2/4 タッキー&翼北海道公演

まず、タッキー&翼北海道公演16時からの回。
2/4のMCで舞台によじのぼろうとしたのは私です。

誤解しないでいただきたいのですが、私は滝沢秀明さんのファンではありません。
私はある疑いを滝沢秀明さんに対して持っていて、それを確かめたくて、
ヤフオクでチケットをゲットして北海道まで行きました。
北海道にはちょうど別の用もありましたので。

MCの途中から、すたすたと歩いて舞台の真ん前まで出て行き、
とりあえずリンゴ差し出してみました(笑)
リンゴ女と呼んでいただいて結構です。

漫画「デスノート」で死神のリュークがリンゴ持ってたから、滝沢秀明さんに差し出してみました。

で、最初は私に構わずMCを続けようとしていた滝沢秀明さんでしたが、
私があきらめずに滝沢さんに話しかけつづけていると、
私のことを無視し続けるのがつらくなったのか、

滝沢さんは私に向かって一歩踏み出し、ひとこと「ごめんね」と謝りました。

でもそのあとも、滝沢さんは何事もなかったかのように
私を無視してMCを続行しようとするので、
仕方なく舞台によじのぼろうとしたのですが、さすがにそこで
後ろからお客さんや警備の人に止められ、ロビーまでひきずって
いかれました。

というか、舞台の真ん前まで出てって一生懸命滝沢さんに
話しかけるような女がいるのに、舞台によじのぼろうとするまで、
会場外につまみ出そうとする人がいなかったという不思議。
普通は舞台でタレントに話しかける女がいたら、
すぐ警備員がおさえつけ会場外につまみだすでしょう。
なんで舞台によじ上ろうとするまで、お話させてもらえたのかしら?(笑)

そしてロビーまでつまみだされたあとも、おかしかった。
警備の人が

最後まで見ていかれないんですか?

と言うんですよ。不思議ですね~。
さっきあんなことした女に、席に戻って大人しくコンサートを見るなら
見ても良い、というような感じでしたよ。

私はとにかく、滝沢秀明に対して持っている自分の疑いをはっきり
させたかったので、
「滝沢秀明と会わせろ。ふたりきりで会うのは嫌なので相方の今井翼も同席させろ」
と要求しましたが、まあ当たり前というか受け付けてもらえず。
しかし何だかんだと、夜7時50分頃まで、北海道厚生年金会館の
1階ソファで警備の人と水掛け論してましたね。

しかも面白かったのが、

警備の人はなかなか警察に通報しようとしなかった。

警察行くなら自分で行け、自分達は通報しない、という姿勢でした。
まあ、最後には、お客さんが全て帰ってしまった厚生年金会館ホールを
閉めるのに、「滝沢秀明と今井翼に会わせろ」と言って
居座って帰ろうとしない私を、仕方なく警察に電話して引き渡したのですが。
でもそれが午後7時50分頃でしたね。

ふつー、あんな風にコンサートの進行を邪魔する人間がいたら、
しかもロビーに引きずり出されたそのあとも、タレントにあわせろと
ごねて引き下がらない人間がいたら、面倒だからさっさと警察に来てもらう
もんじゃないですか?

↑といっても、警備の人は
そんなことありません
とおっしゃってました。なにそれ。絶対おかしいでしょ(笑)
私に対してやましいところがあるから、そんな態度だったんじゃないの?

何故コンサートが終わってお客さんが全て帰って会場を閉めなきゃならない、
そのギリギリの時間まで、私のことを警察に引き渡さなかったんでしょうかねえ。

警察に引き渡されてからもおかしかった。
札幌グランドホテル向かいの中央署に連れていかれたのですが、
生活安全課に連れていかれたものの、

事情聴取などは特にされず
荷物検査も身体検査も何もされず、身分証を見せてくれ、と
言われただけでした。

「滝沢秀明と今井翼の二人に会わせなさい」

という、警察の人にしてみればわけわからん主張を続ける私を、
今度はなぜか中央署1階のロビーに移して、そこの椅子に放置。
これ以上粘っても仕方ないかな、と思った私は、夜1時頃、
近くにどんなホテルがあるか警察の人に聞いて、警察署を出ました。

すごーい。どーしてこんな女が、事情聴取も特に受けずに
身柄を拘束もされずに解放されたのかしらー。
すごーい。

北海道公演は以上。