WRCCはこんな活動をしています。

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

こちらのページではWRCCが日頃どんな活動をしているかご紹介します。

ジャンル         

使用車種 説明 活動時期

WRCC 

本戦

WRCクラス

WRC2クラス

JWRCクラス

全13戦。コンセプトはこんな所をそんなスピードで!?です。常にブラッシュアップを重ねて、13戦を入れ替えています。やり込度の高い本格的なレースを提供致します。WRCをオマージュしており、難易度はかなり高めです。コースを覚え、練習をしないと勝利は難しいコースです。グラベル、ターマック、或いは混合コースとなっています。 大会では、WRCとWRC2のどちらかとJWRCを行います。

WRCC

番外編 (EX)

コースにより

指定車種

基本はなんだこれっ!?カオスレースです。みんなでワイワイする事を目的に作られています。ここから、FUTOシリーズやRoller derbyも生まれました。本戦の合間に、息抜きで行う事が多く、1日の締めに行う事も多いです。 活動の合間に息抜き!?で行います。大会では3番目に行われます。
Roller derby

コース指定ノーマル

クルマ

他各種

チーム戦です。予選(オーバル2周)を行い、予選順位に基づいてチーム分けをします。順位奇数チームVS順位偶数チームです。決勝では使用車のカラーを1位青リーダー、2位赤リーダー、以下奇数は黒メンバー、偶数は白メンバーとし、参加人数が奇数だった場合、最下位はイエローとします。イエローはジョーカー役で敵、味方関係なしに暴れます。青リーダー、赤リーダーのどちらが先にゴールするかで勝負を決めます。タックル、逆走、ありとあらゆる手段で、相手リーダーを阻み、スリップストリームを有効に使って自分のリーダーをゴールに導くレクレーションです。決勝はオーバル10周です。

大会後のクルーレクレーションでは、3チーム戦も行っています。
FUTO Series

FUTO 

フルカスタム

お持ちでない方は滑りやすい車でOK!

FUTO用に作られたオリジナルコースのシリーズです。ドリフトコントロールに主眼を置いたコースになっていて、非常にテクニカルです。FUTOを楽しもうというコースです。ちなみに天気は雨です。普段の練習では、FUTOを持っていない方の参加も自由です。適当に遊んで下さい。大会時はFUTOのみ参加OKです。 大会では番外編の枠で行っています。
逆走編

WRCクラス

WRC2クラス

JWRCクラス

WRCC本戦をモチーフに忠実且つ、逆走向けにアレンジされたコース。現在、作成、監修を行っており今後が期待されます。 本戦と交互に行うプレイリストを作って使用しています。

Rally

cross

 

ノーマル

サルタン、マッサクロ、クルマ

フルカスタム全車

接触ありの6台で走るスリリングなレースで、タイトでテクニカルなコースを4周します。コースには、少なくとも1つのターマック区間と、1つのグラベル区間とジャンプスポットがあります。レースではジョーカーラップを走る必要があります。これは、ドライバーが4周のいずれかで通過しなければいけないハンデエリアです。従来のルートを走るより2秒以上遅くなります。また、CPが無いエリアの為に、オブジェクトで分かり易く誘導されています。

使用車種は、マッサクロ、サルタン、クルマ。(ノーマル)
カスタムで全車種OKです。
走行ルール
  • 接触有ですが、タックルOKではありません。現実のレースのつもりで走行下さい。相手をふっとばす勢いで追突した場合、現実では失格になりますね!?
  • 4周のうち必ず1周は、ジョーカーLAPとして下さい。自分でいつジョーカーを走るかは決めてOK!2周走行は失格です。
  • 抜き所は少ないので、ジョーカーに入るタイミングも重要になります。
現在、作成を進めており、TESTを重ねています

 

 

 

 

 

最終更新:2015年11月19日 23:24