※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ひゃぁ~!急に雨がふってきやがったです!
 困ったですぅ、傘なんてもってきてないですよう・・・」

しょうがなく雨の中駆け出す翠。そこへ・・・

「ん?あれは性悪人形・・・。あいつ、傘もってないのか?
(・・・あいつ、人形とはいえ女の子だよな。・・・しょうがないなあ!)
 おい!性悪人形!!」

「ふぇ?な、チビ人間!?なんでこんな所にいるですか!」

「別に僕だって買い物くらいするさ!それより傘もってないんだろ。・・・入れよ」

「え!?なななな、なにいってやがるです!す、翠星石がなんでチビ人間なんかと
 一緒の傘に入んなきゃいけないですか!!///」

「おまえ、何赤くなってんだよ?いいから早く入れ」

「そそそ、そんなの死んでもお断りですぅ!!」

「なんだと!せっかく入れてやるって言ってるのに!
 ・・・ふん、わかったよ。じゃあこの傘お前が使えよ」

「え!?なにいってやがるですぅ!
 それじゃチビ人間が濡れることになるですよ!?」

「・・・いちおうお前は女の子だろ。僕もいちおう男だからな。
 ほら、つかえよ」

「ジュ・・・チビ人間・・・」

(サッ・・・)
「え?」

「やいチビ人間!とっとと傘の中に入るです!」

「・・・なんだよ、死んでもお断りじゃなかったのか?」

「う、うるさいですぅ!こ、心やさしい翠星石さまがおまえの
 心意気に免じて特別に入れてやるですぅ!感謝しやがれ、です!」

「ちょっと待て!これはもともと僕の傘だぞ!入れてやるとは何だ!」

「やかましいですぅ!いいからとっとと帰るですよ!」


「ただいまですぅ」

「おかえり翠。ってアンタびしょ濡れじゃない!
 ハル姉!翠がびしょびしょで帰ってきたわよ!」

「アンタなにしてたのよ!傘ないんなら連絡くれれば迎えに行ったのに・・・
 ってアンタなにニヤニヤしてんのよ?」

「べ、別になんでもないですよ!
 雨と一緒にちょっとだけいいことががふってきただけですぅ」

「・・・アンタなにバカなこと言ってんの?カゼひいたんじゃない?」

「大丈夫ですぅ・・・くしゅん!」

「ほら~、もう!早く着替えなさい!アスカ、着替えもってきて」