WRCC 初代Champion        セッティングはこれだ!

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

WRCC Championship記念すべき初代Championという事もありまして特別にfujitai さんにセッティングを公開して頂きました。皆様のご参考になればと存じます。

 

 

マッサクロ

【アーマー】なし
【ブレーキ】レース・ブレーキ
【バンパー】フロントバンパー(標準装備)、リアバンパー(標準装備)
【シャーシ】ロールケージ
【エンジン】レベル4
【マフラー】マフラー(標準装備)
【爆発物】なし
【フェンダー】フェンダー(標準装備)
【ボンネット】ボンネット(標準装備)
【スカート】スカート(標準装備)
【スポイラー】ローレベル・スポイラー
【トランスミッション】レース・トランスミッション
【ターボ】ターボチューニング
【ホイール】ホイールタイプ:ハイエンド カーボンソ・ソーラー
アクセサリー:カスタムタイヤのみ
【ウィンドウ】なし

勝手な所感

アーマーなし、タイヤ防弾なし、外装もノーマルに近い。極めてストイックなレース仕様に思われます。アーマーなしは自信が無いとなかなか踏み切れないかも知れません。タイヤ、ホイールも軽さにこだわっている感じです。

実際にWRCC1走ってみました(タイヤは防弾アリです)

マッサクロは持っていましたが、サスペンション設定が無いのでレースに出た事は殆ど無いマシンでした。勝手にグラベルには向いていないと思っていました。テスト中、片輪走行に何回もなりましたが、何とか持ちこたえました。そして、登りが速い!

1周のtimeは2分1秒!なんと散々練習したカルボでのbest timeが1回目で出てしまいました!腕があって、慣れさえすればもっと早くなるのでしょう。しかし、車重が軽い(ホイール、前後バンパーやスカート、アーマーなしの)せいか、ちょっとしたギャップで片輪走行になるので、正確なライン取りや、瞬時の対応が求められます。

上級者向きの印象です。今回は、運良く片輪走行を押さえてクラッシュしませんでしたが、アーマーなしではどうなっていた事か・・・ましてや、他のコースではもっとクラッシュする危険性が高くなります。マシンが無事であれば良いのですが・・・やはり、腕次第といった所でしょうか?

 

 

 

 

 

最終更新:2015年09月15日 16:07