※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

夕食時
ハ・ア・翠「「「いただきま~す(ですぅ)」」」
ハルヒ「はぁ~あ・・・・」
アスカ「何よハル姉、いきなりでっかい溜息つかないでよ」
翠星石「そうですぅ、せっかくのオムライスがまずくなっちまうですぅ」
ハルヒ「なによ、あんたたちのせいなんだからね」
アスカ「はぁ?なんの話しよ?」
翠星石「す、翠星石には身に覚えがねーですぅ・・・。
(も、もしかして昨日ハル姉のアイスとチョコとアス姉の羊羹食べちゃったことがバレたですか!?)」
ハルヒ「あんたたち用のサンタコスプレ買おうと思ったらおこずかいが足りなかったのよ!ここんとこ鍋パとか野球の打ち上げとかやっちゃったからお財布が軽いったらないわ!」
アスカ「あたしのせいじゃないじゃない!それに、別にサンタコスプレなんて頼んでないわよ。」
翠星石「(ほっ・・・違ったです)そ、そうですぅ」
ハルヒ「なにいってんのよ!12月の萌え衣装といったらサンタでしょーが! みくるちゃんに着せてあんだけ似合うんだからあんたたちだってそれなりに似合うはずよ!」
アスカ「(ったく、また始まった・・・)だいたい買って、着て、どーすんのよハル姉?」
ハルヒ「もちろん、あたしが見て楽しむのよ! あーでもちょっと待って・・・・写真とってSOS団のホームページに載せるのも悪くないわね・・・・あ、それとも・・」
アスカ「全部却下よ!なによホームページに載せるって、肖像権の侵害だわ!」
ハルヒ「いいじゃない別に減るもんじゃないし・・・。・・・・・・・ん?ちょっと、翠!」
翠星石「(ギクッ・・や、やっぱりバレてたです!?)な、なんですかぁ・・・?」
ハルヒ「ほっぺにケチャップついてるわよ。」
翠星石「えっ?あ、・・・・。(ふ~、ビックリしたですぅ・・・)」
アスカ「・・・・翠、あんた・・・さっきから妙に静かね?なんか隠してんじゃないの?」
翠星石「!な、なに言ってるですアス姉、翠星石はやましいことなんざこれっぽっちもねーですよ?」
ア・ハ「「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」」
翠星石「(ウゥ・・・こ、このプレッシャーはヤバイですぅ・・・なんとか話題を・・・・)そ、そうですぅ!衣装だったらこの翠星石がジュンの奴に頼んでやってもいいですよ?」
ハルヒ「へ?なんでジュン君に頼むのよ?」
翠星石「ジュンの奴はヒキコモリの癖して生意気にも手先が器用なんですぅ。翠星石や真紅の服も直してもらったことあるですぅ。だからきっとコスプレ衣装ぐらいパパッと作れるですぅ。」
アスカ「へぇー人は見かけによらないもんねぇ。」
ハルヒ「なるほど、いいこと聞いたわ!じゃあ早速明日にでもみんなでジュン君家に行きましょう!」
アスカ「え?あ、あたしも?」
ハルヒ「当然でしょ?じゃあ翠、説得は頼んだわよ?」
翠星石「ま、まかせるですぅ。ジュンの奴は翠星石の奴隷みたいなものですから、「作らせていただきます」って言うに決まってるですぅ。(ほっ、どうやらごまかせたようですぅ・・・)」
ハルヒ「よーし、じゃあそれはそれとして・・・」
翠星石「?」
ハルヒ「翠~?一体なぁにを隠しているのかなぁ~?」
アスカ「あたしも気になるなぁ~?」
翠星石「ヒィ・・・!?」

その後、翠星石のデザートは無しだった。