03年第3回委員会議など

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サッカースタジアム推進プロジェクト
第3回委員会議第12回ワーキングスタッフ会議録
<日時〉平成15年8月21日(木) 10:00~11:45
<場所> 広島市中区大手町1-5-3 県民文化センター(鯉域会館) 5階サファイア
電話082-245ー2322 FAX 082ー245-2315

広島県教育委員会生涯学習部 檎山哲雄 小林和之 工藤宏一
広島市市民局文化スポーツ部 山本正己 大谷直和 重富弘己
(財)広島県体育協会
(財)広島市スポーツ協会 高本紘匡 白雲克宏
広島商工会議所
(財)広島県サッカー協会
サンフレッチェ広島後援会
サンフレッチェ広島
プロジェクト事務局 今西和男
※(社)広島青年会議所は欠席

く概要>
(1) 候補地検討状況報告
ワーキングスタップ会議における建設候補地の検討状況について報告があった。
候補地を5か所に絞り検討してきた結果、諸問題はあるが、
広島市民球場跡地、広島大学本部跡地が理想的な建設地ではないかという結論に至った。

※候補地5か所
①広島市民球場跡地②広島大学本部跡地③広島港五日市地区
④広島スタジアム⑤広島広域公園第一球技場
※収容人員約2万人

広島市民球場跡地はプロ野球機能がヤード跡地に移転した後、
広島大学本部跡地は用地購入・被爆建物の取り扱いなど問題があり、
ただちにスタジアムを建設することはできないため、
当面の専用スタジアムとして第一球技場を改修してはどうかとの意見があった。
あるゼネコンに対し、第一球技場改修工事費の見積り依頼をし、約21億円が提示された。
高額のため10億円程度で改修できないか、別会社にも見積り依頼をしている。
次回のワーキングスタッフ会議の場でお知らせしたい。
第一球技場の改修をする場合は、広島市の財政状況が大変厳しいことはよくわかっており、
デオデオ、マツダをはじめとする民間会社、サンフレッチェ広島、県にもお願いしたいと考えているが、これは今後の課題としたい。
8月下旬に計画していた海外スタジアム視察については延期することにした。



(2) 今後の方向
今後は、第一球技場の改修工法・費用、また専門家を招いてPFIなどについて勉強していきたい。

(3) その他
  • 第13回ワーキングスタッフ会議
日時9月4日(木) 13 :30~15:00
場所デオデオ大手町ビル7F 会議室
議題 未定

  • 第14回ワーキングスタップ会議
日時9月25日(木) 13 :30~15:00
場所未定
議題 PFI等の学習
  • サンフレッチェ広島FCのチーム状況について
別紙資料をもとに(黒塗り)から説明があった。