※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

はなれ

    稲取岬の東と南は海に面して要害の地です。ただ、立野の台地からは立木に隠されて、そ
    の懸崖の様子を見ることは出来ません。しかし稲取岬の磯を巡ると、荒々しい断崖が訪れ
    る人を圧倒せずにはおかないでしょう。2012年は5月に大雨が何日も続いたことから
    各地で土砂崩れがありました。そして気が付いたら、岬南側のガケに爪で引っ掻いたよう
    な傷痕が残っていました。

    「はなれ」は立野の台地から伸びた小尾根が南に海へ崩れて出来た岩礁です。海が時化て
    なければ、先端まで飛び石で渡ることが出来ます。ここでイシダイやカサゴねらいの釣り
    人の姿をよく見かけます。

    干潮時はとにかく、満潮時にここまで足を濡らさずに来るには岸壁をヘツらなければなり
    ません。手がかり足がかりは豊富にあるので難しくはないのですが、一般には勧められま
    せん。

稲取マップ
click!


        


            ”はなれ”の岩礁をいなとり荘側から撮影 背景は大島


            浜の湯側から


            はなれの先端から爪木崎がチョコンと見える


            ポットホール


  • 近く「稲取の岩礁」は「稲取の風景」にタイトルを変え、
    幅広く稲取をご紹介したいと思います。 -- inada (2013-02-25 20:34:17)
  • こんな所もあるんですね。下りて行くのは大変なところでしょうね -- 児島 (2013-02-28 16:06:20)
  • 書き込み有難うございます。
    自然が年月をかけて創造した凄い作品ですね。
    磯歩きは危険が多いので、あまりお勧めできません。 -- inada (2013-02-28 19:54:49)

名前:
コメント:






























































































最終更新:2013年04月01日 17:40