不等式2

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

連立不等式の解を数直線上に表す.

#ref error :ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (title=)

inequality2.zip

  • 画面上に線分AB,点C,D,線分EF,GH,点K,Lをとる.
Addax(0);
Listplot([A,B]);
Setpen(3);
//線の太さを指定する.
Listplot([C,D]);
Setpen(1);
Setcolor([0.8,0,0,0]);
Listplot([E,F]);
Listplot([G,H]);
Circledata([K,C],["Rng=[pi/2,pi]"]);
Circledata([L,D],["Rng=[0,pi/2]"]);
//中心,通る点,角を指定して円弧を描く.
Setcolor("black");
Pointdata("1",C,[0,"Size=10"]);
Pointdata("2",D,["Size=10"]);
//点を描く.
//オプションで0とすると白丸になる.
Letter([C,"nw2","$-2$",D,"ne2","$3$",B,"e","$x$",F,"e","$(1)$",H,"w","$(2)$"]);
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|