※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【献血日】2007年5月/2008年6月/2009年7月

【休憩室】結構広め。大きな楕円形のテーブルが1台とその半分の大きさのテーブルが
     2台、壁際に細長いテーブルがある。大型のテレビも1台ある。
     ロッカーは100円入れなければならないので面倒(後に返却される)
     トイレは休憩室脇のドアから入っていくような形でとてもきれい。

【本 等】若干古いマンガが多いながらも、本棚いっぱいにある。
     雑誌も別のラックにあるが新聞は見当たらなかった。
     DVDは机に置いてある目録で確認し、ベッド手前のラックから受け取る形。

【お菓子】クッキーや煎餅の類が待合室奥(=窓際)の一角に置いてあり、
     勝手に持っていくようになっている。

【処遇品】千葉県内では水、木曜日限定の成分献血キャンペーンを実施中。
     今回はシャープペン。
     成分献血の処遇品は月替わり。2008年6月は携帯用箸(ケンケツちゃんマーク入り)

【ベッド】公式ページによると14台。テレビとDVDの視聴ができる。
     DVDのソフトは採血室入り口の小さなボックスに入っている。

【混雑具合】平日だったがそこそこ人がいて、問診・検査終了後
      実際に採血を開始するまで10分近く待たされた。

【備 考】JR・東武・京成の船橋駅から直結しているため立地はとても良い。
     JRと京成を結ぶ歩道橋上で献血のお願いをしていることが多い。
     施設も比較的新しくてきれい。7階にあるので休憩室からの眺めもそこそこ。
     看護師さんたちの対応も良い。

     連絡通路から上層階に行けるエスカレーターがあるが、7階まで行けません。
     ルームが目的の場合、東側(船橋西武がある方向)にあるエレベーターで7階へ。
     旅券事務所など県の出張所が入っている部屋の前を通って行ってください。

     以前は水晶玉占いなどのイベントも行われていました。
     フェイスに行く前に、公式ページに目を通しておいた方が良いかも知れません。

     ロッカーは100円を入れるタイプです。

     近くから自転車で来る場合、フェイスビルに地下駐輪場があります。
     地下鉄に入るような出入り口があちこちにありますので分かりやすいはずです。
     (ただし出入り時の操作が独特なので、警備員さんに教えてもらいましょう。)
     90分まで無料です。成分献血だとそれ以上かかってしまうので、100円が必要です。

   公式ページ:http://www.chiba.bc.jrc.or.jp/rooms/face/
   船橋Faceビル:http://funabashi-face.jp/ (ルームは7階です。)
最終更新:2017年05月09日 22:56