日咩坂鐘乳穴

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


日咩坂鐘乳穴(ひめさかかなちあな)スペック

県下でも屈指の巨大な洞口と千六百mの長さを誇る裂か型の吸い込み穴。
深さ百m近いドリーネの急坂を下りていくと、高さ十五m・幅七mの巨大な洞口がひんやりとした冷気を漂わせている。
従来奥行きは七百mの神の池までとされていたが、調査の結果千六百mにも達する巨大なものであることが判明した。
最終地点は水深三十二mの地下の巨大な湖であった。 この湖の水は豊永佐伏の住民の生活の源泉である「湧きあがり」に
流出している。 鍾乳洞の歴史は古く、神の住むところとしてあがめられてきた。
この鍾乳洞をご神体とした日咩坂鐘乳穴神社は、「延喜式」にも記された古い神社で、記録によると洞内から石鍾乳
(いしのちち)という薬種を産出したという。

住所

岡山県新見市豊永赤馬

アクセス

中国自動車道北房ICから満奇洞方面へ約6km

諸注意

入洞する前には必ず入洞届けを提出してください
連絡先


画像

日咩坂鐘乳穴神社

洞窟降り口駐車場

洞窟降り口(看板は2008年1月11日に設置)

洞窟入口前看板

洞窟入口


動画

洞窟入り口1

洞窟入り口2

ニュース映像(1月6日)


地図


大きな地図で見る









トータルアクセス -
今日のアクセス -
昨日のアクセス -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。