―外国文学―

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

W・G・ゼーバルト『アウステルリッツ』
ドン・デリーロ『アンダーワールド』(絶版)
メルヴィル『白鯨』(青チンコは講談社文芸文庫版を薦める)
ユンチアン『ワイルドスワン』
蘭陵笑笑生『金瓶梅』(岩波版とカットシーンの中心の徳間版の両方で補完)
スタンリイ・エリン『倅の質問』(怖い)
アン・キャシディ『JJを探して』
アーヴィン・D・ヤーロム『ニーチェが泣くとき』
エミール・ハビービー『非楽観屋サイードの失踪にまつわる奇妙な出来事』
マーク・トウェイン『不思議な少年』
リチャード・バック『イリュージョン』
ウンベルト・エーコ『薔薇の名前』
ブルスィヒ『ピッチサイドの男』
サン・テグジュペリ『南方郵便機』『夜間飛行』『人間の土地』
サマセット・モーム『雨』(短編集収録)
カミュ『シーシュポスの神話』
アゴタクリストフ『悪童日記』
T・ゴーチェ『死霊の恋』(ラノベ好きなら)
アレクサンドル デュマ『モンテ・クリスト伯』『巌窟王』
コクトー『恐るべき子供たち』
ブルガーコフ『悪魔物語』
アーサー・マッケン『夢の丘』
スタニスワフ・レム『捜査』
E・T・A・ホフマン『砂男』(ホフマン短編集)
クライスト『ペンテジレーア』
アンドレ・ジッド『田園交響楽』
ゲーテ『ファウスト』
カルヴィーノ『冬の夜ひとりの旅人が』
ドフトエフスキー『貧しき人々』『カラマーゾフの兄弟』(亀山郁夫訳が読みやすい)『地下室の手記』(猛毒)
ヘミングウェイ『キリマンジャロの雪』『老人と海』
トルストイ『人生論』『アンナ・カレーニナ』
ヘルマンヘッセ『荒野の狼』『デミアン』
F・カフカ『変身』『審判』『ある流刑地の話』
スタニスワフ・レム『捜査』(カフカが好きなら)
リラダン『未来のイヴ』
ゴーゴリ『外套・鼻』
E・T・A・ホフマン『砂男』
ツヴェタン・トドロフ『幻想文学』(ホフマンが好きなら)
イアン・マキューアン『贖罪』
ミシェル・トゥルニエ『魔王』
アレッサンドロ・バリッコ 『海の上のピアニスト』(映画をみてグッときた人はどうぞ)
シーブーラバー『罪との闘い』(1930年代の、タイの文学)
残雪『廊下に植えた林檎の木』
ミシェル・ビュトール『心変わり』
カルロス・フエンテス『アウラ・純な魂』
リチャード フラナガン『姿なきテロリスト』『グールド魚類画帖』
リュドミラ・ウリツカヤ『通訳ダニエルシュタイン』(上)(下)
アラスター・グレイ『哀れなるものたち』
ジャック・ルーボー『麗しのオルタンス』
ブノワ・デュトゥールトゥル『幼女と煙草』
ジェイムズ・ジョイス『若い芸術家の肖像』
最終更新:2009年12月28日 17:21
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。