※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 警官貸与装備一式 RD:9 評価値:5
    • 部品: 資格認証による貸与管理
    • 部品: 定期通常点検
    • 部品: 警官手帳
    • 部品: 警官制服
    • 部品: 警察採用拳銃
    • 部品: 警官用バトン
    • 部品: 手錠
    • 部品: 警官用ホイッスル
    • 部品: 帯革



部品定義


部品: 資格認証による貸与管理

警官として配属された段階で警察学校を卒業して資格を取得しているかがチェックされる。チェックを通過したもののみに貸与される。あくまで貸与であるので、シリアルナンバーにて管理される。


部品: 定期通常点検

半年または四半期ごとに、貸与装備の点検をおこなう。点検時に遺失が発覚した場合は罰則を受ける。遺失した場合は速やかに報告する義務がある。また、不調な場合や破損が見られた場合は交換をおこない、良好な状態が保たれる。

部品: 警官手帳

警官の身分を証明する政府・自治体の紋章の入った手帳。所有者のシリアルナンバーに加え、顔写真および名前や所属情報も記載されており、複製しにくい材質で作られている。

部品: 警官制服

一目で警官とわかるような制服を身に付けている。警官の所属する政府や自治体によりそのデザインは様々だが、概ね青や黒で清潔感や緊張感のあるものが多い。襟首に個人のシリアルナンバーが縫い込まれている。

部品: 警察採用拳銃

警官が常時携帯する銃としては回転式拳銃(リボルバー)、それも5連発の小型のものが採用されている。これは、対人用として必要なだけの威力を持った一般的な弾を使用していることと、使用方法が単純明快であることによる。グリップに個人のシリアルナンバーが刻まれている。

部品: 警官用バトン

いわゆる警棒のことである。武器として使われる棍棒が殺傷力を高める構造になっているのに対して、警棒は過度に相手を傷つけない形状をしている。持ち手に個人のシリアルナンバーが印字されている。

部品: 手錠

被疑者、あるいは保護対象者が暴れる可能性が高い時に、その手を拘束するために使用される拘束具。手錠を使用する場合は、苛酷にならないように注意するとともに、衆目に触れないように努めることが求められる。輪の根元にシリアルナンバーが刻まれている。

部品: 警官用ホイッスル

交通整理や行列整理などで使用される警笛。応援を呼ぶ場合にも使用される。基本的な信号(非常用、集合用、注意用)については汎用の規定があり警察学校で学ぶが、それ以外の信号についてはそれぞれの組織で定められる。

部品: 帯革

拳銃や警棒を保持するためのベルト。専用のホルダーが装着されており、通常のベルトとは別に腰に付けるようになっている。ベルトの内側にシリアルナンバーが刻印されている。



提出書式


 大部品: 警官貸与装備一式 RD:9 評価値:5
 -部品: 資格認証による貸与管理
 -部品: 定期通常点検
 -部品: 警官手帳
 -部品: 警官制服
 -部品: 警察採用拳銃
 -部品: 警官用バトン
 -部品: 手錠
 -部品: 警官用ホイッスル
 -部品: 帯革
 
 
 部品: 資格認証による貸与管理
 警官として配属された段階で警察学校を卒業して資格を取得しているかがチェックされる。チェックを通過したもののみに貸与される。あくまで貸与であるので、シリアルナンバーにて管理される。
 
 
 部品: 定期通常点検
 半年または四半期ごとに、貸与装備の点検をおこなう。点検時に遺失が発覚した場合は罰則を受ける。遺失した場合は速やかに報告する義務がある。また、不調な場合や破損が見られた場合は交換をおこない、良好な状態が保たれる。
 
 部品: 警官手帳
 警官の身分を証明する政府・自治体の紋章の入った手帳。所有者のシリアルナンバーに加え、顔写真および名前や所属情報も記載されており、複製しにくい材質で作られている。
 
 部品: 警官制服
 一目で警官とわかるような制服を身に付けている。警官の所属する政府や自治体によりそのデザインは様々だが、概ね青や黒で清潔感や緊張感のあるものが多い。襟首に個人のシリアルナンバーが縫い込まれている。
 
 部品: 警察採用拳銃
 警官が常時携帯する銃としては回転式拳銃(リボルバー)、それも5連発の小型のものが採用されている。これは、対人用として必要なだけの威力を持った一般的な弾を使用していることと、使用方法が単純明快であることによる。グリップに個人のシリアルナンバーが刻まれている。
 
 部品: 警官用バトン
 いわゆる警棒のことである。武器として使われる棍棒が殺傷力を高める構造になっているのに対して、警棒は過度に相手を傷つけない形状をしている。持ち手に個人のシリアルナンバーが印字されている。
 
 部品: 手錠
 被疑者、あるいは保護対象者が暴れる可能性が高い時に、その手を拘束するために使用される拘束具。手錠を使用する場合は、苛酷にならないように注意するとともに、衆目に触れないように努めることが求められる。輪の根元にシリアルナンバーが刻まれている。
 
 部品: 警官用ホイッスル
 交通整理や行列整理などで使用される警笛。応援を呼ぶ場合にも使用される。基本的な信号(非常用、集合用、注意用)については汎用の規定があり警察学校で学ぶが、それ以外の信号についてはそれぞれの組織で定められる。
 
 部品: 帯革
 拳銃や警棒を保持するためのベルト。専用のホルダーが装着されており、通常のベルトとは別に腰に付けるようになっている。ベルトの内側にシリアルナンバーが刻印されている。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "警官貸与装備一式",
     "description": "Default Root",
     "type": "group",
     "validation": {},
     "children": [
       {
         "title": "資格認証による貸与管理",
         "description": "警官として配属された段階で警察学校を卒業して資格を取得しているかがチェックされる。チェックを通過したもののみに貸与される。あくまで貸与であるので、シリアルナンバーにて管理される。\n",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "定期通常点検",
         "description": "半年または四半期ごとに、貸与装備の点検をおこなう。点検時に遺失が発覚した場合は罰則を受ける。遺失した場合は速やかに報告する義務がある。また、不調な場合や破損が見られた場合は交換をおこない、良好な状態が保たれる。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "警官手帳",
         "description": "警官の身分を証明する政府・自治体の紋章の入った手帳。所有者のシリアルナンバーに加え、顔写真および名前や所属情報も記載されており、複製しにくい材質で作られている。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "警官制服",
         "description": "一目で警官とわかるような制服を身に付けている。警官の所属する政府や自治体によりそのデザインは様々だが、概ね青や黒で清潔感や緊張感のあるものが多い。襟首に個人のシリアルナンバーが縫い込まれている。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "警察採用拳銃",
         "description": "警官が常時携帯する銃としては回転式拳銃(リボルバー)、それも5連発の小型のものが採用されている。これは、対人用として必要なだけの威力を持った一般的な弾を使用していることと、使用方法が単純明快であることによる。グリップに個人のシリアルナンバーが刻まれている。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "警官用バトン",
         "description": "いわゆる警棒のことである。武器として使われる棍棒が殺傷力を高める構造になっているのに対して、警棒は過度に相手を傷つけない形状をしている。持ち手に個人のシリアルナンバーが印字されている。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "手錠",
         "description": "被疑者、あるいは保護対象者が暴れる可能性が高い時に、その手を拘束するために使用される拘束具。手錠を使用する場合は、苛酷にならないように注意するとともに、衆目に触れないように努めることが求められる。輪の根元にシリアルナンバーが刻まれている。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "警官用ホイッスル",
         "description": "交通整理や行列整理などで使用される警笛。応援を呼ぶ場合にも使用される。基本的な信号(非常用、集合用、注意用)については汎用の規定があり警察学校で学ぶが、それ以外の信号についてはそれぞれの組織で定められる。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "帯革",
         "description": "拳銃や警棒を保持するためのベルト。専用のホルダーが装着されており、通常のベルトとは別に腰に付けるようになっている。ベルトの内側にシリアルナンバーが刻印されている。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]