※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 警官の日常業務 RD:5 評価値:3
    • 部品: 警官としての日常訓練
    • 部品: パトロール業務
    • 部品: 事件・事故の通報対応
    • 部品: 事件・事故の報告書作成
    • 部品: 遺失物管理



部品定義


部品: 警官としての日常訓練

いかなる場面においても、時に凶悪な犯人を怪我することなく安全に制圧できるようにするためには、日頃から心身を強く鍛えていなければならない。このため、警察学校で訓練をおこなった逮捕術や体術を卒業後も日常的に訓練しておく。

部品: パトロール業務

管轄地域を定期的にパトロールし、職務質問として不審と思われる人に声をかける。相手が法に抵触している疑いがある場合は、任意同行を求めることができる。また、抵抗した場合は職務執行妨害として逮捕することができる。

部品: 事件・事故の通報対応

民間人から、事件・事故の通報があった場合はこれに対応する。具体的には、内容を聴取し、緊急の場合は現場に急行する。基本的に2名1組(ツーマンセル)で対応し、それ以上の人員が必要な場合は応援を頼む。

部品: 事件・事故の報告書作成

事件や事故に対応した後は、その内容を報告書として作成しなければならない。この報告書は裁判や保険請求などの根拠となるため、正確かつ虚偽のないものでなければならない。

部品: 遺失物管理

落とし物や忘れ物が届けられた場合、これを預かる。保管期間は概ね3か月程度であり、その期間内に所有者の申し出がない場合は合法的に処分される。



提出書式


 大部品: 警官の日常業務 RD:5 評価値:3
 -部品: 警官としての日常訓練
 -部品: パトロール業務
 -部品: 事件・事故の通報対応
 -部品: 事件・事故の報告書作成
 -部品: 遺失物管理
 
 
 部品: 警官としての日常訓練
 いかなる場面においても、時に凶悪な犯人を怪我することなく安全に制圧できるようにするためには、日頃から心身を強く鍛えていなければならない。このため、警察学校で訓練をおこなった逮捕術や体術を卒業後も日常的に訓練しておく。
 
 部品: パトロール業務
 管轄地域を定期的にパトロールし、職務質問として不審と思われる人に声をかける。相手が法に抵触している疑いがある場合は、任意同行を求めることができる。また、抵抗した場合は職務執行妨害として逮捕することができる。
 
 部品: 事件・事故の通報対応
 民間人から、事件・事故の通報があった場合はこれに対応する。具体的には、内容を聴取し、緊急の場合は現場に急行する。基本的に2名1組(ツーマンセル)で対応し、それ以上の人員が必要な場合は応援を頼む。
 
 部品: 事件・事故の報告書作成
 事件や事故に対応した後は、その内容を報告書として作成しなければならない。この報告書は裁判や保険請求などの根拠となるため、正確かつ虚偽のないものでなければならない。
 
 部品: 遺失物管理
 落とし物や忘れ物が届けられた場合、これを預かる。保管期間は概ね3か月程度であり、その期間内に所有者の申し出がない場合は合法的に処分される。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "警官の日常業務",
     "description": "Default Root",
     "type": "group",
     "validation": {},
     "children": [
       {
         "title": "警官としての日常訓練",
         "description": "いかなる場面においても、時に凶悪な犯人を怪我することなく安全に制圧できるようにするためには、日頃から心身を強く鍛えていなければならない。このため、警察学校で訓練をおこなった逮捕術や体術を卒業後も日常的に訓練しておく。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "パトロール業務",
         "description": "管轄地域を定期的にパトロールし、職務質問として不審と思われる人に声をかける。相手が法に抵触している疑いがある場合は、任意同行を求めることができる。また、抵抗した場合は職務執行妨害として逮捕することができる。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "事件・事故の通報対応",
         "description": "民間人から、事件・事故の通報があった場合はこれに対応する。具体的には、内容を聴取し、緊急の場合は現場に急行する。基本的に2名1組(ツーマンセル)で対応し、それ以上の人員が必要な場合は応援を頼む。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "事件・事故の報告書作成",
         "description": "事件や事故に対応した後は、その内容を報告書として作成しなければならない。この報告書は裁判や保険請求などの根拠となるため、正確かつ虚偽のないものでなければならない。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "遺失物管理",
         "description": "落とし物や忘れ物が届けられた場合、これを預かる。保管期間は概ね3か月程度であり、その期間内に所有者の申し出がない場合は合法的に処分される。",
         "type": "parts"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]