を忘れてはいないか。",
         "part_type": "part",
         "localID": 12
       },
       {
         "title": "希望を忘れずに……",
         "description": "どんな状況でも、突破できる方策はどこかにある。これまでだってそうやって暁の民は生きていた。だからこそ、優しい瞳をもっていられる。怖くなったら龍神さまやそのほかの信じる神様に祈って、心の中で大好きな歌を歌ったっていい。とにかくいつでも希望を忘れては、越えられる試練も越えられなくなってしまう。",
         "part_type": "part",
         "localID": 13
       }
     ],
     "localID": 9,
     "expanded": true
   }
 ]


最終更新:2017年11月27日 23:45