※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「翠星石」
 トントン。鞄の蓋をノックする音。
 二回、三回。
「翠星石?」
 トントン。
 四回、五回。
「翠星石!」
 トントン。
 六回、七回。
「…翠星石!起っきろー!!」
 この声は、次女のアスカさんかな?
 ドンドンドンドンドン。
 八回、九回、十回、………、
「…だあぁー!もうっ、うるせぇーっっですよこの!ヴァカ姉貴がですうぅ!」
 …わーっ、また始まった。こうなる前に、私が起こすべきだったかなぁ…。
「ぬうぅあんだとーっ!わざわざ起こしてやってるのに!何よその態度はっ!」
「私の大切な鞄を、毎朝何度もなんどもそのバカ力でぶっ叩いて……
 見ろ!ここに出来たこの凹みを、ですぅ!どう責任取ってくれるつもりですか!」
「はっ?なーにを言ってんだか!その凹み、もともとあったものじゃない!
 そんなボロっちぃ鞄、いい加減他のものに替えればいいのよ!!」
「くっ…このっ…「あんた達ー!いい加減にしなさーい!
 ほら、ご飯できたわよ!食べるの?食べないの?」


「「あ、は~~~い」」


「…なんですかその猫なで声は?メシの時だけあからさまに態度変えやがって…
 わかりやすい女ですぅ!」
「……人のこと言えるわけ?
 つーかですぅですぅ煩いのよあんたは!」
「いいんですよ、これは私の個性なんですからぁ~」
「…ほんっ…とうぅ~にむかつくガキね!
 まだですぅを繰り返すようだったら今度からあんたのことタ☆マ二等兵って呼ぶわよ!」
「な…なんですt…あっ」
「はい一回!
 二等兵、私先行くから!早く来ないと、あんたの分まで食べちゃうからね」
 今日はアスカさんの勝ちみたいだな。
 まったく…。来る朝来る朝、よくも飽きないもんだわ。
「ま、待ちやがれですぅー!あぁっ…!
 …もう!スィドリーム!お前も早く来るです!」


 …あ、はい!>(((○)))


「おっそーい!ご飯冷めちゃうじゃないの!
 ほら、早く席について!」
「はーい」
「はいはいです」
「返事は一回!伸ばして言わない!…まあいいわ。
 とっとと食べなきゃ学校に遅刻しちゃうしね!
 それでは早速、」
「「「いただきまーす」」」


 こうして今日も姉妹達の朝は始まるのでした……。 おしまい>○


 
 ゛●>…あれっ? 僕の出番は?
 お・し・ま・い!>ヽ○ゝ