暁犬士による追跡調査

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 暁犬士による追跡調査 RD:8 評価値:5
    • 大部品: 暁犬士の人との共同作業 RD:3 評価値:3
      • 部品: 犬の特性に合わせた協力
      • 部品: 暁犬士は顔が広い
      • 部品: 手伝いも素直に受け入れられる
    • 部品: 猟犬種の本領発揮
    • 大部品: 土地勘を利用したトラッキング RD:3 評価値:3
      • 部品: 慣れた土地だからこそのトラッキング
      • 部品: 周囲の者に尋ねる
      • 部品: 先回りができるということは
    • 部品: 誰かと一緒に行きましょう



部品定義


部品: 犬の特性に合わせた協力

犬はセッターなら狩猟の追い出し、レトリーバーなら回収といった風に、その種族の特性に対応した役割を持つことが多かった。現代においても嗅覚や俊敏性など、それぞれの持つ特性を生かした協力をすることができるだろう。

部品: 暁犬士は顔が広い

暁犬士たちは、あまり一つ所に留まるようなことをしない。その為様々な人と会っており、手伝ってもいい相手と手伝うわけにはいかない相手を見分けることができる。

部品: 手伝いも素直に受け入れられる

昔は人型を取って人ともに歩んできた暁犬士だが、現在はその術を一度封印し、犬そのままの姿で人と共にその職務を全うしている。一つの力を失ったことを考えれば扱いが変わってしまうことも考えられるものだが、そうはなっていない。その理由の一つは、暁忍と呼ばれてきた過去の栄光が理由であり、そのもう一つの理由は白石王による要請であった。そのふたつの為に、もちろん役割は変われど、立場は変わることがなかったのである。

部品: 猟犬種の本領発揮

暁犬士は猟犬種であることが多かった。その中には必ずしも追跡を行う種でないものもいるが、基本的には獲物を追い立てる、あるいは獲物のいる位置まで行くことがその職分であった。追跡とはまさにその仕事を行うことであり、いわば慣れたものである。

部品: 慣れた土地だからこそのトラッキング

慣れた土地だからこそ、次の相手の行動を読みやすい。例えば川に入ったとしても上がるのに適したポイントがどこか、ということも分かるだろう。あるいは行き止まりを回避した場合にどの路地を通るか、ということも想定できる。そうやって足跡を追いきれなくなった場合の推理に補強を加えられる。

部品: 周囲の者に尋ねる

慣れた土地だからこそ行える、周囲の意思疎通ができる者に対しての聞き込み。知り合いも多いから、答えてくれる人も多かろう。相手が見知らぬ人間であれば特に有効になるかもしれない。

部品: 先回りができるということは

ちょっとした先回りができるということは、見失った場合にも目的地を推測ができるということである。相手の歩いた道筋から目的地を割り出し、そこに至る道に痕跡がないかを探す。

部品: 誰かと一緒に行きましょう

人とともに歩く、という通り、たとえ追跡調査といえどなるべく単独では行わず、可能な限り護衛とともに行くべきである。これによって索敵に目を向ける必要もない、というわけである。



提出書式


 大部品: 暁犬士による追跡調査 RD:8 評価値:5
 -大部品: 暁犬士の人との共同作業 RD:3 評価値:3
 --部品: 犬の特性に合わせた協力
 --部品: 暁犬士は顔が広い
 --部品: 手伝いも素直に受け入れられる
 -部品: 猟犬種の本領発揮
 -大部品: 土地勘を利用したトラッキング RD:3 評価値:3
 --部品: 慣れた土地だからこそのトラッキング
 --部品: 周囲の者に尋ねる
 --部品: 先回りができるということは
 -部品: 誰かと一緒に行きましょう
 
 
 部品: 犬の特性に合わせた協力
 犬はセッターなら狩猟の追い出し、レトリーバーなら回収といった風に、その種族の特性に対応した役割を持つことが多かった。現代においても嗅覚や俊敏性など、それぞれの持つ特性を生かした協力をすることができるだろう。
 
 部品: 暁犬士は顔が広い
 暁犬士たちは、あまり一つ所に留まるようなことをしない。その為様々な人と会っており、手伝ってもいい相手と手伝うわけにはいかない相手を見分けることができる。
 
 部品: 手伝いも素直に受け入れられる
 昔は人型を取って人ともに歩んできた暁犬士だが、現在はその術を一度封印し、犬そのままの姿で人と共にその職務を全うしている。一つの力を失ったことを考えれば扱いが変わってしまうことも考えられるものだが、そうはなっていない。その理由の一つは、暁忍と呼ばれてきた過去の栄光が理由であり、そのもう一つの理由は白石王による要請であった。そのふたつの為に、もちろん役割は変われど、立場は変わることがなかったのである。
 
 部品: 猟犬種の本領発揮
 暁犬士は猟犬種であることが多かった。その中には必ずしも追跡を行う種でないものもいるが、基本的には獲物を追い立てる、あるいは獲物のいる位置まで行くことがその職分であった。追跡とはまさにその仕事を行うことであり、いわば慣れたものである。
 
 部品: 慣れた土地だからこそのトラッキング
 慣れた土地だからこそ、次の相手の行動を読みやすい。例えば川に入ったとしても上がるのに適したポイントがどこか、ということも分かるだろう。あるいは行き止まりを回避した場合にどの路地を通るか、ということも想定できる。そうやって足跡を追いきれなくなった場合の推理に補強を加えられる。
 
 部品: 周囲の者に尋ねる
 慣れた土地だからこそ行える、周囲の意思疎通ができる者に対しての聞き込み。知り合いも多いから、答えてくれる人も多かろう。相手が見知らぬ人間であれば特に有効になるかもしれない。
 
 部品: 先回りができるということは
 ちょっとした先回りができるということは、見失った場合にも目的地を推測ができるということである。相手の歩いた道筋から目的地を割り出し、そこに至る道に痕跡がないかを探す。
 
 部品: 誰かと一緒に行きましょう
 人とともに歩く、という通り、たとえ追跡調査といえどなるべく単独では行わず、可能な限り護衛とともに行くべきである。これによって索敵に目を向ける必要もない、というわけである。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "id": 175623,
     "title": "暁犬士による追跡調査",
     "description": "",
     "part_type": "group",
     "created_at": "2017-12-16 13:16:46.759877",
     "updated_at": "2017-12-16 13:16:46.759877",
     "children": [
       {
         "id": 175506,
         "title": "暁犬士の人との共同作業",
         "description": "",
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-12-16 12:10:05.648967",
         "updated_at": "2017-12-16 12:10:05.648967",
         "children": [
           {
             "id": 175503,
             "title": "犬の特性に合わせた協力",
             "description": "犬はセッターなら狩猟の追い出し、レトリーバーなら回収といった風に、その種族の特性に対応した役割を持つことが多かった。現代においても嗅覚や俊敏性など、それぞれの持つ特性を生かした協力をすることができるだろう。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-12-16 12:10:05.536372",
             "updated_at": "2017-12-16 12:10:05.536372",
             "children": [],
             "position": "1",
             "character": {
               "id": 1966,
               "name": "照月 燿"
             },
             "localID": 2
           },
           {
             "id": 175504,
             "title": "暁犬士は顔が広い",
             "description": "暁犬士たちは、あまり一つ所に留まるようなことをしない。その為様々な人と会っており、手伝ってもいい相手と手伝うわけにはいかない相手を見分けることができる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-12-16 12:10:05.5836",
             "updated_at": "2017-12-16 12:10:05.5836",
             "children": [],
             "position": "2",
             "character": {
               "id": 1966,
               "name": "照月 燿"
             },
             "localID": 3
           },
           {
             "id": 175505,
             "title": "手伝いも素直に受け入れられる",
             "description": "昔は人型を取って人ともに歩んできた暁犬士だが、現在はその術を一度封印し、犬そのままの姿で人と共にその職務を全うしている。一つの力を失ったことを考えれば扱いが変わってしまうことも考えられるものだが、そうはなっていない。その理由の一つは、暁忍と呼ばれてきた過去の栄光が理由であり、そのもう一つの理由は白石王による要請であった。そのふたつの為に、もちろん役割は変われど、立場は変わることがなかったのである。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-12-16 12:10:05.598331",
             "updated_at": "2017-12-16 12:10:05.598331",
             "children": [],
             "position": "3",
             "character": {
               "id": 1966,
               "name": "照月 燿"
             },
             "localID": 4
           }
         ],
         "position": "1",
         "character": {
           "id": 1966,
           "name": "照月 燿"
         },
         "expanded": true,
         "localID": 1
       },
       {
         "id": 175618,
         "title": "猟犬種の本領発揮",
         "description": "暁犬士は猟犬種であることが多かった。その中には必ずしも追跡を行う種でないものもいるが、基本的には獲物を追い立てる、あるいは獲物のいる位置まで行くことがその職分であった。追跡とはまさにその仕事を行うことであり、いわば慣れたものである。",
         "part_type": "part",
         "created_at": "2017-12-16 13:16:45.819484",
         "updated_at": "2017-12-16 13:16:45.819484",
         "children": [],
         "position": "2",
         "character": {
           "id": 1966,
           "name": "照月 燿"
         },
         "localID": 5
       },
       {
         "id": 175622,
         "title": "土地勘を利用したトラッキング",
         "description": "",
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-12-16 13:16:45.931559",
         "updated_at": "2017-12-16 13:16:45.931559",
         "children": [
           {
             "id": 175619,
             "title": "慣れた土地だからこそのトラッキング",
             "description": "慣れた土地だからこそ、次の相手の行動を読みやすい。例えば川に入ったとしても上がるのに適したポイントがどこか、ということも分かるだろう。あるいは行き止まりを回避した場合にどの路地を通るか、ということも想定できる。そうやって足跡を追いきれなくなった場合の推理に補強を加えられる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-12-16 13:16:45.824616",
             "updated_at": "2017-12-16 13:16:45.824616",
             "children": [],
             "position": "1",
             "character": {
               "id": 1966,
               "name": "照月 燿"
             },
             "localID": 7
           },
           {
             "id": 175620,
             "title": "周囲の者に尋ねる",
             "description": "慣れた土地だからこそ行える、周囲の意思疎通ができる者に対しての聞き込み。知り合いも多いから、答えてくれる人も多かろう。相手が見知らぬ人間であれば特に有効になるかもしれない。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-12-16 13:16:45.827523",
             "updated_at": "2017-12-16 13:16:45.827523",
             "children": [],
             "position": "2",
             "character": {
               "id": 1966,
               "name": "照月 燿"
             },
             "localID": 8
           },
           {
             "id": 175621,
             "title": "先回りができるということは",
             "description": "ちょっとした先回りができるということは、見失った場合にも目的地を推測ができるということである。相手の歩いた道筋から目的地を割り出し、そこに至る道に痕跡がないかを探す。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-12-16 13:16:45.830994",
             "updated_at": "2017-12-16 13:16:45.830994",
             "children": [],
             "position": "3",
             "character": {
               "id": 1966,
               "name": "照月 燿"
             },
             "localID": 9
           }
         ],
         "position": "3",
         "character": {
           "id": 1966,
           "name": "照月 燿"
         },
         "expanded": true,
         "localID": 6
       },
       {
         "id": 175628,
         "title": "誰かと一緒に行きましょう",
         "description": "人とともに歩く、という通り、たとえ追跡調査といえどなるべく単独では行わず、可能な限り護衛とともに行くべきである。これによって索敵に目を向ける必要もない、というわけである。",
         "part_type": "part",
         "created_at": "2017-12-16 13:18:38.876147",
         "updated_at": "2017-12-16 13:18:38.876147",
         "children": [],
         "position": "4",
         "character": {
           "id": 1966,
           "name": "照月 燿"
         },
         "localID": 10
       }
     ],
     "position": null,
     "character": {
       "id": 1966,
       "name": "照月 燿"
     },
     "expanded": true,
     "localID": 0
   }
 ]


最終更新:2017年12月16日 22:19