システム・用語(CPver1.1)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

システム

CPになり、根幹部分で少々変更がある
細かい変更点は変更点を参照のこと


オーバードライブ

バーストアイコンが100%のときに使用可能な自己強化。
キャンセル版と通常版があり、時間は前者の方が短い。
また、発動時の体力が少ないほど時間が長い。

ブレイクバースト

バーストアイコンが100%のときに使用可能。
以前より発生が早く、また衝撃は部分はDDの無敵やGPを貫通する。
バーストアイコンが一つになり、ODと共有かつ時間と被ダメで回復するようになった。

フェイタルカウンター

一部の技でカウンターをとるとfatal counterと表示される。
そのコンボがつながっている限り、相手の受身不能フレームが一定時間伸びる模様。
ジンの場合、5D と 氷連双(2段目最大溜め) でカウンターを取ると発生する。

アストラルヒート

ヒットすれば相手を一撃で葬り去る絶対無比な一撃必殺技。ただし発動には条件があり、
・自分がマッチポイント(次のラウンド取得で勝利)の状態。
・対戦相手の体力が35%以下。
・ヒートゲージが100%。
上記の条件をすべて満たすと自キャラのキャラクター顔アイコンが明滅し、発動可能となる。

新補正システム

本作はコンボ始動技によって受身不能時間の減少スピードが変わるようになった。
前作との違いは、コンボ中継技は受身不能時間の減少に関与しないということ。
具体的には技によって M<F<N<S という順番にコンボ可能時間が増えていく。
ちなみに、ジンにはSに設定されている技はない。というかラグナにしかない。

投げ関連

地上投げの間合いが全体的に狭くなった。
空中投げは相変わらずの広さ。

同技乗算補正

一度の連続技中に同じ技を二度以上使うと適用される補正のこと。
全ての技に設定されているわけではなく、補正値も技ごとに異なる。 
この補正は二回目以降ずっと補正がずっと続く。
今作から、ダメージではなく受身不能時間にのみ影響するようになった、
また、同技に1~3のレベルが付き、数値が高いほど受身不能時間の減少が大きい
さらに、同技成立時に青いヒットエフェクトとsame attack comboの表示が出るようになった