※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

殿堂入りアイドルデータ



L:新町 真優 = {
 t:名称 = 新町 真優(アイドル)
 t:要点 = 眼鏡,ポニーテール
 t:評価 = {
  t:ルックス ← 5+1+1+1
  t:カリスマ ← 7+1+1+1+1+1
  t:スタイル ← 6+1+1
  t:トーク ← 3+1+2+2
  t:ダンス ← 4+2+1+1+2
  t:ヴォーカル ← 5+1+1+1+1
 }
 t:ファン人数 = 436500
 t:アイドルランク = B
 t:やる気= 90
 t:経過日数 = 14週
 ※CD発売済み、アルバム発表済み、水着大会出演、遅刻2回、レッスン連続成功2回目
 ※特記:よく歌詞を忘れる。重要なところで噛みやすい。だがそこが魅力という説も。
 t:担当プロデューサー = ゲンツP


/*/


『にんじっん食べよう スティックでゼリーでアイスで♪』


エプロンにお玉、三角巾を結わえたトレードマークのポニーテールを揺らせながら特設ステージで歌う少女。
アイドルとしてひとまずの成功を収めた彼女は、デビューの場である商店街で凱旋ミニコンサートを行っていた。
デビューしたての頃はしょっちゅう忘れていた歌詞も、今では結構しっかり覚えられるようになっていた。
「そ、そりゃあたまには忘れることもありますけど、だいぶ打率上がってきたんですよ!」
そこがいい、って言ってくれるファンも根強く残ってるから、今のプロデューサーもそのままで、と言ってくれてはいるけど、こっちは真面目にやってるからちょっとムカつく。
最近、ステージの後、帰りの車の中で、ふと思うことが稀によくある。
あのどこかおとぼけた雰囲気のプロデューサーは、今どうしているだろうか。
また遅刻したり、歌詞をド忘れする新人を担当しているんだろうか。
「ううん、だめだめ。過去ばかり振り返ってちゃ駄目よね。まだまだ私は上を目ざさなきゃいけないんだからっ」

くすりと笑ってぺちり、と軽く頬を張って気合を入れる。
そう、まだまだトップアイドルへの道は遠く長い。
新町真優の夢はまだ、終わらない。


Thank you for playing.
But here comes New Idol!


/*/


おまけ。

最終更新:2009年06月06日 17:20
添付ファイル