※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アスカ「キョンさ~ん☆」
キョン「ん?ああ、アスカちゃんじゃないか」
アスカ「こんにちは!あれ、今日はハル姉と一緒じゃないの?」
キョン「おいおいアスカちゃん、なんで毎日ハルヒと一緒じゃなきゃいけないんだ。
    俺はハルヒの専属マネージャーじゃないぞ」
アスカ「でも付き合ってるんでしょ?」
キョン「!!
    な、なんてコト言うんだ!そんなこと断じてない!」
アスカ「え~?だってみんなそう言ってるしぃ~」
キョン「待て、誰だそんな根も葉もない上に恐ろしい噂を広めているヤツは?
    谷口か?いや、アイツがこの姉妹との接点などほぼ皆無だな、では他のヤツか、誰だ?
    いや待て待て、それよりも俺とハルヒが付き合ってなどという噂が広まっているとしたら
    俺の学校、いや町内での立場が無くなるではないか!それに・・・
アスカ「・・・まさか、ホントに付き合ってなかったの?」
キョン「ああ、考えるだけでも恐ろしいね」
アスカ「ふ~ん・・・、そう。じゃあ遠慮いらないわね。
    ねえキョンさん、これから買い物行くから付き合ってよ!」
キョン「ちょっと待て、何故そういう事になる?それに遠慮がいらないとはどういうことだ?」
アスカ「え~、だって一人で買い物してもつまんないし~、ハル姉の彼氏と一緒に出かけるなんて
    あとでバレたらヤバいと思ってたけど、そうじゃないんでしょ?なら別に問題ないってコトよね!」
キョン「いや、だがしかしな、アスカちゃん」
アスカ「ほら、早く行きましょうよ~」
キョン「こ、こら腕をつかむんじゃありませ・・・


ハルヒ「何やってんのこのエロキョーーーーーーーーーン!!!!!!!!」

ばきーーーーーーーーーーん

キョン「ぬわぁっっっっ!!!!!!!」
アスカ「あら、ハル姉じゃない」
ハルヒ「このバカキョン!こんなトコで何やってんのよ!!まさかヒトの妹にちょっかい出そうって
    いうんじゃないでしょうね!!!!?」
キョン「ご、誤解だハルヒ!!って何しやがる!いきなりマウントポジションとるなんて反則だぞ!!」
ハルヒ「うるさいこのスケベ!天下の往来で中学生と手をつないで喜んじゃって!
    アンタまさかロリコンの気があるんじゃないでしょうね!?」
キョン「んなワケあるか!と、とにかく落ち着いて話を聞け!!
    ま、待て!絞め技はやめろ!マジ危ないって!!」
ハルヒ「何よいまさら!問答無用だわ!」
アスカ「・・・ねえ、ハル姉ぇ、、、」
ハルヒ「何よ!あ、アスカ!アンタエロキョンに何もされなかった!!?」
アスカ「っていうか、それより・・・アンタたち歩道の真ん中で何やってんのよ・・・」
ハル・キョン「「!!!!!!!!!!」」
キョン「ハ、ハルヒ、早く降りろ///」
ハルヒ「い、言われなくたって降りるわよ///」
アスカ「・・・バッカみたい。やっぱりアンタたちデキてんじゃない」
キョン「な!///ん、んなことあるか!!」
ハルヒ「///そ、そうよ!そんなわけないわよ!!」
アスカ「はいはい、もういいわよ。あ~ばかばかしい。
    キョンさんやっぱ買い物は一人で行くからいいわぁ、ハル姉とお幸せに。じゃね~」
キョン「!///」
ハルヒ「ア、アスカ待ちなさい!なにどさくさにまぎれてヘンなこと言ってんのよ!///」
アスカ「ハル姉もじゃね~!」
ハルヒ「覚えてなさい!帰ったらヒドいわよアスカ!!」

アスカ「ちぇ、キョンさんって結構かっこいいしチャンスかもとか思ったけど、やっぱハル姉と
    ラブラブだったんじゃん!とっとと結婚でもなんでもすればいいのよ!
    ・・・あ~あ、どこかにシンジみたいにひょろひょろで頼りない男じゃないかっこいい男
    いないかなぁ~。・・・ふぅ」
    ピポパポ
    「あ、バカシンジ?これから買い物行くから付き合いなさい!
     勘違いしちゃダメよ!も・ち・ろ・ん、荷物持ちとしてだからね!」