2次不等式

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2次不等式の解(1)

#ref error :ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (title=)

quadraticinequality1.zip

// Cindy画面で点Aをとる
Plotdata("1","(x-A.x)^2+A.y","x");
// Aを頂点とする放物線を描く:gr1
// Cindy画面でx軸上の左右に点B,Cをとる
Listplot("1",[B,C]);
// x軸に重なる線分を描く:sg1
tmp1=Intersectcrvs("gr1","sg1");
println(tmp1);
// gr1とsg1との交点を求め,画面に表示させる
Defvar("pt1",tmp1_1);
Defvar("pt2",tmp1_2);
// Scilabでも用いる点のデータとして設定する
Partcrv("1",B,pt1,"sg1",["dr,3"]);
Partcrv("2",pt2,C,"sg1",["dr,3"]);
// 交点の両側の半直線を指定し,太さ3で描く
// 交点を結ぶ線分を太くするには,これらの代わりに下のように書く
// Partcrv("1",pt1,pt2,"sg1",["dr,3"])
Htickmark([pt1.x,"s1w","\alpha"]);
Htickmark([pt2.x,"se","\beta"]);
// 交点のx座標として目盛り\alpha,\betaを記入する
Drwxy();
// 先に軸を描く
Setpt(5);
// 点の大きさを指定する
Drwpt("pt1,pt2,0");
// 2点\alpha,\betaを白抜きにする
// 黒丸は最後の0を1にする(または取る)

=============================================
2次不等式の解(2)

#ref error :ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (title=)

quadraticinequality2.zip

Partcrv("1",B,pt1,"sg1",["dr,3"]);
Partcrv("2",pt2,C,"sg1",["dr,3"]);
// ここまでは上記と同じ
Htickmark([pt1,"sw2",text(A.x)+"-\sqrt{"+text(-A.y)+"}"]);
Htickmark([pt2,"se1",text(A.x)+"+\sqrt{"+text(-A.y)+"}"]);
// 点Aの変化に応じて交点を自動で表示
// A(1,-2)のときは以下と同じ
// Htickmark([pt1,"sw2","1-\sqrt{2}"]);
// Htickmark([pt2,"se1","1+\sqrt{2}"]);
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|