コンバット・トリック

combat-trick
MTG用語の流用で、ユニットの交戦を有利にする効果の事。

  1. インテンション・オートマチック・システムで自軍ユニットを強化する。(パンプアップ)
  2. 赤い彗星でユニットにダメージを与える、または頭上の悪魔で除去する。(焼き除去バウンス)
  3. 破壊されたユニットの破壊をガンダリウム合金で無効にする。
  4. ハイテンションでユニットをリロールする。
  5. 速攻改装などの各種特殊効果を活用する。
交戦を有利にする目的で使用した場合、これらの効果は全てコンバット・トリックである。

勘違いしがちであるが、その効果がコンバット・トリックであるか否か、という事に、奇襲性の有無は関係しない。
「手札のコマンドで計算が狂わされた」という状況がより有利を築き易く、その分印象的であるというだけの話であり、例えば(場に見えている)火力テキストや範囲兵器なども、ユニットの交戦においては立派なコンバット・トリックである。

参考