※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アスカ「なんか最近となりが賑やかね」
ハルヒ「そう?あんま変わんなくない?レイちゃんもルリちゃんも
相変わらずおとなしいし有希も相変わらず無口だし」
アスカ「そうじゃなくって雰囲気が明るいのよね~。浮かれてるみたいな感じで」
翠星石「それはきっと無口人間の姉のほうがお仕事たくさんあるからですぅ。
    ルリルリが今日嬉しそうに話しかけてきやがったので翠星石は知ってるですよ」
アスカ「そ、そうよね、そうだったわね・・・」
ハルヒ「翠!」
翠星石「あ・・・、アス姉、気にすることなんてないですぅ!だってアス姉は
    中編で無口人間なんて吹っ飛ばすくらいの大活躍をしやがるはずですぅ!」
アスカ「あったりまえでしょ!この私がファーストなんかに負けるわけないでしょ!
    人気の差というものを思い知らせてやるんだから!
    ま、前編はファーストにハンデを与えてあげようってスタッフの配慮よね!」
翠星石「そ、その通りですぅ!無口人間なんか叩きのめしてやりやがれですぅ!」
ハルヒ「・・・」
アスカ「なんか今日は疲れちゃった。ハル姉、翠、私は今日先に寝るわ。
    おやすみ~」
翠星石「疲れてたらとっとと寝やがれですぅ。おやすみですぅ」
ハルヒ「・・・うん、おやすみアスカ」

ハルヒ「あんたねぇ!今のアスカの気持ちわかってるの!?」
翠星石「うぅ、この翠星石ともあろう者が失言だったですぅ・・・」
ハルヒ「ねえ、どうしたらアスカを元気付けられるかな?」
翠星石「う~ん・・・。そうだ!ハル姉、一緒についてきやがれですぅ!」
ハルヒ「なんか思いついた!?」
翠星石「とりあえずアス姉の夢の中に行ってみるですぅ!
    なにかヒントがあるかもですぅ」
ハルヒ「それ採用だわ!さすがアタシの妹!ナイスアイデアよ!」

~アスカの夢の中~
アスカ「ちょっとバカシンジ!そんなに先に行くんじゃないわよ!
    アタシを置いてどこまで行く気よ!」
シンジ「綾波、カヲル君、もう少し先に行ってみよう」
レイ「碇君が行くなら私も行く」
カヲル「この先には僕達のための新しい世界がある。そうは思わないかい?」
アスカ「アタシも連れて行きなさいよ!ちょっと!聞こえてないの!
   バカシンジ!人形!変態!待ちなさい!」
ガシーーーン!
アスカ「何これ・・・ATフィールド?・・・なんで私だけ遅れていかなきゃならないの?
    ・・・なんでなのよーーーーー!!!!!!!!!」

ハルヒ「アスカ・・・」
翠星石「ハル姉!こっち来るですぅ!」
ハルヒ「どうしたの翠?ってこれ・・・」
翠星石「アス姉の樹の枝に・・・たぶん寂しさのツタが巻きついているですぅ・・・」
ハルヒ「翠、何とかならない・・・?」
翠星石「やってみるですぅ!スィドリーム!
    如雨露にあま~い水を満たしておくれ~、アス姉の樹よ元気になれですぅ!」
サラサラサラサラ・・・
ハルヒ「・・・どう?」
翠星石「・・・ダメですぅ、枝に巻きついたツタが邪魔して元気になってくれないですぅ・・・」
    幹がまだツタに覆われていないぶんまだ強がっていられてると思うですが
    このまま寂しさのツタが伸びていっちゃうと・・・」
ハルヒ「そう・・・このままじゃヤバイってことね」
翠星石「でも、庭師の鋏があればこのツタを取り除けるですぅ!蒼星石にお願いして
    アス姉を助けてもらうですぅ!」
ハルヒ「・・・そうね、それはお願いするわ。でも、私たちもできる限りのことは
    やらなくちゃね!」
翠星石「できる限りのこと、ですか?」
ハルヒ「そう。私たちは姉妹なんだから!何としてもアスカを助けるわよ!」


~翌日~

ハルヒ「アスカ朝ごはんよ!起きなさい!」
アスカ「・・・・・・ハ、ハル姉・・・気分が、悪いの・・・」
翠星石「アス姉、すごい熱ですぅ!」
ハルヒ「ちょっとアスカ!早く寝なさい!!翠、アイスノン出して!」
翠星石「は、はいですぅ!」
ハルヒ「翠、これひょっとして・・・」
翠星石「多分、夢の世界でのダメージが本体にも現れたですぅ・・・。早くしないと
    アス姉の樹が枯れ始めちゃうですぅ」
ハルヒ「アスカ、今日は学校休みなさい!」
アスカ「・・・やだ・・・、アタシ・・・独りぼっちになりたくない」
ハルヒ「アスカ!何言ってるの!!」
アスカ「!!」
ハルヒ「アンタにアタシと翠がいつでもついてるわ!それじゃ不満!?」
翠星石「ハル姉・・・」
ハルヒ「アスカ、今日は私も学校休むわ。ず~っと看病してあげから。
    そのかわり今日一日で治しなさい。これは命令!やぶったら罰金よ!」
アスカ「・・・何よ、その理不尽な命令。しょうがないわね・・・休んであげるわよ」
ハルヒ「そうよ、長女の命令は絶対なんだから。だから早く治しなさい。
    今から特製のお粥作ってあげるからね!心して食べなさい!」
アスカ「ハル姉・・・ありがと。」

~数時間後・アスカの夢の中~

翠星石「蒼星石、こっちですぅ」
蒼星石「今行くよ。でも、今は話に聞いた夢は見ていないみたいだね。
というか安らかな眠りのようだ。」
翠星石「見えたですぅ!ってあれれ?ツタが・・・樹が成長して引きちぎってるですぅ!」
蒼星石「どういうことだい?」
翠星石「きっと、寂しさのを上回る心の栄養をもらったのですぅ・・・。
    ハル姉・・・」
蒼星石「ハルヒ姉さんがどうかしたのかい?」
翠星石「な、何でもないですぅ!ただ、ハル姉もたまにはいいことをしやがったと
    ほんのちょっと思っただけですぅ!」
蒼星石「フフフ・・・、わかったよ翠星石。でも、まだ少しツタが残ってるね。
    これは切ってしまお・・・

ゴゴゴゴゴゴ

翠星石「あ、アス姉の夢が覚めるですぅ!」
蒼星石「うん、残念だけどいったん出よう。」


アスカ「う~ん・・・」
ハルヒ「アスカ、眼が覚めた?どう、気分は?」
アスカ「だいぶ良くなったわ・・・。それよりハル姉、ホントに学校休んだの?
    バッカねぇ、妹がカゼくらいで普通休まないでしょう!?」
ハルヒ「(ニヤニヤ)ふ~ん・・・。ま、それだけへらず口を叩けるくらい良くなったなら
    もう平気でしょ。じゃ、みんなおいで!」
アスカ「え!?」

シンジ「アスカ、大丈夫?」
ヒカリ「心配したのよ、高熱出したって聞いたから」
ケンスケ「これ、お見舞いにフルーツ買ってきたからさ」
トウジ「なんや、お前でもカゼひくことあったんやな。意外やったで」
ヒカリ「コラ鈴原!病人になんてこと言うの!」
ケンスケ「まあまあ二人とも」
カヲル「シンジ君がみんなでお見舞いに行こうって言うんでね。
    僭越ながら共演者として参上してみたんだ。」
レイ「・・・・・・・」
アスカ「みんな・・・。し、心配しすぎよカゼくらいで!明日にはちゃんと治して
    学校行くから心して待ってなさい!」
ヒカリ「うん。でも、無理しないでね」
ケンスケ「そうそう、映画の中編の撮影も控えてるし」
トウジ「無茶してぶり返したら元も子もないやろ」
カヲル「ふふ、今回は共演できそうだからね。楽しみにしてるよ」
レイ「・・・あまり長居しても迷惑。そろそろ帰りましょ」
シンジ「あ、うん。ア、アスカ・・・。映画、また一緒に頑張ろうね」
アスカ「ア、アンタに言われなくても名演技見せてやるわよ!
    みんなも、今日は・・・心配かけたわね・・・。アリガト(ボソ)」

~その日の夜~

ハルヒ「アスカも熱下がって一安心ね。さあ蒼星石ちゃん!
仕上げにツタをザックザクに切っちゃって終わりにしましょ!」
翠星石「見えたですぅ!ってあれれ~ですぅ!?」
蒼星石「完全にツタが消えている・・・」
ハルヒ「これってどういうこと??」
蒼星石「多分、アスカ姉さんの心の樹が大きな栄養をもらって
    寂しさのツタを完全に払拭するくらい成長したんです。でも・・・」
翠星石「如雨露も庭師の鋏も使わずにこんな短時間で成長することなんて
    普通はありえないですぅ」
ハルヒ「そうなの?でも、これでアスカが心も体も元気になったんなら
    ぜ~んぶOKじゃない!もう心配ないなら帰りましょ!
    明日は学校いかなきゃね~!団長がいないとキョンがサボっちゃうわ!」


~翌日~

翠星石「~と、こういう事があったですぅ」
雛苺「うにゅ~、よくわからないけどアスカが元気になってよかったなの~!」
翠星石「このおバカ苺!少しは考えないとくんくんみたいな名探偵に
    なれないですよ!」
蒼星石「まあまあ。でも、あんなに急に元気になったのは僕も初めてみたよ」
真紅「別に不思議なことではないわ」
翠星石「真紅?どういう事ですぅ?」
真紅「アスカは自分の存在に少し迷っていただけ。存在とは人と人との絆。
   アスカはハルヒとNERVの皆のやさしさを受けて絆を取り戻した。
   樹がツタで覆われたのではなくツタに栄養を奪われていただけ。
   樹が成長したのではなく栄養を取り返して元どおりに戻っただけよ。」
雛苺「むずかしくてわからないの~!!」
翠星石「チビ苺はやっぱりおバカ苺ですぅ!こんなこともわからないですか」
雛苺「う~、翠星石はわかったの~?」
翠星石「あ、当たり前ですぅ!チビ苺とは頭のできがちがうですから!」
ジュン「うるさーい!ケンカなら外でやれー!!」

~同時刻、学校~

シンジ「アスカ、もう平気なの?」
アスカ「ぜんぜん全快よ!・・・シンジ、あのさ」
シンジ「な、何?」
アスカ「・・・お見舞いわざわざ来てもらって悪かったわね」
シンジ「え、あ、そ、そんな、気にしないでよ、え、そ、そうだ、
    映画の中編のポスター撮影の予定が・・・・・・」
レイ(碇君・・・おのれ赤猿・・・)


こうして元気に戻った次女
三姉妹の絆よSOS団、NERV、ドールズと共に永遠なれ

そして劇場版エヴァンゲリオン「中編」お楽しみに~!