※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アスカ「バカバカバカァ~!!シンジのバ~カぁ!!最低っ!!信じらんない!!」
シンジ「ゴメンって、それにプリンぐらいでそこまで怒らなくてもいいだろ?」
アスカ「『プリンぐらい』ぃ?アンタにこのプリンの何がわかるって言うのよ!!
    アンタよりは人類に幸福をもたらしてくれてるものなのよ!!
    なのに、それを・・・許さない、一生うらみ続けてやるぅ!!」
シンジ「(そんなにおこらなくっても)わかった、じゃあ新しいの買って来るからまっててよ。」
アスカ「イヤ」
シンジ「じゃあ、同じの2個買ってくるから。」
アスカ「アレじゃないといやなの!!」
シンジ「だから、食べちゃったんだから仕方ないだろ?同じの買ってくるってばぁ」
アスカ「いらないもん」
シンジ「じゃあ、どうしたら許してくれるの?」
アスカ「・・・歯、磨いた?」
シンジ「は?」
アスカ「だから、プリン食べてから歯を磨いたかってきいてんの!!」
シンジ「あぁ、いいや。まだだけど」
アスカ「そぅ。」
シンジ「それがなっ、ぅぐっ・・・」

    ちゅ~~~~~~~~~~~~~~~う

シンジ「ぶはぁ~、ゴホっ、ゴホっ。なんだよ急に!!」
アスカ「やっぱこの味よねぇ~」
シンジ(舌入れることないだろぉ~)
アスカ「なっ、何よ!!味ってプリンの事だからね!!変な事考えないでよ!!」
シンジ「何も言ってないだろ!!」