「ねえ、古泉くん。もしかして、有希と付き合ってるの?」


授業終了後、まもなくの部室。
僕が部室を訪れての涼宮さんの第一声が好奇心に満ち満ちたそれだったのには、「彼」は「なんと露骨に…」と呆れたような顔をし、朝比奈さんは顔をうっすら赤らめて俯いている。
団員のプライベートに一々首を突っ込むような真似はしない、というのが涼宮さんの最低限の礼儀を踏まえた信条であったはずで、その彼女がこうも直接的に僕に事を問うというのは、疑問の形を呈しつつも殆ど確信の域にあるとみていいだろう。

長門さんは我関せずといったように読書を続けている。
涼宮さんが長門さんを問い詰め、納得いく回答が得られずに、矛先が此方を向いたといったところだろうか。
元々隠していたのは機関の命令から様子見をしていただけであり、一寸の露見もならない極秘情報というわけでもない。下手に繕うことはしない方がいいだろうと判断して、涼宮さんの疑惑を僕は笑顔で肯定した。

「申し訳ありません、涼宮さん。もっと早くにご報告しようと思っていたのですが」
「おいおい、マジか…!お前ら、いつの間に」
驚きの声を上げたのは、不精不精といった風情で僕と涼宮さんのやりとりを見守っていた「彼」だ。 洞察力に優れた彼といえども、僕と長門さんの見えざる進展の意味までは取り損ねていたらしい。

「やっぱり!最近二人とも仲良いわねってみくるちゃんと話してたのよ」
手を叩いて、したりとばかりに涼宮さんが笑った。
「これで疑問も氷解ってものよ。そんじょそこらの馬の骨相手だったら叩っ切るところだけど、有希と古泉くんならお似合いだしね。古泉くんなら有希の相手として申し分ないわ」
満面笑顔の涼宮さんは、僕と長門さんの交際を素直に祝福してくれるようだ。有り難いことだった。
「実はあたし、土曜日にショッピングに出かけたんです。そこで古泉くんと長門さんが……その……」
相変わらず愛らしいメイド服姿の朝比奈さんが、首筋までを赤く染めて、「はうー」と熱の篭った溜息をつく。
目線はちらちらと長門さんと僕を行き来し、落ち着かない様子だ。僕は概ねを察して苦笑した。
「……なるほど、見られていたんですね」
僕はもう少し周囲に気を配らねばならなかったようだ。内省に励むべきだろう。
長門さんと一緒にいるところを朝比奈さんに見られ、朝比奈さん経由でその情報が涼宮さんに伝わって、事の真偽を確かめるという方向性に落ち着いた、といったところか。
僕と長門さんが急速に親しくし始めたことも、団員の皆からは奇異に思われていたはずだ。
僕らに気を遣ってか、真正面から訊ねられたことは今までなかったのだが……。



「わたしから、告白をした」



密かなささやきが落ちた。
その一声は、何やら僕に対して質問責めを開始しようとしていた涼宮さんの行動を一瞬にして静める効果を持っていた。
裏表紙を丁寧に閉じて。――手持ちのハードカバーを読み終えたらしい、長門さんが視線を持ち上げて、涼宮さんへ細い顎を直ぐに構えた。
「有希……」
涼宮さんの呆然とした声に対するように、長門さんは微笑んだ。それは見惚れるくらいに綺麗な、砂糖菓子のような笑顔だった。

「わたしは、幸福」

耳に残る、色彩があるならきっと暖色であるだろう、優しい声だ。
涼宮さんはふっと強気な笑みを浮かべ、長門さんに歩み寄ると、その肩をいささか乱暴ともいえそうな勢いで抱き寄せた。
長門さんは何も言わない。戸惑っているのか、涼宮さんにされるがままになっている。
眼を一時伏せた涼宮さんは、思い浮かぶ幾つかの言葉のどれを長門さんに与えるべきかを迷っているようだったが、やがて満足の笑みを押し上げて、長門さんに告げた。

「自分で想いを伝えて、それで勝ち取ったんなら、あたしがとやかく言うことはないわ。おめでとう、有希」
「………」

祝福を受け取った長門さんの首肯を見届けると、涼宮さんは今度は母のように微笑んで、
「あ、古泉くんに泣かされたらいつでも呼ぶのよ!古泉くんに限ってそんなことはないと思うけど、万が一のときにはSOS団総出で古泉くんを説教しにいくわ」
情愛に満ちた、実に涼宮さんらしい宣言をしてみせた。

「ふふん。いいわね?古泉くん。神聖なる団長の前で取り交わされた約束は絶対なんだから!」
長門さんから身を離した涼宮さんに誓いを余儀なくされた僕は、「気を引き締めます」と微笑って返した。長門さんが此方を一瞥して、「大丈夫。彼は優しい」と惚気そのものの返答をして、朝比奈さん達の笑みを誘ったのには、さすがの僕も赤面したかったところだ。

「長門が古泉にか……意外だったな。まさかとは思ってたが」
「彼」は信じられないという想いを隠しては居なかったが、最後には肩を竦め、やれやれと笑って長門さんに声を掛ける。その声には、彼を知る者ならば十分過ぎるほど分かるだろう、大切な人に向けられた情愛があった。

「彼」は表層は捻くれたスタンスを崩さないが、その癖、ひどく愛情深い人だ。
「よかったな、長門」
微笑んでの彼の言葉に、長門さんは小さく頷くことで答えの代わりとした。
向かい合った彼らは、こうして見ると年の離れた兄と妹のようだ。「彼」は実際に血の繋がりのある妹がいる、れっきとした「兄」ではあるけれど、僕がSOS団内で殊に家族性を強く意識するのは「彼」と長門さんの関係性に対してだった。

時には父と子のように、時には兄妹のように、時には穏やかに連れ添いあう二人のように。
だからだろうか、長門さんは「彼」に惹かれている節があると、常々僕は思っていた。
雛の刷り込みか、「彼」の父性を愛したのか、その感情に具体的な名前をつけられてはいなくても。限りなく愛や恋に近いような想いを、「彼」との結びつきに抱いているのではないかと思っていた。
そのことは僕自身機関にも度々報告しているし、だからこそ機関は長門さんが涼宮さんと敵対する位置になり得る可能性を憂慮していたのだ。今回の件は、その可能性を潰しつつ、誰にも不幸が芽吹かない最善の道だった。


――そう思っていたのに。


幸せそうな長門さんを見据えているうち、唐突な不安が僕の胸を焼き始めた。
僕は何かとても大事なことを見落としていて――何かを忘れていて、この舞台の土台は実は穴だらけなのではないだろうかと。
少し力を入れて踏み抜けば脆く崩れて落ちてしまうような、すかすかのガラクタを積み上げた舞台の上で、危なっかしいバランスを保ってかろうじて糸で繋がりあい生きている……

どうしてそんな益体もない不安感が押し寄せてきたのか、理由はわからない。
「彼」に頷きを返した長門さんの横顔に、何か感じるものがあったためかもしれないし、何処かでこんな二人を見たような気がするのに、それが思い出せないせいかもしれない。
焦慮はこの一時だけのものだと僕は自身に言い聞かせた。
展望は明るく開けて、余りに何もかもが順調に運んでいるから、その幸先の良さに眼が眩んで立ち竦んでしまっているだけのこと。

恐れるべきことなんて、何もない筈なのだから。






+ + +





デートの頻度は月に二度から三度。
僕は見たこともないような長門さんの表情――仕草や、物怖じのなさを、思想を、一つずつ知っていった。
次のデートもその次のデートも長門さんの到着は約束の時間ぴったりで、遅刻ではないのだから責める理由にはならないのだけれど理由を尋ねてみれば、どの服を着ていけばいいのかを出発間際まで考えるせいで遅れていたらしい。
思いもかけない、恋をする女の子らしさに溢れた、彼女の素顔だった。

原因の見つからない焦りは胸の内に巣食っていたけれど、長門さんと過ごすその日々は、自分でも信じられないくらいに心を弾ませた。未発見の想いは積雪のように膨らみ重なって、僕の日々を形成していく。
病巣のごとく張り巡らされた焦りも、日の経過に、ただの杞憂だと鎮めることが出来るようになった。
ピザ大食いで優勝すれば飲食費タダ、というゲームに参加したがる長門さんを必死に引きとめたり、美術館で氷像を興味深そうに眺める彼女の横顔を飽きるまで眺めたり。遊園地で手を繋いでジェットコースターに乗れば、スリリングな遊戯が彼女のお気に召したらしく、困憊していた僕を尻目に二度目をせがまれたりもした。ケーキバイキングに赴けば、膨大な数のケーキを一人で胃袋に収めきった彼女がなんだか誇らしげで、僕は思わず笑ってしまったものだ。
 
長門さんの表情は、無表情か、それを綻ばせるくらいの変化しかなかったけれど、会話の雰囲気で彼女の機嫌を見分けられるくらいにはなった。
デート中の長門さんはいつも機嫌が良さそうで、楽しそうで、その空気を感じ取れば僕も単純に浮き足立つ。
僕の感情の浮き沈みは、長門さんが僕に向けてくれる「恋情」とはまた違ったもので、それでも傍に在ることで、心の安寧は叶っていた。激しさを伴わない、穏やかな水のような好意。砂糖水に身を浸して生きているような、ぬるく安らかな男女の歩み。
 
呼んでもいいだろう。これを、「好き」という気持ちだと。
 
――ただ、それで僕が彼女に想いを騙って付き合いを始めたことを、帳消しにできないことは重々わかっていた。
彼女への好意は深まった。それは確かなことだ。
それでも僕が彼女を愛しているかと訊ねられたら、僕は決して頷くことはできなかっただろう。僕の長門さんへの好意は、そんな、曖昧に宙を漂うような感情だった。
積もる好意はいずれ愛との境界線を超えてもおかしくはなかったのに、幾ら日々を重ねても愛の範囲へは踏み込めなかったのだ。
 
いつか、そのことを打ち明けて、……それでもいいかと訊ねることをしなければならない日が来る。長門さんは悲しむだろうか。
その瞬間のことに思い馳せると、気鬱になる理由には気付いていた。敢えて考えないようにと、今の楽しさに逃避している理由も。
 
 
 
 
「古泉一樹」
声を掛けられ、意識を引き戻す。長門さんは商品の画面をタッチしながら、僕を見ていた。
「ああ、すみません。どうしました?」
「……このゲーム」
 
今、僕と長門さんが居るのは大型ショッピングモールの玩具屋だった。ぶらぶらと店内を見て回った後、辿り着いたゲームコーナーでは、試しプレイの出来るテレビの傍に小さな子供たちが群がっている。ロボット物で盛り上がっているようだ。
長門さんが示しているのは、新作のゲームのプロモーションビデオの詰め合わせを延々繰り返し流している、26V型のテレビジョンだった。
「『激動』に『競演』、『約束』ですか。……最近のゲームはわかりませんね。僕は専らアナログゲーマーなものですから。この手のゲームに関してなら、『彼』の方が詳しいのではないでしょうか。ご実家に据え置きのゲームが何台かあるようですし」
「そう」
ふと、視線が動く。
「……このチラシにある、恋愛シミュレーションとはなに」
話題が変わった。長門さんの目線の先、テレビの横に貼り付けられたカラフルなチラシには、個性ある美少女が勢ぞろいしているイラストがプリントされている。長門さんもよくよく変わったものに関心が向くものだと思った。僕は涼宮さんの補助のため、彼女の琴線に触れそうな事柄は予め調べているので、この手のものに関しては少なからず知識がある。恋愛シミュレーションは登場するキャラクターとゲーム世界の中で交際し、仮想恋愛を体験するゲームのことだ。
「一人の男性主人公が、複数の女性のうち誰か一人の好感度をあげる選択肢を選び、最終的にその女性と結ばれることを目的とする分岐型のゲームですよ。動のあるタイプではありませんが、特定の層に一定の人気があるようですね」
「………」
「女性キャラクターが主役で、男性キャラクター複数を相手に取る女性向けのゲームも最近は多いんだそうです。いまや、我々はヴァーチャル空間での恋愛にも事欠かないというわけです。二次元世界は着実に三次元に相似しつつある……。いえ、この場合は僕らが二次元的存在に没入しつつあると言った方がより適切かもしれませんね」
食い入るようにチラシを見つめている長門さんは、このゲームの何処に惹かれるものがあったのだろうか。
何か引っ掛かるものを感じたが、正体は掴めない。
 
 
「長門さん、お昼を食べにいきませんか。そろそろ1時を過ぎそうです」
軽く長門さんの肩に触れ、移動を促すと、僕の解説に理解を深めたことを良しとしたのか、彼女は素直に頷いた。玩具屋を出て、レストラン街のある七階へとエスカレーターで向かうことにする。
「食べたいものにリクエストがおありでしたら」
「……和食」
「ふふ、了解しました。確か景観のいい和食のお店があったはずです。そちらに――」
不自然に切ってしまった声を訝るように、長門さんがそこで面を上げ、長門さんも僕の見たものに同じく気付いた。エスカレーターの到達点に降りて直後、そのまま動かなくなる。
瞳孔が散大する。彼女の双眼が亡羊とする。
この人混みだ、後がつかえていた。僕は足が突如石化でもしてしまったかのように身動きのしない長門さんの手を引き、背後から押し出される前にとその場から足早に離れたが、僕自身、鼓動は動揺を隠せず早鐘を打っていた。
フロアを渡る人の多さに紛れてすぐに見えなくなってしまったが、さっき見た後姿は確かに――
 
「涼宮さん……」
 
「彼」も、一緒だった。見間違いでなければ、手を繋いで談笑していた……。
二人きりで休日にショッピング。偶然ここで遭遇したという可能性もなくはないが、確率的には示し合わせて訪れたという理解の方が正しそうだ。僕は鼓動を抑え込みたい一心で胸倉を掴んだが、回る思考は止め時を知らない。
彼と涼宮さんがデートをしていた。僕らには内緒で、ふたりきりで。
新鮮な驚きと、ようやくかという脱力感と、言葉に出来ない息苦しさのような、切なさのような想いが僕の感情の器に浸水する。
 
 
 
 
+ + +
 
 
 
 
「………は、幸せ」
 
 
 
――そして僕は今度こそ、その言葉を聞く。
 
 
僕は長門さんを振り向いた。僕の腕を引きながら、雑踏に紛れてしまった彼らの背に吸い寄せられるように、遠い眼をした長門さんの姿。
 
「……長門、さん」
「なに」
「いえ……。この混雑具合では、今から彼らを捜すのは困難です。事の次第は後日に確かめることにして、ひとまず昼食を摂りませんか。期を逃すと待ち客だけで列になりそうですし」
「わかった」
 
目線を戻した彼女は、取り立てて涼宮さん達に執着した様子もない、いつものデート中の長門さんに戻っていた。今一時の変化こそ例外であったのだといわんばかりに。機嫌のいい、無表情のうちにも何処か甘えるような雰囲気を纏い、寄り縋ってくる長門有希。
僕の前でだけ微笑み、すり寄り手を取ろうとする宇宙人の少女。僕の非凡なる恋人。
 
僕は咽喉の渇きを覚えた。
そこに違和感を覚えなくなったのは何時からだったのろう。
それが「いつも」に、僕視点のデフォルトになったのは。彼女とのデート初日には既に、受け入れ始めていたような気もする。
いつから、こうだったのだろう。
告白前と以後で彼女は見るからに「変貌」して、それは僕に恋をしたからで、僕はそんな彼女が気になりだしていて、それで。
それで――告白前はどうなっていたんだっけ?
 
よく思い出せないのは、本当に、ただ今の幸福が鮮烈で、過去のことを忘れかけているからだけか?
 
 
 
 
 
 
『井の中の、蛙は幸せ』
 
 
長門さんは冷め切った声で、確かに、そう言っていた。
 
 
 
最終更新:2020年06月10日 03:19