必殺技表

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



必殺技


通常必殺技

一部、ヒートゲージ25%使用技あり。

【氷翔剣】236 + A or B or C (空中可)

 氷剣を作り出し、相手に向かって打ち出す必殺技。
 全体硬直が長く、動作終了まで被CH判定となるため(空中版は着地硬直終了まで)半端な打ち方は厳禁。

 しかし性能は悪くないので、状況をよく見て活用したい。

 地上A
発生はやや遅く、弾速は標準的な性能。
全体動作が一番短く(それでも1秒ほどだが)、ガードさせることで微有利になる。
飛び道具の硬直差は距離が開けば有利Fが増加するが、発生が遅いため過信は禁物。
遠距離での牽制としてもそこそこに優秀で、「飛ばせて落とす」の基本。

 地上B
A版よりも素早く剣を打ち出し、弾速も早い。
遠距離での牽制や、固めのジャンプ移行動作に刺したりできる。
ただし全体硬直はA版より長いため、飛び込みには注意して使おう。

 地上C
最も発生が遅く、全体動作も長いが射出後の硬直が短い。
遠距離で生成して剣に重なるように接近したり、3Cでダウンさせた相手に重ねるように使う。

 空中A
下方80°程度の角度で氷剣を打ち出す。
主に相手の対空ずらしなどに使える。
射出後は着地まで行動不能かつ被CH扱いなので、相手の潜り込みには注意。

 空中B
下方45°程度の角度で氷剣を打ち出す。

 空中C
真横に向かって氷剣を打ち出す。
遠距離から低空で出すと避けにくい高さになる。

【吹雪】 623 + A or B

斜め上に向かって剣を振り上げる対空技。
発生の早いA吹雪と、動作途中から無敵を持つB吹雪をうまく使い分けよう。

 A吹雪
発生が早く(立Aと同じく6F)、画面斜め上を大きくカバーする対空技。
実は無敵がないため、引き付けすぎると潰されてしまうので反応できたら素早く出そう。
カウンターヒットすると、相手は長時間ダウン復帰不能になるため、
画面中央では凍牙氷刃、画面端では氷翼月鳴、霧槍 突晶撃や立Cで追撃が可能。

特に単発カウンターヒットからの凍牙氷刃は3000前後のダメージを出すため、大きなダメージソースになる。

 B吹雪
やや発生が遅く、先読みして置いておく対空技。動作途中から無敵が付加される。
カウンターヒット時はA吹雪と同様の追撃ができるが、画面端での低い位置でヒットすると通常ヒットでも追撃が出来る。
そのため、画面端では立Cから繋ぎ、再び立CやJBなどで拾うコンボパーツとしても優秀。

【裂氷】 623 + C

真上に剣を振り上げる対空技。
発生はやや遅く、上方向へのカバーは広いがその代りに横方向のリーチがかなり短い。
発生後まで無敵が続くため、相手の割り込みやリバーサル技としても優秀。
CH時は立CやJBなどから追撃することができる(ノーマルヒット時はRCしなければ追撃不可)。

アラクネの急速落下攻撃など、真上からの攻撃に対する貴重な対抗策。

【霧槍 尖晶斬】 214 + A or B or C (空中可)

氷の剣に乗り相手に向かって突進(霧槍)、BとCでは追加で斬り落ろしが発生する(尖晶斬)。
ガードされた場合、出の早い技で反撃が確定するので注意。特に二段目は直前ガードの定番。

 A霧槍 尖晶斬
氷の剣に乗り、相手に向かって画面半分ほど突進する、追加の斬撃はない。
移動技として投げの基本コンボに用いられる。
また、B、C霧槍 尖晶斬からのRCを用いた固めのフェイントなどにも使える。

B霧槍 尖晶斬
氷の剣に乗り、相手に向かって突進、更に相手を斬り落とす。
2段目は叩きつけダウン効果があるので、コンボの締めに使うと攻勢を維持できる。
ダウンした相手はすぐに緊急受身を取ることができるので、素早く立Bや投げを重ねるといい。
寝っぱなしの相手には屈B>立Cなどで追撃を。
前後移動受身を行う相手には様子見からダッシュで追いかけたり、前方受身には立Bを重ねることで受け身狩りが出来る。

ガード時はやや不利になる上、2段目を直前ガードされると手痛い反撃を受けることになるので注意。
この技は自動でジャンプ属性が付加されるため、RC後は空中ダッシュや2段ジャンプをすることができる。
RCからJB>屈B、着地屈B、ディレイ空中ダッシュJBなどで中下段の崩しを迫れる。

また、ヒット数が10ヒット(およその目安、コンボの時間や構成によって変化)を超えると2段目が連続ヒットしなくなる。

C霧槍 尖晶斬
B版よりもダメージと突進距離が増加。その代り発生はB版よりも遅くなり、通常のコンボでは繋がらない。
主にJDからの追撃や、遠距離での奇襲、空中での緊急脱出などに使われる。

【雪華塵】C連打

前方に向かって乱斬り、リーチは立Cより若干長い程度。ガードされてやや不利(距離が離れるので反撃は受けにくい)。
ボタンを連打している時間や回数でヒット数が変化し、4、6、8、10、12、14と2ヒット刻みで発生する。
主に前Aからの崩しや、N投げからコンボで使おう。
このとき8段目で相手がダウンするので、ダッシュ立Cや前Cから更に追撃できる。

ガード時は後続を直前ガードされやすいので注意。

ヒートゲージゲージ25%必殺技


【氷翔撃】 236+ D (空中可)

氷翔剣の強化版。
ヒット時に相手を凍結状態にする。
ゲージ25%が無い場合は自動的にC氷翔剣が出る。

地上 氷翔撃
3Hitする凍結効果を持つやや大きめの氷剣を打ち出す。
発生はA氷翔剣とほぼ同じ(2F遅い)、硬直はAより小さい。
ガードさせることでこちらに有利な状況を作れるので、中下段で相手を崩しにかかろう。

空中 氷翔撃
氷翔剣をABC版の3方向に同時に打ち出し、さらにそれぞれが凍結効果を持つ。
低空でガードさせるとこちらが有利、またGC値も低くはないので固めのパーツとして優秀。

【氷連双】 623 + D(二段目タメ可)

斬り上げから薙ぎ払いへ繋げる2段技、ボタンを離すと薙ぎ払いが発生する。
出始めに長い無敵を持ち、一段目は凍結効果、二段目にスライドダウン効果を持つ。
発生も割と早いので、割り込み技として十分な性能。
ただし一段目、二段目ともに足元への攻撃判定がない為、低姿勢でスカされることがある。
薙ぎ払いヒット後のスライドダウンは滑り終わるまで復帰不可、画面端ではダッシュ前Cなどで追撃しよう。

始動補正が120%とプラス補正なので、確定状況ではバンバン使っていきたい。
ちなみに二段目を溜める(80F以上)ことでガード不能技になる。
ゲージ25%がない場合は自動的に裂氷が出る。

【霧槍 突晶撃】 214 + D (空中可)

尖晶斬の一段目に凍結効果を付加した連続技。
二段目は相手を薙ぎ払い、壁際付近では追撃可能。
空中コンボから繋げることで、再び前Cなどからダメージアップできる。
また始動補正もかからないため、コンボの始動に持ってくることで大ダメージをとれる。

ゲージ25%がない場合は自動的にC霧槍 尖晶斬になる。 
レイチェルに対してのみヒートゲージゲージが切れるまで霧槍 突晶撃を連続で当てることができる。

ディストーションドライブ

ヒートゲージ50%使用。

【凍牙氷刃】 632146 + C

剣先から超冷凍の衝撃波を走らせるディストーションドライブ。
衝撃波は画面の端まで届き、さらに縦判定も1キャラ分ほどある。
ヒット時に相手はよろけ状態になり、距離が近ければ霧槍 尖晶斬や、ダッシュなどから追撃ができる。
無敵は殆ど無く、密着ではカスヒットしやすい。
テイガーの「スレッジハンマー」「スパークボルト」で消えない。飛び道具の貫通効果あり。

A吹雪のCHなどから画面場所を問わず追撃できるので、これは特にマスターしておきたい。
 

【氷翼月鳴】 632146 + D

氷の矢を打ち出し、ヒットした相手を氷漬けにする。
打ち出し角度は斜め上45°程度で、相手はバリアガード以外では防げない。
発生後まで無敵があり、威力も高く追撃可能だが、効果範囲が狭く、ガードされると長い硬直を晒すことになるので注意。

ヒット後はJB>JC(jc)JB>JCやJA>空投げ、氷翔撃で再凍結、霧槍 突晶撃で起き攻めなど。