通常技CS

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


技表

通常技

くせの無い技が多く、特にB系統の優秀さが目立つ
反面ややリーチに欠けるので中距離での牽制・差し合いは注意

立ち技

立A(5A)

その場で手刀。
連打ができ発生も早いが、打点が高く、しゃがみ状態の相手に当たらないので使いづらい。
ほぼ前作と同様。

立B(5B)

ハイキックから引き戻しの2段技。
一段目の判定が高めになり、空中の敵に当てやすくなった模様。
二段目の下方向への判定が縮小し、ダウンしている敵に当たらない。

立C(5C)

ユキアネサを背中越しに薙ぎ払う。
リーチはそこそこだが発生が早く、隙も小さい。
また、上下の判定にも優れる。主力牽制技のひとつ。

立D(5D)

前方に獅子の形をした氷を打ち出す。
リーチは長いが、ヒットしても25%技以外でキャンセルできない。
ヒット・ガード時はダッシュや必殺技でのキャンセルが可能。
ダッシュキャンセル後は微不利かつ被CH扱いなので、暴れには注意。

屈み技

屈A(2A)

背中越しに鞘で小突く。
連打キャンセル可能で、発生も早い方。
しかし、刻みすぎるとそのあとのコンボが受身を取られやすくなる。

屈B(2B)

足元を手刀で薙ぎ払う下段技。
発生、リーチ共にそこそこで使いやすい。
打点が低く、ダウンしている敵に当てて浮かせるのにも使える。

屈C(2C)

下からユキアネサを振り上げる。主に空中通常ガード不可を利用した置き対空や、コンボに使う。
必殺技・ジャンプキャンセル可能。しかし、ガードされるとジャンプキャンセルできない。
発生は少し遅め。フェイタルカウンター対応技。

屈D(2D)

ユキアネサを地面に突き刺し、1.5キャラほど離れたところに地面から氷剣を出現させる。
リーチの割に発生が速く、隙が少ない。
ガード・ヒット問わず引き戻す効果があり、有利も取れる。
牽制としてガンガン使っていける性能だが、空中ダッシュなどには注意。

ジャンプ系

JA

斜め下を鞘で突く。連打キャンセル可能。
発生が速く、上り対空や空対空など用途が広い。

JB

回転して袖で斬り裂く。
発生が遅いが、出てしまえばかなりの判定を誇る。

JC

新モーションに変更。横にユキアネサを振りぬく。
横にはかなりのリーチがあり、ほとんどの相手の空中技の間合いの外から攻撃可能。
発生も速く、使いやすいが縦方向の判定が薄い。
下段対空などには弱いので注意。

ジャンプ↓+C(J2C)

旧JC。ユキアネサを背中越しに、縦に振り抜く。
ジンの空中技の中では上下への判定が最も強く、飛び込む際の主力技やコンボなどに。
旧JCより判定が横に厚く、縦に薄い模様。

JD

空中で停止し、自分の周りに雪の結晶のような氷を張る。
発生は遅いが、全方向に判定が出るのでめくりにも使える。

特殊入力技

前A(6A)

鞘を回転させながら振り下ろす唯一の地上中段技。
ヒット時のみ投げ・必殺技でキャンセルできるので、常にコマンドを入れ込んでおこう。
逆にガードされた場合はRC以外でのフォローが効かないため注意。

前B(6B)

飛び蹴り。
空中に浮くので相手の投げをすかしつつ攻撃できる。

前C(6C)

ユキアネサを持ち替え、前進しつつ背中越しに振り抜く。
ヒット時に相手を吹き飛ばすため、屈Dやダッシュキャンセル立C、霧槍 突晶撃などで追撃できる。

前D(6D)

背中越しに氷の壁を発生させる。
発生は遅いが、ヒット・ガードでかなりの有利をとれる。
また、ガードプライマーを削る効果もある。

足払い(3C)

普通の足払い、リーチは若干長く、姿勢もやや低くなる。
ヒット後は屈B(2B)などで拾いなおしたり、起き攻めなどが可能。

通常投げ

地面から出現させた氷の槍で相手を怯ませ、凍結させて打ち上げる。

4投げ

通常投げとほぼ同じだが、距離が空き、2段技になっている。

空中投げ

相手を凍らせて放り投げる。

カウンターアサルト(CA)

立ちC(5C)のモーションで吹っ飛ばす。

BB(ブレイクバースト)

その場で停止し、回りに衝撃波を出す。