y=tan xのグラフ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

$y=\tan x$のグラフを作成する.

#ref error :ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (title=)

tangent-graph.zip

Setax([7,"se"]);
// 座標軸の原点の位置を南東"se"に変更する
// 注)座標軸の設定は,デフォルトで,1は軸の形が"l"(ライン),2は横軸名が"x",3は横軸名の位置が"e",4は縦軸名が"y",5は縦軸名の位置が"n",6が原点名が"O",7が原点名の位置が"sw"
Addax(1);
// 座標軸を描く
Setcolor([1,0,0,0]);
// 線の色をcmykで(1,0,0,0)にする(cyan=1)
Plotdata("1","sin(x)","x",["N=200"]);
// $y=\sin x$のグラフを作成
// 注)オプションは,グラフの節点の個数"N="
Setcolor([0,0,0,1]);
// 線の色をcmykで(0,0,0,1)にする(key plate=black=1)
Plotdata("2","2*sin(x)","x",["N=200"]);
Plotdata("3","sin(2*x)","x",["N=200","dr,1.5"]);
// 関数$y=2\sin x$と$y=\sin 2x$のグラフを作成
x1=pi/2;
y1=2*sin(x1);
y2=sin(x1);
Listplot("1",[ [x1,0],[x1,y1],[0,y1] ],["do"]);
Listplot("2",[ [0,y2],[x1,y2] ],["do"]);
// x1,y1,y2を定義し,座標指示線を点線"do"で作成
Expr([A,"s","y=\sin x",B,"n","y=2\sin x",C,"n","y=\sin 2x"]);
// 基準点Aの南"s"に数式$y=\sin x$,基準点Bの北"n"に数式$y=2\sin x$,基準点Cの北"n"に数式$y=\sin 2x$をそれぞれ書く
Htickmark([pi/2,"sw","\frac{\pi}{2}",pi,"ne2","\pi",2*pi,"nw","2\pi"]);
Vtickmark([1,"w","1",2,"w","2"]);
// 横軸と縦軸の座標をそれぞれ書く
//(注)"ne2"は基準点から北へ1倍,東へ2倍移動した位置の意味
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|