シャッフルする

指定されている場所のカードをよく切る事です。この時、敵軍にも必ずシャッフルをしてもらう必要があります。

シャッフルの方法はいくつかある。
(種類は以下の通り)

  • ディール・シャッフル(Deal Shuffle)
テーブル上のいくつか場所にカードを1枚ずつ置いていく。
ある程度、置いたなら最初に置いたカードの上に重ねていき、すべてのカードを置き終わったなら、一つにまとめるシャッフル方法。
10枚カットシャッフル、テンカットと呼ぶ人が多い。

  • ヒンズー・シャッフル(Hindu Shuffle)
デッキを右手に持ち、左手でいくつかのカードを抜き出し、抜き出したカードを右手に持っているカードの上に重ねる。
この行為を抜き出したカードがなくなるまで繰り返す。

  • オーバーハンド・シャッフル(Overhand Shuffle)
ヒンズーシャッフルと同じようなシャッフル方法。
持ち方やカードの抜き出し方などが違う。

  • リフル・シャッフル(Riffle Shuffle)
デッキを2つに分けて、それぞれの端を弾いて端同士を噛み合わせそのまま1つにする。
トランプマジックなどでよく見るであろうシャッフル。

  • ファロー・シャッフル(Faro Shuffle)
リフル・シャッフルのようにデッキを2つに分けて行うシャッフル。
違う点は、カードを弾くのではなく押し付けるように1つにする。