対数関数のグラフ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

0.5 < x ≦ 4 の範囲で y=log_2 x のグラフを描く.

#ref error :ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (title=)

loggraph.zip

Defvar("a=0.5");
Defvar("b=4");
Defvar("c=NE.x");
Deffun("f(x)",["regional(y)","y=log(x)/log(2)","y"]);
// 定数 a,b,c と関数 f(x) を定義する.
Plotdata("1","f(x)","x=[0.01,a]",["Num=200","da"]);
Plotdata("2","f(x)","x=[a,b]",["Num=200","dr"]);
Plotdata("3","f(x)","x=[b,c]",["Num=200","da"]);
// 関数 y=f(x) のグラフを描く.定義域の外は破線で描く.
Listplot("1",[ [a,0],[a,f(a)],[0,f(a)] ],["do"]);
Listplot("2",[ [b,0],[b,f(b)],[0,f(b)] ],["do"]);
Htickmark([a,"n",text(a),b,"s",text(b)]);
Vtickmark([f(a),"w",text(f(a)),f(b),"w",text(f(b))]);
Expr([[1,0],"s1e-2","1"]);
// 点の座標がわかるように点線を描いて座標を書く.
Ptsize(5);
Drawpoint([ [a,f(a)],0]);
Drawpoint([ [b,f(b)] ]);
// 定義域に入らない端点は白抜きで,定義域に入る端点は黒く点を描く.
Expr([A,"c","y=\log_2 x"]);
// 点A の位置に関数の式を書く.
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル