※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タロット


タロットとは

 遊戯や占いに使うカード。22枚の寓意画である大アルカナと、1~10までの数札と4種類の人物札からなる14枚×4組(計56枚)の小アルカナの計78枚からなる。エジプト起源説、ユダヤ起源説、インド起源説などがあるが、どれも信憑性にかける。小アルカナのマークであるカップ、コイン、ソード、ワンドが、エリンの秘宝や、それを取り込んだ『アーサー王物語』との関連を感じさせるため、15世紀のヨーロッパでつくられた遊戯用のカードが起源という説が、最も有力である。
 タロットは、そもそもが遊戯用のカードであったので、「占い用のカードであるタロットからトランプが派生した」というのは間違い。しかし、トランプの派生系のひとつとしてタロットが生まれ、そこから占い用と遊戯用に再度分化したことは考えられる。東欧などでは、今も、タロットとトランプの中間のようなカードが遊戯用に使われている。
 愚者は特別なカードであり、最近までは番号がふられていなかった。その特殊性から、最後までトランプに残り「ジョーカー」となったとも考えられる。しかし、このあたりの経緯は、今もって不明のままである。
 マルセイユ版をはじめとする初期のタロットカードでは、8番目のカードが「正義」11番目のカードが「力」であるが、「黄金の夜明け団」以降、ウェイト版をはじめとする最近のタロットカードでは8番目のカードが「力」11番目のカードが「正義」と逆転している。

大アルカナの意味と効果

0.愚者 1.魔術師 2.女教皇 3.女帝 4.皇帝

5.法皇 6.恋人 7.戦車 8.正義 9.隠者

10.運命の輪 11.力 12.吊られた男 13.死神 14.節制

15.悪魔 16.塔 17.星 18.月 19.太陽

20.審判 21.世界
※上記のタロットカードは、全てマルセイユ版のもの。

小アルカナ