※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

翠星石「うるせーですおっぱい人間!(ぴょーん」
みくる「ひゃあ~」

すぽっ

アスカ「あ」
ハルヒ「見事におっぱいに挟まってるわね……」
アスカ「体小さいから……」
翠星石「ちょ、ちょっとバカ姉ども! どうにかするです!
     暗いし狭いし怖いですぅ~!」
ハルヒ「みくるちゃん動いちゃだめよ! ……翠、柔らかさはどう?」
翠星石「……わ、悪くねーです」
アスカ「いやいやいや、おかしいってばあんた達」

レイ「……これが乳神様ね。大きくなりますように……(ナムナム」
有希「家内安全無病息災、無地無違反無事安産(ナムナム」
ルリ「何拝んでるんですか。誰か翠ちゃんを助けないと」
アスカ「ていうかいつの間に来たのよあんたらも!
     ま、確かに今は翠を助けないとね。よいしょっと」

ぐいっ

翠星石「おおぅ!? やっと抜け出せたです。ルリルリ感謝です♪」
ルリ「どういたしまして」
アスカ「いや、あたしにも感謝しなさいよ!」

レイ「おっぱいから抜けると」
有希「そこは平地だった」
ぺたぺた
ルリ「!! 止めてください。姉といえどセクハラで訴えますよ。そして勝ちますよ。
    大体自分達だって……」
レイ「私達はいいの。乳神様のご利益があるから(もみもみ」
みくる「や、やめてくらしゃ~い」
有希「そう」
ハルヒ「ちょ、ちょっと有希! なんであたしの胸揉んでるのよ!!」
有希「……最近サイズが大きくなったはず(わしわし」

アスカ「あったま痛くなって来た……」
ルリ「突っ込むのも大変ですよね」

みくる「そもそもなんでわたしここにいるんですか~?」