今回のパッチは、本作の優れたオンラインマルチプレイヤー「Legends」の改善を目的としたものであることに注目してください。発売直後、サッカーパンチは「Ghost of Tsushima」にマルチモードを追加し、最近では対戦に特化した無料のDLC「群雄」で拡張しました。

このアプデの実装により、古くからのマルチファンは、刺客の闇討ちが早くなったなど、いくつかの改善点に気づくでしょう。全体的には、各キャラクターのクラスやアイテムの機能について、多くの修正やバランス調整が行われています。

ゴースト オブ ツシマ アップデート2.12 パッチノート

九死と群雄では、敵のスポーンポイントがランダム化され、新しい試合ごとに変化するようになりました。

ただし、「百鬼九死」では、リーダーボードでの対戦成績を公平にするため、1週間を通して固定のスポーンパターンが維持されます。

百鬼奇譚では、毎週「行禅の巻物」と「鬼の宝箱」のスポーン位置が固定されるようになりました。

九死と群雄において、敵をすべて倒した後にウェーブの発生が止まることがあるというバグを修正しました。

九死と群雄で、敵の攻撃が止まってしまうことがあるバグを修正しました。

百鬼九死と百鬼奇譚に、最大4人で遊ぶ野良に空き枠が出た場合のその空枠を埋めるためのマッチメイク機能を追加しました。

今のところ、この機能はテスト中で、ゲームバランスを崩さないように監視していますが、皆さんのフィードバックによっては将来的に削除するかもしれません。

ロビーの詳細表示画面で、装備した装具の両方の特技が表示されるように調整しました。

役目の強さの調整

刺客
闇討ちの基本速度が上がりました。闇討がより速く、より静かになりました。
手練れを削除しました。新たなテクニック「Deft Hands」に変更しました。
一部の刺客の技ツリーの順序構成を調整しました。
闇烏のターゲットを調整しました。
闇鳥が闇討ちの威力に応じてわずかに威力が増加するようになりました。
闇鳥が発動している間、刺客は敵から見えなくなります。

弓取
よろめき矢
クールダウンを短縮しました(55秒→42秒)。
影分身
クールダウンを短縮(55秒→42秒)

劫火の剣
クールダウンの増加(36秒→50秒
強攻撃(△)時に近くの敵に広がる炎のダメージ量を減少させました。
効果時間を短縮 (20秒→11秒)

血吸いの剣
効果時間を増加(11秒→15秒

破裂剣
効果時間を増加(11秒→15秒
破裂剣で爆発が起こらない場合がある不具合を修正しました。

牢人
(注意:下記のアイテム調整により、侍と刺客の役目の装備できる腰袋(禁制の火薬)は最大6個に制限されていますが、牢人は最大12個の腰袋の容量が維持されます)

装具の性能の調整

士魂の水
気力回復の最大値が3から2に減少しました。

浮遊の弓
矢を番える速さが大幅に向上しました。
引き絞りの速さが向上しました。
矢の速度が向上しました。
火矢の最大数を増加しました。

腰袋と禁制の火薬
侍と刺客が装備すると、腰袋の総弾数が減少します(12発→6発)。

矢形の霧
体力回復効果がアップしました。

火焔玉
火焔玉を煙玉と同時に使用した際の持続時間に関するバグを修正しました。
爆風に巻き込まれた敵を倒さなくなりました。

その他のバグ修正
群雄で、試合開始前にスタートゲートを通過できてしまうバグを修正
スタンドアロン版Legendsを使用しているプレイヤーがディレクターズカットのセーブデータを持っている場合にエラーが発生する問題を修正しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これ以上「Ghost of Tsushima」のDLCが登場する可能性は低いでしょう。壱岐島のようなサイドストーリーを作る余地があるのは確かですが、Sucker Punch社はおそらく次の大きなプロジェクトに移っているのでしょう。GoT』の評価と商業的な成功を考えると、何らかの続編が作られる可能性は高いでしょう。その一方で、Sly RaccoonやinFamousの再開発や新作の可能性についても噂されています。
最終更新:2021年11月05日 11:50