PSL編

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




通常

お仕事

お仕事スタート!
どんな仕事も手を抜きません
声をかける
やる気Lv1~3 アイドルの仕事って、奥が深いです。ひとりでできると思ってたのに、そうじゃないんだな…って。
やる気Lv4 早くトップアイドルになって、母や弟を支えられるようにならなくちゃ…行ってきます!
完了
ノーマル お疲れさまです。仕事のほうは普通に終わらせましたよ?もっと難しいことにも挑戦したいです。
グッド 今日はちょっと大変な仕事でしたけど、やりがいはありました。次もよろしくお願いします。
ベスト 今日の仕事…素直に楽しかったです。その…プロデューサーさんのおかげですよね。ありがとう…。






第2シーズンユニット「クレシェンドブルー」


概要

+...
メンバー
  • 箱崎星梨花(CV:麻倉もも)
  • 最上静香(CV:田所あずさ)←リーダー
  • 北上麗花(CV:平山笑美)
  • 野々原茜(CV:小笠原早紀)
  • 北沢志保(CV:雨宮天)

期間
  • 7月29日(火)~

公式ブログ記事

レッスンに超集中したいPV

+...
アイドルマスター ミリオンライブ!「プラチナスターライブ編」シーズン2紹介PV
若本兄貴 今回の、アイドルマスターミリオンライブは……この2チームゥ!
「クレシェンドブルー」!
レッスンに超集中したい志保と、チーム内の調和を頑なに守りたい静香が……激突ッ!
最上静香 でも、そういう言い方って無いんじゃない!?
若本兄貴 そしてェ……「エターナルハーモニー」!
群れるの事のない信念を貫くジュリアを横目に、リーダーとしての自らの存在感に激しく動揺する千早ァ!
如月千早 私は……リーダーをやめます……
若本兄貴 果たして……プラチナスターライブの膜は開くのか?!
全員 アイドルマスターミリオンライブ!
若本兄貴 2014年7月29日、シーズン2解禁ッ!
ストーリーも毎週更新。プロデューサー諸君、今すぐアクセスゥ!


劇場トップ台詞

+...

北沢台詞抜粋

絡み台詞
箱崎星梨花 かわいいマスコットですね!なんて名前ですか?
北沢志保 こ、これは…その…、名前なんてないわ。
北上麗花 志保ちゃんはしっかり者さんで、すごいな♪
北沢志保 別に。麗花さんがうっかり者なだけです。
野々原茜 お、しほりんのつけてるマスコット、ネコちゃんだね!
北沢志保 …そうだけど。
野々原茜 志保ちゃん!プリンほしい?ねえ、プリンほしい?
北沢志保 …今は、別に。
動員数50万突破
最上静香 すごい…、もう50万人突破なの!?
北沢志保 ここで立ち止まるわけにはいかない…。


朝の挨拶(7時~)
北沢志保 おはようございます。いつでもレッスン、始められますよ。
昼の挨拶
北沢志保 次の仕事ですね。…準備はできてます。
夜の挨拶
北沢志保 プロデュ-サ-さん、忙しそうですね。体だけは壊さないでください。

→其の他全員分の台詞

+...
絡み台詞(星梨花→)
箱崎星梨花 静香さんって、本当のお姉さんみたいです♪
最上静香 ふふっ♪星梨花みたいな妹なら、大歓迎よ!
箱崎星梨花 大きな声で歌うには、どうしたらいいですか?
北上麗花 まずはリラックスかな。大きく深呼吸して…ス-!ハ-!
箱崎星梨花 今度、部屋の掃除をお手伝いしに行きますね。
北上麗花 ありがとう!星梨花ちゃん大好きっ、ぎゅっ♪
箱崎星梨花 かわいいマスコットですね!なんて名前ですか?
北沢志保 こ、これは…その…、名前なんてないわ。

絡み台詞(うどん→)
最上静香 ちょっと、野々原さん!片付け手伝いなさい!
野々原茜 モガミンはすぐ怒るところが若いのう…。

絡み台詞(麗花さん→)
北上麗花 静香ちゃん、私と一緒の髪型にしてみない?
最上静香 麗花さんの髪型…、一度やってみたいです。
北上麗花 志保ちゃんはしっかり者さんで、すごいな♪
北沢志保 別に。麗花さんがうっかり者なだけです。

絡み台詞(茜ちゃん→)
野々原茜 ここだけの話、麗花ちゃんって天然なの?
北上麗花 この髪のこと?天然パ-マじゃないと思うな♪
野々原茜 モガミン、しほりん、茜ちゃんの話聞いてる!?
箱崎星梨花 あっ、わたしは、ちゃんと聞いてますよ。
野々原茜 お、しほりんのつけてるマスコット、ネコちゃんだね!
北沢志保 …そうだけど。
野々原茜 志保ちゃん!プリンほしい?ねえ、プリンほしい?
北沢志保 …今は、別に。

30万人突破
野々原茜 ジャジャ-ン!なんと…30万人突破だよ!
最上静香 この調子を維持していきましょう!
動員数80万突破
最上静香 80万人突破ですか。目標まであと一息ですね。
北上麗花 いっそのこと800万人目指しちゃいましょう!
動員数100万突破
箱崎星梨花 静香さん、すごいです!100万人突破です!
最上静香 星梨花とみ~んなが頑張ったからだよ!

朝の挨拶(7時~)
箱崎星梨花 プロデュ-サ-さん、元気ですか?わたしはすっごく元気です♪
最上静香 プロデュ-サ-、おはようございます!さぁ、シャキッとお仕事いきましょう!
北上麗花 おはようございます!今日も私、ぽかぽか元気ですよ!ふふっ♪
野々宮茜 おっはよ。プロちゃんは朝早いね。茜ちゃんはもう一眠り…はっ!
北沢志保 おはようございます。いつでもレッスン、始められますよ。
昼の挨拶
箱崎星梨花 お昼休憩は紅茶で一息です。プロデュ-サ-さんの分も入れますね。
最上静香 疲れた時はきつねうどんがオススメです。甘いおあげで疲労回復!
北上麗花 おっひる、おっひる~♪いっぱい運動したので、いっぱい食べます!
野々宮茜 お、重役出勤ですかな、プロちゃん?茜ちゃんと気が合うねえ!
北沢志保 次の仕事ですね。…準備はできてます。
夜の挨拶
箱崎星梨花 お疲れさまです、プロデュ-サ-さん!わたしも、もうすこし頑張ります。
最上静香 明日のためにも、今日のノルマはしっかりと終わらせなくちゃ…。
北上麗花 大丈夫です、もうちょっとだけ頑張れ…ま、すー…すやすや。
野々宮茜 茜ちゃんの主な活動時間は夜!なぜなら寝坊しちゃったから!
北沢志保 プロデュ-サ-さん、忙しそうですね。体だけは壊さないでください。



ライブ開始

+...
北沢志保
未熟でも、不合格でも…私の全力を、このライブにぶつけます。後悔だけは、したくないから。


楽曲変更時

+...
北沢志保
Vo どんな曲でも、練習すれば問題ありません。
Da ダンスが目立つ曲ですね…レッスン、増やさないと。
Vi 歌詞の登場人物に成りきれば、歌えそうです。
PSL期間終了後
自分のソロ曲選択時
ふふ…この曲なら、誰にも負けませんよ?


動員数突破

+...
最上静香
やっと目標の半分…ですか。まだまだですね。ここから一層、気を引き締めていきましょう。100万人に、私達の歌を届けるために…!




ストーリー

+...

[第0話]目指せ、100万人ライブ!

+...
目指せ、100万人ライブ!
社長 …うぉっほん!!君、まずは、先日のプラチナスタ-ライブ、大成功おめでとう!!765プロライブ劇場、始まって以来の大盛況となったようだ
P ありがとうございますっ!!スタッフ達の尽力やファンの応援…、それに、アイドル達が普段以上の力を発揮してくれたからこその成功だと思っています。
社長 うむ、この調子で、アイドル達と二人三脚…いや、五十一人五十二脚かな…?それとも、私と音無君を入れて、五十三人五十四脚かな…?
…とにかく、そんな感じで、劇場の発展に努めてもらいたい
…ところで、今日ここに君を呼んだ理由だが…。
実は、プラチナスタ-ライブの第二弾が決まったんだ!今回のライブ用に、また新しく2組のユニットを選出し、そのユニットが中心となる形でライブを開催したいと思っている。
ユニットは、それぞれ、最上静香君がリ-ダ-の「クレシェンドブル-」と、如月千早君がリ-ダ-の「エタ-ナルハ-モニ-」…となる予定だ。
もちろん、プロデュ-スは、第一弾同様、君に一任したいと思っているが…。引き受けてくれるかね?
P はい、もちろんです!!
社長 いい返事が聞けて、うれしいよ!第一弾は観客の皆さんにも、大好評だったようだから、是非とも、第一弾をしのぐライブを、頼んだよ!
P (うっ…前回のプラチナスタ-ライブをしのぐライブ、か…。ハ-ドルが上がっているような…)
社長 もちろん、今回も、目指すは動員100万人のミリオンライブ!だ。第一弾を成功に導いた君なら、今回もきっと達成できると信じている。
今回の2ユニットのリ-ダ-となるアイドルは、別室に呼んである。ユニットの結成とそれぞれがリ-ダ-に選出されたことは、君の口から、彼女達に伝えてくれたまえ。
P はい!!

最上静香 …プロデュ-サ-が時間に遅れるのって…、どうなんですか?
如月千早 プロデュ-サ-、用があるのなら、手短にお願いします。予定していたボイストレ-ニングが、まだ残っているので。
P う…ご、ごめん…。社長とのミ-ティングが長引いてしまって…。
最上静香 …はぁ、大人って、自分では全然約束を守らないんだから。
如月千早 時間の変更があるなら、事前に言っていただければと。
P (…なるほど、今回のリ-ダ-は…)
(…自由な子だらけのル-キ-アイドルの中で、最近はリ-ダ-シップを発揮することが多くなってきた静香と…)
(…劇場随一…、いや、世界にすら通用するかもしれない、抜群の歌唱力を誇る千早…)
(…ふたりとも、すごい人材だ。…俺が遅刻などしていたら、愛想を尽かされてしまうかもしれないな。気をつけよう)
最上静香 …それで、用事ってなんなんですか、プロデュ-サ-。私達、それを聞きにきたんですけど。
P ああ、そうだったな。…実はお前達ふたりには、プラチナスタ-ライブ第二弾のユニットリ-ダ-を任せたいと思っている!…引き受けてくれるか?
如月千早 プラチナスタ-ライブ…!その、第二弾のユニットのリ-ダ-を私達に…ですか?
P ああ、そうだ。前回は、響がリ-ダ-のユニット「レジェンドデイズ」と、未来がリ-ダ-のユニット「乙女スト-ム!」を中心とする形になったが…。
P 今回のライブでは、お前達の率いるユニット…、静香の「クレシェンドブル-」と千早の「エターナルハ-モニ-」がメインとなって、ライブをまとめ上げていくこととなる。
最上静香 「クレシェンドブル-」…!わ、私がユニットのリ-ダ-…!?
如月千早 「エタ-ナルハ-モニ-」…ですか。…ですが、プロデュ-サ-、私がリ-ダ-というのは…。
不安もあるだろうが、社長にも考えがあって、お前達にユニットを任せることを決めたんだろう。
それに、俺自身も、見てみたいと思っている。お前達の作り上げるユニットを…。そして、前回よりも更に輝きを増したプラチナスタ-ライブ2ndシ-ズンを!
如月千早 …すみません、プロデュ-サ-。私は、不安です…。最上さんはともかく、私は、リ-ダ-という器では…。
最上静香 …千早さん、一緒にやりましょう!プラチナスタ-ライブ!
如月千早 …!最上さん…?
最上静香 私は、千早さんと一緒に、プラチナスタ-ライブっていう大舞台を作り上げられる事、すごく光栄だって思っています。
最上静香 歌もパフォ-マンスも、千早さんは私の憧れだから…。千早さんのそばで、勉強させてください!
如月千早 最上さん…。
P …静香にここまで言われたら、引き受けないわけにはいかないんじゃないか、千早?
如月千早 …そうですね。不安がなくなったわけでは、ありませんが…。後ろ向きな考えは、やめにします。
…プロデュ-サ-。私でよければ、リ-ダ-、やらせてください。
最上静香 千早さん…!やった!
P よく言ってくれたぞ、千早!
如月千早 最上さんも…、期待にそえるかどうかはわからないけれど…よろしくね。
最上静香 はい!…それから、私のことは、静香って呼んでください!
如月千早 …わかったわ、静香。プラチナスタ-ライブに、私達の全力を尽くしましょう!
P …よし、じゃあ、両ユニットとも、めでたくリ-ダ-が決まったところで…。
これから2ヶ月間、大変なこともあると思うが、力を合わせれば、きっと乗り越えられる。…100万人ライブ目指して、みんなで頑張ろう!
静香&千早 はい!
P (…ふぅ、なんとか、第一関門は突破、というところか。千早がリ-ダ-を引き受けてくれなかったら、困ってしまっていたが…。静香の熱い気持ちに、助けられたな)
(「クレシェンドブル-」と「エタ-ナルハ-モニ-」、どちらも、アイドルとしての高みへと挑戦できる、スケ-ルの大きなユニットになりそうだ…!)
(前回のプラチナスタ-ライブは、なんとかうまくいったが…。今回もまた、大変な毎日になるんだろう…)
(千早、静香…そして、ユニットの他のメンバ-のためにも、今回のプラチナスタ-ライブも、絶対に成功させよう!…目指せ、100万人ライブ、だな!)


[第1話]「クレシェンドブルー」始動!

+...
「クレシェンドブルー」始動!
P (さあ、今日は「クレシェンドブル-」の第一回ミ-ティングだ!5人で集まることによって、どんな化学反応が起こるのか…。楽しみだな!)
野々原茜 じゃじゃーん!!新しい朝だね、プロちゃん!!プラチナスタ-ライブに向けて、新しく生まれ変わった茜ちゃん、プロちゃんの元に、降臨ー!!
箱崎星梨花 あっ、プロデュ-サ-さん、茜さん、おはようございます!今日は、新ユニットのミ-ティング、とっても楽しみにしてきました♪
野々原茜 そうそう、今日はミ-ティングなんでしょ?茜ちゃんがリ-ダ-の新ユニット、「プリティ-ニャンニャンズ」のね♪
箱崎星梨花 あれっ?新ユニットのリ-ダ-って、茜さんでしたっけ…?ユニット名も、聞いていたのとちょっと違う気が…。
最上静香 ちょっと、野々原さん!星梨花は純粋なんだから、嘘八百を教えこまないで!
星梨花、新ユニットの名前は、「クレシェンドブル-」。リ-ダ-は、不肖、この私…。
箱崎星梨花 うーん…?プロデュ-サ-さん、茜さんと静香さん、どっちが正しいんでしょう?
P そうだな…。

クレシェンドブル-

+...
P もちろん、静香がリ-ダ-の「クレシェンドブル-」が正解だ。
最上静香 そうよ、星梨花。間違えないでね。
箱崎星梨花 そうなんですね、わかりました♪教えてくれて、ありがとうございます。
北上麗花 3人とも、楽しそうだね~♪コントの練習かな?
野々原茜 麗花ちゃん、おっはよ~♪そうだね、コントみたいなものかな♪
最上静香 全然、違うでしょ!
北上麗花 うふふっ、やっぱりコントだったみたいですね♪プロデュ-サ-さん♪
私、今日は、着ていこうと思ってた服が見つからなくて、家を出るのがちょっと遅くなっちゃったんですけど…なんとか時間には間に合ったみたいですね。
最上静香 そうですね。…あとは、志保が来れば、ミ-ティングを始められます。
北沢志保 …私は、ここにいますけど。
箱崎星梨花 志保さん…!
野々原茜 おおっ、その気配の消し方…。しほりん、さては、ジャパニ-ズニンジャの末裔か…!?
北沢志保 ………………??
野々原茜 …し、しほりん!?しほりんナンデ!?…ツッコんでくれないと、茜ちゃん寂しくて死んじゃうけど…いいの?
最上静香 志保…。もしかして、さっきからずっとここにいたの?だったら、声をかけてくれれば…。
北沢志保 今のやりとりを見てると、そうすればよかったって思うわ。 …ミ-ティング、早くやらないの?
最上静香 …や、やるけど…。…それじゃ…始めますね、プロデュ-サ-。
P あ、ああ、そうだな…。
箱崎星梨花 プロデュ-サ-さん、志保さん、怒ってるみたいです。私達が、無駄話ばかり、しちゃってたからでしょうか…。
P うーん…。怒っているというほどでも、ない気はするが…。
北上麗花 今までのコントは、単なるウォ-ミングアップだったんですよね?じゃあ、ミ-ティング、始めることにしましょうか♪
野々原茜 はいは~い♪茜ちゃんの準備はいつでもOKでーす♪
箱崎星梨花 …あ、あの、よろしくお願いします!
最上静香 …それじゃあ…、まず、最初の議題はセットリストですけど…。
P (志保の態度には、みんなも一瞬戸惑ったようだったが…。その後は、何事もなく、ミ-ティングは進んだ)
(静香も、自分から進んで、リ-ダ-の役割を果たそうとしてくれているようだし…。できたばかりのユニットとしては、滑り出しは順調…かな)
(…ただ、いろいろと気にかかることもある。…これからも、注意深く、見守っていくこととしよう)


茜がリ-ダ-の「プリティ-ニャンニャンズ」だ!

+...
最上静香 せ、星梨花!私よ、私!!野々原さんのは、ただの冗談よ、冗談。
野々原茜 ありゃ~、モガミン、ごめんね~?茜ちゃんがリ-ダ-っていう説が真に迫りすぎてたかも~♪
最上静香 はぁ…。プロデュ-サ-まで、野々原さんと一緒になって星梨花を混乱させようとするんだから…。
P ごめん、つい…。星梨花、一応言っておくが、さっきのは冗談で、正解は、静香がリ-ダ-の「クレシェンドブル-」だからな。
箱崎星梨花 そうなんですね、わかりました♪教えてくれて、ありがとうございます。
北上麗花 3人とも、楽しそうだね~♪コントの練習かな?
野々原茜 麗花ちゃん、おっはよ~♪そうだね、コントみたいなものかな♪
最上静香 全然、違うでしょ!
北上麗花 うふふっ、やっぱりコントだったみたいですね♪プロデュ-サ-さん♪
私、今日は、着ていこうと思ってた服が見つからなくて、家を出るのがちょっと遅くなっちゃったんですけど…なんとか時間には間に合ったみたいですね。
最上静香 そうですね。…あとは、志保が来れば、ミ-ティングを始められます。
北沢志保 …私は、ここにいますけど。
箱崎星梨花 志保さん…!
野々原茜 おおっ、その気配の消し方…。しほりん、さては、ジャパニ-ズニンジャの末裔か…!?
北沢志保 ………………??
野々原茜 …し、しほりん!?しほりんナンデ!?…ツッコんでくれないと、茜ちゃん寂しくて死んじゃうけど…いいの?
最上静香 志保…。もしかして、さっきからずっとここにいたの?だったら、声をかけてくれれば…。
北沢志保 今のやりとりを見てると、そうすればよかったって思うわ。 …ミ-ティング、早くやらないの?
最上静香 …や、やるけど…。…それじゃ…始めますね、プロデュ-サ-。
P あ、ああ、そうだな…。
箱崎星梨花 プロデュ-サ-さん、志保さん、怒ってるみたいです。私達が、無駄話ばかり、しちゃってたからでしょうか…。
P うーん…。怒っているというほどでも、ない気はするが…。
北上麗花 今までのコントは、単なるウォ-ミングアップだったんですよね?じゃあ、ミ-ティング、始めることにしましょうか♪
野々原茜 はいは~い♪茜ちゃんの準備はいつでもOKでーす♪
箱崎星梨花 …あ、あの、よろしくお願いします!
最上静香 …それじゃあ…、まず、最初の議題はセットリストですけど…。
P (志保の態度には、みんなも一瞬戸惑ったようだったが…。その後は、何事もなく、ミ-ティングは進んだ)
(静香も、自分から進んで、リ-ダ-の役割を果たそうとしてくれているようだし…。できたばかりのユニットとしては、滑り出しは順調…かな)
(…ただ、いろいろと気にかかることもある。…これからも、注意深く、見守っていくこととしよう)


[第2話]そういう言い方って…!

+...
そういう言い方って…!
P (さて、「クレシェンドブル-」の全体練習は…。なかなかいい感じに進行しているみたいだな。静香も、リ-ダ-シップを発揮して、みんなをよくまとめているようだ)
北上麗花 右、左、右、ここでーキメっ♪ふわー、カッコいい振り付けになりそうですね♪あっ…私の横のスペ-スが寂しい気がするんですけど、プロデュ-サ-さんも、踊っちゃいませんか?
P いや…、俺が踊ったら、さすがに、おかしいだろう。
野々原茜 そんな時はー!?…ジャジャ-ン!!呼ばれて飛びでる茜ちゃんだよ!茜ちゃんのラストの振り付けをアレンジして、こう、茜ちゃんの魅力を全面に押し出す感じに…。
最上静香 ダ-メ-でーす!みんなで相談して決めたものを勝手に変更しない!
野々原茜 ええ~っ!モガミンのい~け~ず~!ちょっとだけならいいんじゃな~い?ホラ、この茜ちゃんのかわいさに免じて~?
最上静香 …さてと、そろそろ6時ね。じゃあ、みんな、今日はこのあたりで解散にしましょうか。
箱崎星梨花 はい!おつかれさまでした!
北上麗花 お疲れさまでした♪今日もレッスン、頑張っちゃいましたね♪
野々原茜 …あれっ?茜ちゃんスル-されてないよね?プロちゃん、茜ちゃんスル-されてないよね?
北沢志保 …私は、残って練習していくから。
最上静香 そうなの?でも、志保は、振り付けもよく頭に入ってるほうだと思うけど…。
北沢志保 …「ほう」って、何?
最上静香 えっ…?
北沢志保 5人の中で比べて、振り付けが頭に入ってる「ほう」だったら、もう練習しなくてよくなるの?
最上静香 そ…そんなこと、言ってないじゃない。確かに、みんなもっと練習したほうがいいっていうのは、わかるけど…。
北沢志保 …今日だけじゃない、毎回毎回、時間が来たらすぐにレッスンを切り上げて…これって、習い事なの?
箱崎星梨花 志保さん、それは……。あ、あのっ、わたし…。
最上静香 …志保、言いたいことはわかるし、私も、これから気をつける。でも、そういう言い方ってないんじゃない?
箱崎星梨花 静香さん、あの…!
北沢志保 …プロデュ-サ-さん、私、違う部屋でレッスンしますから。
P あ…ああ…。
北沢志保 では、失礼します。
最上静香 志保…。
箱崎星梨花 …うぅ…。
P (う…、マズイな。ユニットの空気が、よくない方向に行きかけている…)
北上麗花 プロデュ-サ-さん、私、楽しみにしているドラマがあるので、とりあえず今日は帰りますね。茜ちゃんも、一緒に帰ろうねー♪
野々原茜 うにゃ~ん♪茜ちゃん、麗花ちゃんにならお持ち帰りされちゃってもいいかにゃ~♪
箱崎星梨花 あっ、あの、すみませんっ、私も帰ります!
最上静香 うん。星梨花、麗花さん、野々原さん、気をつけて。
野々原茜 カワイイ茜ちゃんが悪い人達に誘拐されないように、祈っててね、モガミン、プロちゃん!…んでは、サラバだ~!
最上静香 ……。…行っちゃいましたね。
P ああ。静香は、帰らないのか。
最上静香 私は、その…。…残ってちゃ、ダメですか?
P いや、ダメなんて、言っていないだろう…。…さっきのことで、悩んでるんじゃないのか。
最上静香 ……。ああいう時、なんて言えばよかったんでしょうか。もっと練習したほうがいいっていうのは、正論かもしれない…。で、でも…!!
P …うーん、難しい問題だな。決まった答えがあるわけじゃないから、静香が静香なりの答えを見つけるしか、ないのかもしれない。
最上静香 …決まった答えがあるわけじゃない、ですか。…気休めに適当なアドバイスされるよりは、マシな答えですね。
…ありがとうございました、プロデュ-サ-。どうしたらいいのか、私なりに考えてみます。
P ああ。静香ならきっと、「クレシェンドブル-」を支えるリ-ダ-になれるはずだ!


[第3話]リーダーの秘策

+...
リーダーの秘策
P (今日は「クレシェンドブル-」の練習だな。前回の練習ではいろいろあったから、それが尾を引いていなければいいが…)
最上静香 …だから、こういうフォ-メ-ションにしようと思うんだけど…。
箱崎星梨花 はい!がんばって覚えますね。えっと、こういう風に出てきて、それで…、クルッとして…。
北沢志保 …………。
最上静香 えっと…志保はどうかな?
北沢志保 別に、異論は。…どうしていちいち私に聞くの?
最上静香 それは…。決めるところから参加してもらいたいと思って…。
北沢志保 …私は、参加してると思うけど。どちらかというと、あの人達のほうが…。
野々原茜 「プリティ-ニャンニャンズ」の衣装、こんなのはどう?茜ちゃん、衣装デザインの才能もあるからな~。
北上麗花 わぁ~カワイイ衣装♪でも、こうするともっとカワイイかも…。おヒゲをつけて~、マユゲをぐるぐるぐる~♪
野々原茜 …ん?んん~?茜ちゃんならギリギリ着こなせるかもしれないけど、み、みんなはどうかな~?茜ちゃん、若干心配だぞ~?
北上麗花 茜ちゃんにはスッゴク似合うと思うな~♪あっ、ここにもリボンつけちゃえ~!ほっぺは、ポチっと赤くして~。うふっ♪どうですか、プロデュ-サ-さん?
野々原茜 麗花ちゃん、これ、歴史の教科書の落書きみたいになっちゃってるけど…。…って、これ、茜ちゃんが着るの~?
北沢志保 …………っ!
P (志保の肩が震えている…。もしかして…)

怒っているのか?

+...
P 志保…怒っているのか?
北沢志保 …い、いえ…!すみません。…休憩が終わるまで、向こうにいますので。
P わ、わかった…。練習に戻る時には呼ぶよ。
最上静香 休憩時間ってワケじゃ、なかったんですけど…。
P うん…。志保も、わかっていて言っているような気はするな。
箱崎星梨花 うぅ…ごめんなさい…。
最上静香 えっ、なんで、星梨花があやまるの?星梨花は何も悪くないじゃない。
箱崎星梨花 でも、私が歌も振り付けもうまくできないから、嫌われちゃってるのかもしれません…。
最上静香 星梨花…。…プロデュ-サ-、早めになんとかしないといけないような気がしてきました。…でも、どうしよう…?
……あっ、そうだ……。プロデュ-サ-、私に考えがあります。今度、麗花さんと野々原さんと私の3人で会える機会を作ってもらえませんか?
P 静香と麗花と茜の3人、だな。…その、麗花と茜も不真面目ってワケじゃないから、お手柔らかに頼むぞ。
最上静香 …はぁ?何言ってるんですか、プロデュ-サ-!?別に、私、ふたりを呼びつけて、お説教がしたいわけでは…。
P そ、そうなのか。俺は、てっきり…。
最上静香 もう…。とにかく、ちゃんとよろしくお願いしますね!
P (静香の要望で、静香と麗花と茜で話し合う機会を作ることになった。ふたりに説教をするわけではないらしいが…。うーん、どうなることか…)


笑っているのか?

+...
P 志保…笑っているのか?
北沢志保 ……え?な、なんですか、急に!わ、私が笑ってるわけ…!
P …いや、そうだよな。ごめん…。
北沢志保 …いえ、別に。プロデュ-サ-さんが悪いわけではありませんから…。
…すみません、休憩が終わるまで向こうにいます。練習再開する時に呼んでください。
P わ、わかった…。練習に戻る時には呼ぶよ。
最上静香 休憩時間ってワケじゃ、なかったんですけど…。
P うん…。志保も、わかっていて言っているような気はするな。
箱崎星梨花 うぅ…ごめんなさい…。
最上静香 えっ、なんで、星梨花があやまるの?星梨花は何も悪くないじゃない。
箱崎星梨花 でも、私が歌も振り付けもうまくできないから、嫌われちゃってるのかもしれません…。
最上静香 星梨花…。…プロデュ-サ-、早めになんとかしないといけないような気がしてきました。…でも、どうしよう…?
……あっ、そうだ……。プロデュ-サ-、私に考えがあります。今度、麗花さんと野々原さんと私の3人で会える機会を作ってもらえませんか?
P 静香と麗花と茜の3人、だな。…その、麗花と茜も不真面目ってワケじゃないから、お手柔らかに頼むぞ。
最上静香 …はぁ?何言ってるんですか、プロデュ-サ-!?別に、私、ふたりを呼びつけて、お説教がしたいわけでは…。
P そ、そうなのか。俺は、てっきり…。
最上静香 もう…。とにかく、ちゃんとよろしくお願いしますね!
P (静香の要望で、静香と麗花と茜で話し合う機会を作ることになった。ふたりに説教をするわけではないらしいが…。うーん、どうなることか…)



[第4話]夏祭り大会議!

+...
夏祭り大会議!
P (今日は、静香の希望で、麗花と茜と静香の3人でミ-ティングをすることになった!)
北上麗花 ドドンがドン!ってタイコのリズムを聞いてると、楽しくなってきちゃいますね♪
今流れてるナントカ音頭、飛び入りで歌っちゃおうかな?
P 飛び入りで歌う、か…。みんなびっくりするだろうけど、祭りだし、聞いてみるだけ聞いてみても、いいかもしれないな。
野々原茜 プロちゃんプロちゃん、レインボ-アイスだよ!いつも頑張ってる茜ちゃんへのごほうびに、プロちゃんがアイスを買ってあげたいって思うのは、ごくごく自然なことだよね♪
P ま、まあ、ひとり1個ずつなら…。
最上静香 …………。プロデュ-サ-、なんで私達、夏祭りに来てるんでしょうか?
P え?それは、静香がみんなとミ-ティングをしたいって言うから…。
最上静香 これの、ど・こ・が・ミ-ティングなんですか!みんなでお祭りに来てるだけじゃないですか!
北上麗花 静香ちゃん、ごめんね。どうせみんなで集まるなら、お祭りに行きたいですって、私が主張しちゃったから~。
最上静香 もう…麗花さんが言い出したことだったんですね…。
北上麗花 やっぱり、ダメだったかな…?私、茜ちゃんと一緒に、謝罪の盆踊りをするので、これで許してほしいな。ソ-レ、ヨイヨイヨイ♪
野々原茜 はにゃっ!?うにゃっ!?れ、麗花ちゃん、茜ちゃんを操るのはやめて~っ!!
最上静香 謝罪の盆踊りって、一体なんなんですか、もう…。…はぁ、もういいです。怒る気が失せました。
最上静香 …私が麗花さんと野々原さんにお願いしたいことって、まさに、それですから。
北上麗花 それ?それって、盆踊りのこと?
野々原茜 茜ちゃんの華麗なるダンスかな~?
最上静香 そうじゃなくて…。実は、志保を脱力させてほしいんです。ふたりのその、ユルっとしたパワ-で。
野々原茜 脱力?いいけど、茜ちゃん、ユルっとしてるように見せかけて、キメる時はビシっとキメるタイプだよ?
北上麗花 茜ちゃん、こしょこしょこしょこしょ…。
野々原茜 うにゃにゃにゃにゃ~っ!!麗花ちゃん、ギブ!!これ以上茜ちゃんのカラダをいいようにするのは、やめて~!!
北上麗花 それで…脱力って、志保ちゃんにも盆踊りをしてもらって、リラックスさせる、ってこと?
最上静香 えっ?志保に盆踊りさせるんですか、方法はお任せしますけど、別にそういうことじゃなくて…。
…志保の真面目にやりたいって気持ちはわかるけど…やっぱり、もう少しみんなと仲良くしたほうがいいと思うんです。
だから…、麗花さんと野々原さんで志保を笑わせて、脱力させれば、志保も、もう少し打ち解けた雰囲気になるんじゃないかって…。
野々原茜 なるほど~。モガミン、すごい事考えるね~。
最上静香 の、野々原さんに頼むのは、私としては不本意なんだけど…。
野々原茜 んん~?そんな事言っていいのかな~?頼りがいのある茜ちゃんに、そんな事言っていいのかな~?
P それで、ふたりとも、引き受けてくれるか?ちょっと他に例がない頼みごとになってしまったが…。
北上麗花 もちろんです♪志保ちゃんを笑わせるなんて、おとぎ話みたいで、燃えてきました!
野々原茜 茜ちゃんは高いオンナだよ~?プリン一年分くらいだよ~?でも、モガミンの頼みなら、特別に引き受けてあげちゃう!
最上静香 ふたりとも…!…あ、ありがとう…!
北上麗花 どういたしまして♪ユニットのことをちゃんと考えてる静香ちゃんはえらいね。ナデナデ…。
最上静香 な、ナデナデ…?…うぅ、なんか、照れくさい…。
野々原茜 麗花ちゃん、もうひとり!忘れてるよ!!重大な使命を引き受けることを決めた、茜ちゃんという少女の存在、忘れてないかな~?
北上麗花 はいはい、茜ちゃんも、ナデナデ♪
野々原茜 ごろごろごろ…。うーん、これはついでに、プロちゃんにもナデナデされたくなってきたぞ~?プロちゃん、今だ、カモ~ン!
北上麗花 茜ちゃんって、扱いやすくて、大好きです♪
P うん…?今の麗花のセリフは、聞かなかったことにしておこう。
(麗花と茜に、志保を笑わせるように頼むとは…。静香も、面白いことを考えるんだな)
(この前の様子だと、志保を笑わせるのは、相当ハ-ドルが高い気がするが…。うーん、麗花と茜の健闘を祈ろう!)

[第5話]扉の向こうの、異空間

+...
扉の向こうの、異空間
P (今日は「クレシェンドブル-」の全体練習だ。みんな、いつものレッスンスタジオで練習をしているハズだが…なんだか、異様な空気をドアの向こうから感じる。いやな予感がするな……)
ガチャ
P おーい、みんな。練習は進んでいるか…?
北上麗花 いぇーい!ぷっぷかプリンの肺活量が大きいほう、北上麗花です♪
野々原茜 ジャジャ-ン!ぷっぷかプリンのウザカワイイほう、茜ちゃんだよ!
麗花&茜 「クレシェンドブル-」のみんなーっ、おはぷり~っ!
バタン!
P (…………。今のは、一体、なんだったんだ…?)
(…いや、見間違いだろう。きっとみんなは、いつものレッスンスタジオで、ライブに向けての準備に勤しんでいるはず…。…よし!)
ガチャ
野々原茜 ねえねえ聞いてよ麗花ちゃん、茜ちゃんまた街角でアイドルにスカウトされちゃったんだけどさ。
北上麗花 なんでやねーん!
野々原茜 えっ、そこツッコむとこ!?ツッコむとこかな麗花ちゃん!?茜ちゃん、現役アイドルだし、スカウトされることには何の疑問もないよねー!?
バタン!
P (…………。茜、麗花、今度は何をやらかしているんだ…!?…いや、冷静になろう。冷静に状況を見極めないと)
ガチャ
北上麗花 私の部屋には、片方の靴下だけを吸い込むブラックホ-ルがあるんですけど、なんと、最近、ホワイトホ-ルも発見されたんです…!
野々原茜 ブラックホ-ルはなんかわかるけど…、ホワイトホ-ルは、どこにあったの?
北上麗花 それが、冷蔵庫の中に…。
最上静香 …………。
箱崎星梨花 ……?…………??………………。……ピ----------……。
北沢志保 …………。
P (ま、まずい…。麗花と茜のコント…?のようなもののせいで、星梨花がフリ-ズしている…。志保は肩をふるわせている…)
(静香は冷静なように見えるが…。…もしかして、これは、静香がこの前言っていた、志保を笑わせる作戦…なのか?)
北沢志保 …………。
P (う…だが…。この志保の様子…。笑わせる作戦が成功しているようには、見えない…)
静香…、作戦は、そろそろ中止したほうがいいんじゃないか?
最上静香 で、でも、志保、肩をふるわせてるし、もしかしたら、笑っているのかも…。
P ううん…どうだろう…。
北上麗花 では、お次の話題は、「レントゲン検査」~!
北沢志保 ……いい加減にして。
最上静香 志保…。
箱崎星梨花 …し、志保さん…。
北上麗花 あらら…。
野々原茜 …う、うにゃ…。
北沢志保 どういうつもりで、こんなことしてるのか、わからないけど、もしかして、今日はもう練習する気、ないの?
最上静香 ……っ!そういうわけじゃ…!?ただ、私は、志保がみんなと仲良くなれるようにって…!
北沢志保 …あなたが仕組んだことなの?
最上静香 …………。
北沢志保 …マトモな人は、ひとりもいないの!
…すみません。帰ります。
最上静香 志保…っ!…志保、ごめんなさい…。
箱崎星梨花 静香さん…。…うぅ、プロデュ-サ-さん、どうしたら…。
P うーん…、これは、こじれてしまったみたいだな…。今回は、さすがに…。

静香は悪くない

+...
P …静香が悪いんじゃないぞ。志保や、みんなのためを思ってやったことだ。うまくいかなくても、あまり、気にするな。
最上静香 …気にするなって言われても…。私が台無しにしちゃったのに、気にしないでいられるわけ、ないじゃないですか…。
…でも、そう言ってくれて、ありがとうございます。…正直、ちょっとキツイですね。わりとへこんでるかも…。
箱崎星梨花 静香さん、私が志保さんに嫌われちゃってるから、いろいろ考えてくれて…。ありがとうございます。…ごめんなさい…。
最上静香 星梨花が気にすることなんて、全然ない!…志保のことは、どうすればいいのか、もう一度考えてみるから。
箱崎星梨花 静香さん…。
P (志保…。次の全体練習にも、ちゃんと来てくれるだろうか。ちょっと、心配だな…)


静香が悪い

+...
P 今回は、静香が悪いな。志保の気持ちを考えてなさすぎだ。
最上静香 はい…。
野々原茜 プロちゃん、モガミンを責めないで!失敗しちゃった茜ちゃんが全部悪いんだよ!
北上麗花 私も楽しかったけど、志保ちゃんの感性にはピピッと来なかったかもって反省してます。
最上静香 野々原さん、麗花さん…。
箱崎星梨花 静香さん、私が志保さんに嫌われちゃってるから、いろいろ考えてくれて…。ありがとうございます。…ごめんなさい…。
最上静香 星梨花が気にすることなんて、全然ない!…志保のことは、どうすればいいのか、もう一度考えてみるから。
箱崎星梨花 静香さん…。
P (志保…。次の全体練習にも、ちゃんと来てくれるだろうか。ちょっと、心配だな…)



[第6話]決裂、そして…

+...
決裂、そして…
P (今日は「クレシェンドブル-」の全体練習だが…。俺は志保とふたりでいる)
(志保から、全体練習の欠席連絡と、今後について話し合いたいというメ-ルをもらって、急遽、会うことにしたんだが…)
北沢志保 …………。
P 志保、ジュ-ス買ってきたけど、飲むか?
北沢志保 …ありがとうございます。
P (う~ん、気まずい…。志保が何を言おうとしているのか、手にとるようにわかるぞ…)
…それで、今後について話し合いたいってことだったけど…。
北沢志保 …はい、「クレシェンドブル-」をやめさせていただきたいと思っています。本番を控えたタイミングで、申し訳ないですけど。
P (志保、やっぱりそうか…。しかし、俺の成すべき事は明確だ)
理由を聞いてもかまわないか?
北沢志保 …言わないと、ダメですか?
P ああ。この際だ、今志保が思っている事を、全部俺にぶちまけてくれ。
北沢志保 …みんな、アイドルに本気じゃないって思ったからです。習い事感覚で、楽しくできればいいと思ってる人達と、本気のステ-ジは作れません。
P なるほど。やっぱりお前は、本当に真摯だ。うん…いつだって、そうだよな。俺としても、最大限その真剣な気持ちを受け止めたいと思ってる。でも…。
…少なくとも、ひとつ誤解は解かせてほしい。これから、「クレシェンドブル-」の練習に向かおう。
北沢志保 …気が進みません。
P 陰から見てるだけでいいよ。それならいいだろう?
北沢志保 …はい…。
P …よし、もうそろそろ6時だな。みんなが帰り支度を始める頃だ。
北沢志保 みんなが予定通り帰るところを見せて、一体どうしたいんですか?理解できないんですけど…。
P まあ、いいから、見ていてくれ。
箱崎星梨花 …静香さん、今日も…ごめんなさい。わたしは、帰りますね。
最上静香 うん。今日も門限、間に合いそう?
箱崎星梨花 はい!静香さんのおかげで、ばっちり、間に合いそうです!パパも、静香さんとプロデュ-サ-さんには感謝してるって言って……。
…あの、わたし、志保さんのことが心配で…。プロデュ-サ-さんは、しばらく待ってみてほしいって言ってましたけど…。
静香さんがいつも、練習を早く切り上げてくれるのも、わたしに門限があるからなのに、志保さんには、誤解されちゃってそうで…。
北沢志保 家庭の事情、だったんですね。…私が、口を挟むような事じゃなかったのかも…。
…家族と過ごす時間は、大切なもの…。アイドルとしての活動と、同じくらいに…それは、私にもわかる気が、する…。
P なんというか…、父さんが家庭にいないお前にこんな事を知らせるのは、酷かもしれない、と思った。それは静香も同じ気持ちでさ。
星梨花の門限の事を言えば、話題は自然と家庭の事になってしまうだろう。…静香もその辺いろいろあるから、痛いほどに気をまわしてしまうんだ。
静香はこう言っていたよ。「軽々しく触れられたくない事は、誰にでもあるんですから!」って…。みんなの事を考えた末、ああなったんだ。…でも、隠し事をするのは、違ったな。
北沢志保 …………。
箱崎星梨花 …わたし、やっぱり、今度志保さんにお話してみます。誤解されたままじゃ、いけないと思うんです。
最上静香 星梨花…。あまり、星梨花にそういう心配をかけさせたくなかったんだけど…。志保に誤解されたままよりは、そのほうがいいのかもね…。
でも、それなら私が言うわ。今度、志保と話してみる。元々、私がヘンにそのことを隠そうとしたから、志保に誤解されちゃったんだし。
箱崎星梨花 静香さん…。でも、それは、静香さんがわたしをかばおうとしてくれてたからで…。うぅ、私…いろいろと…。
最上静香 いいの、それくらい!それに、志保の事もそうだけど、万一お父様に誤解されて、星梨花がアイドルを続けられなくなったら、私…。…だから、門限は絶対守らなきゃ!
箱崎星梨花 わかりました…。すみません、帰ります…。あ、あの…静香さん、ありがとうございます!
最上静香 うん!また明日ね。
北沢志保 …………。
P そんなわけなんだ。志保、不信感を抱かせてしまって、すまない…。でも、ユニットをやめる件は、もう一度考えなおしてほしいと思っている。
もちろん、練習時間が限られている事にかわりはないが…逆に、こんな風に考えてみないか?「限られた時間内でも、全力を尽くせば、結果も出せる!」一緒に証明してみないか?
北沢志保 …プロデュ-サ-さん、すみません。今日は帰ります。
P ああ。家でもゆっくり、考えてみてくれ。…俺もみんなも、志保の事を待っているからな。


[第7話]志保と静香

+...
志保と静香
P (さっきの広告打ち合わせ、充実していた!やはり前回のプラチナスタ-ライブは、各方面で話題になっていたようだ。第二回も、前回に負けないくらい盛り上げていこう!)
(そのために…志保と静香に話し合いをしてもらう事にした。静香は「ふたりで大丈夫!」なんて言っていたが、少し心配だから、こうして陰から見守っているわけだ)
最上静香 ……怒って……ってる……、…………だけでも…………。
(志保が怒こっているのは分かってる、だけど話だけでも聞いてもらえないかと思って。)
北沢志保 ……いわ、話し……。
(いいわ、話して)
P (いざとなったら俺が出て行って場を収めるつもりだが…、がんばれよ、ふたりとも…!)
最上静香 …星梨花のご両親は、練習で帰りが遅くなることについては一応理解してくれたんだけど、心配そうで…遅くなるなら、お父さんが車で迎えに来るって言うの。
…さすがに、2ヶ月ずっとそれはさせられないなって思って、星梨花と相談して、練習はできるだけ6時に切り上げることになったの…。
…それを、ちゃんと話しておきたくて。…もちろん、それだけじゃなくて、他のことでも志保を怒らせてるって自覚しているけど。
北沢志保 …それは、ちょっと前に聞いてた。
最上静香 …えっ?…星梨花から?
北沢志保 ううん、プロデュ-サ-さんから。誤解は解いておきたいって。
最上静香 そ、そうだったんだ…。
北沢志保 …誤解もあったけど、……わ、……「私達は、アミ-ゴかい?」……な、なんちゃって…。
最上静香 えっ…?アミ-ゴ?
北沢志保 か、解説させる気…?一応…アミ-ゴかい、と誤解をかけてみたんだけど。……うぅっ、スベったわね。こういうの、好きかと思ったんだけど…。
最上静香 え?えっと…。なにを言ってるの…?
北沢志保 …わ、私…諦めないわ。もう一回、チャンスをちょうだい!…よしっ……、「下手なコ-ラスでお客さんをおコ-ラス!」……どう?
最上静香 …えっ??
北沢志保 …やっぱり、ダメだったか……。
最上静香 志保…今の、もしかして、ギャグってこと?
北沢志保 そうよ…。麗花さん達もこんな感じのこと言ってたから、参考にしたの。…じゃあ、「素うどんを吸うどん」…とか?
最上静香 素うどん…?…ぷっ…ふふふふっ…。あははっ!志保…。もしかして、私を笑わせようと、ギャグを言ってみたの?
北沢志保 …………え、ええ。
最上静香 あはは…っ!ギャグが面白いっていうか、志保が面白くて…ふふっ。
北沢志保 …そんなにヘンだった?も、もうやめる!…もう一生、ギャグなんか…!
最上静香 そんなに面白いのに、もったいないわ!…それ、星梨花達の前でも言ってあげて。きっとみんなびっくりすると思うから。
次の練習で、きっとね。
北沢志保 次の練習…うん、一回休んじゃったけど、みんなが許してくれるなら…。
一度、みんなに謝らなきゃ。……もちろん、静香にも。…ごめんなさい、静香…。いろんな事情も、知らずに…。
最上静香 許してほしいのは、こっちのほうよ。私達、これからはもっともっと努力して、志保に愛想尽かされないようにするから。
北沢志保 …ありがとう、静香。私…私は、みんなとうまくやっていけるかな?
最上静香 当たり前でしょ!みんな、志保が帰ってくるのを待ってる。志保の真剣なところは、みんなちゃんとわかってるし、尊敬してる!
…だから…。またみんなで一緒に頑張ろう。「クレシェンドブル-」のみんなで、プラチナスタ-ライブを絶対に成功させようっ!
北沢志保 わかったわ。…私、今からできる最大限の事を、やってみせる。静香、よろしくね。
最上静香 うんっ!
P (志保と静香の間に、かつてないほど良い雰囲気が流れている。なんというか…ふたりとも、成長したな!)
(志保と静香のふたりがそろえば、もう「クレシェンドブル-」にこわいものはない!次回練習でみんなが見せてくれるものには、期待できそうだ)


[第8話]プラチナスターライブ!!

+...
プラチナスターライブ!!
P (さて、いよいよ本番当日だ。志保が戻ってきてからは、パフォ-マンスの質もぐんぐん向上していた「クレシェンドブル-」だ。きっと本番でも、やってくれるだろう!)
(さて…リハの様子は、と…)
最上静香 …お疲れさまです、プロデュ-サ-。
P おっ、みんな、おかえり!リハ-サルはどうだった?
箱崎星梨花 …ごめんなさい、プロデュ-サ-さん。失敗しちゃいました。
P そ、そうか…。
北上麗花 ちょっとだけ、から回っちゃうというか…う~ん、ステ-ジって奥が深いな~…。
箱崎星梨花 …やっぱりわたしの門限のせいで練習時間が少なかったから…ですよね?ごめんなさい……。
最上静香 プロデュ-サ-、星梨花は悪くないです!私がリ-ダ-として、もっとしっかりしていれば…。
P ちょ、ちょっと待て待て!まだリハ-サルで失敗しただけだろ?そんなに悲観的になるなよ。
最上静香 でも…!
北沢志保 静香、星梨花…大丈夫よ。たしかにさっきは失敗してしまったけど、本番はまだ終わってないわ。
その…星梨花は真剣に練習していたし、静香はリ-ダ-として頑張っていた。それはまぎれもない事実だから…自分を、信じていいと思う。
最上静香 志保……。
野々原茜 お~っ!プロちゃん、見た見た!?見たよね~~~~っ!?しほりんがデレながらフォロ-なんかしちゃってるよ!
…茜ちゃん、小さなミラクルを目撃しちゃったよ。生きてて良かったなぁ……。ね、プロちゃん?
北沢志保 ちょ…そこまで言うことないじゃないですか!
わ、私だって、みんなに迷惑をかけた自覚はあるんですから…。だから、せめてふたりを私なりに、はげまそうと…。
北上麗花 ふふ…志保ちゃんのプチミラクル。略してシホチクル-だね♪
北沢志保 なんですか、それ!?
最上静香 ぷっ……ふふふ……。
箱崎星梨花 し、静香さん…笑っちゃダメですよ…ふふふ。あははははっ!
北沢志保 ふたりも笑いすぎっ!
P (ははっ…茜と麗花のおかげで場の空気も和んだな。みんな、冷静になってきたみたいだ)
よし、諦めるのは早いぞ。みんな!本番まで、まだ時間はあるんだ。ライブを成功させるためにできることはひとつ…。

ダジャレを言う

+...
P よし、ここは俺が一つ、気合いを入れてやろう!…「みんな、頑張ってくれシェンド!」
全員 ………………。
P ……つまりだな、みんなに頑張ってくれ、という俺の気持ちと、お前たちのユニット名「クレシェンドブル-」をかけた、という事だ…、な、なんだよみんな。面白いだろう?
北沢志保 真面目にやってください。
P うっ…場をさらに和ませてみようかと思ったんだけど。…志保、そんな冷たい目で見ないでくれ。
野々原茜 …プロちゃん…今の、なかなか凄まじいね。茜ちゃん、鳥肌立っちゃったよ!うん、いい意味で!いい意味でね!
北上麗花 あははははっ…!プロデュ-サ-さん、面白いですっ!あはっ、あははっ!…あれ?どうしたの、みんな?…ぷふぅっ!
箱崎星梨花 ……?えーっと、よくわからないですけど…「なんでやねーん!」これで、いいですか?
最上静香 はぁ、プロデュ-サ-がバシッと決めてくれるかと思ったのに、もう…。やっぱり頼りになるのか、よくわからない人……。
北沢志保 …まったくだわ。ここは、静香にしっかりしてもらうしかないみたいね。お願い、静香。
箱崎星梨花 リ-ダ-、ファイトですっ!
野々原茜 茜ちゃんも、モガミンの熱いかけ声を待ってるのだよ?ほれ、さぁさぁ、ほれほれ~♪
最上静香 みんな……。うん、わかったわ!
もう一度だけ、全員で合わせる練習をしましょう。私達なら、きっと成功できる。
「クレシェンドブル-」は、他のユニットにも負けない、最高のメンバ-だから!
全員 はいっ!
P (静香もずいぶんと頼もしくなったな。それに、志保も…。あのふたり、いい組み合わせになったものだ)
(みんななら、きっと本番で必ずミラクルを起こせるさ。頑張れよ…「クレシェンドブル-」!)


本番まで練習する

+...
最上静香 練習…そうですね。みんなも、それでいい?
箱崎星梨花 はいっ!わたしも次は失敗しないように一生懸命、練習しますっ!
野々原茜 どうやら茜ちゃんが本気を出す時が来たみたいだね!何が起こるか、茜ちゃんにもちょっとわっかんないな~?
北上麗花 みんな、本番は、山の頂上から飛び降りるつもりで、頑張りましょう♪
北沢志保 ふふっ…麗花さんの例えはよくわかりませんけど、やれることは全部やっておきたいです。…みんなと。
P うん…いい雰囲気だ。今のみんなだったら、きっと本番では大成功できるはずだ!
「クレシェンドブル-」が大きなミラクルを起こすって、信じているからな!最後まで諦めずに頑張ろう。
全員 はいっ!よろしくお願いします!
最上静香 よーしっ!みんな、行くよ~っ!「ミラクル起こせ…!」
全員 「クレシェンドブル-ッ!!」



[第9話]クレシェンドプール!

+...
クレシェンドプール!
野々原茜 いやっほ~!輝く太陽!輝く汗!そして仕事ばかりで寂しいプロちゃんの夏の思い出に彩りを添えるのは、茜ちゃんとユカイな仲間達♪
プ-ルで茜ちゃん達と遊べるなんてプロちゃん、幸せ者だな~♪これでもう、プロちゃんも思い残すことはないよね。
P 縁起でもないこと言うなよ…。
箱崎星梨花 プロデュ-サ-さん。今日はプ-ルにわたし達を誘ってくれて、ありがとうございます!
P みんなはプラチナスタ-ライブの本番で、最高のパフォ-マンスを見せてくれたからな。
おかげでライブも大成功に終わったし、今日はそのごほうびだよ。
北上麗花 プロデュ-サ-さんもふたりも、おしゃべりはおしまい♪早く着替えて、泳ぎましょう!よいしょっと…。
最上静香 れ、麗花さん!?こんな場所で平然と脱ごうとしないで下さい!向こうにロッカ-ル-ムがありますから!
…プロデュ-サ-も、じろじろ見ないで下さい!
P じろじろなんて見てないぞ!?
野々原茜 おや?もしや茜ちゃんがちょっと目立ってない感じ?これ、茜ちゃんも脱ぐべき…?星梨花ちゃん、ギリギリで茜ちゃんを止めてくれる?
箱崎星梨花 はいっ、わかりました。
最上静香 野々原さんも変なところで張り合わないで!星梨花も素直に従っちゃってもう……。
北沢志保 …まったく、騒がしいですね。
P はは…そう言うなよ。みんな、本番がうまくいってようやく気を抜けたんだ。
志保も今日くらいは仕事のことは忘れて、みんなと遊んでみないか?
北沢志保 …大丈夫ですよ。私だって、理由もなくみんなの楽しそうな空気、壊したくはないですから。
それに、騒がしいのには慣れてきてますしね。
最上静香 ねぇ、志保、日焼け止めはちゃんと持ってきた?私達、アイドルなんだから日焼けなんかしないように、念入りに塗らないとダメよ?
北沢志保 わかってる。…というか、静香……本気でシャチの浮き輪持ってきたの?
最上静香 え?だって持っていくって話をしたじゃない。星梨花も麗花さんも楽しみにしてくれてたし。
ほら、シャチの顔がかわいいでしょ?
北沢志保 これは…。静香のかわいいの基準、よくわからない…。
最上静香 ふくらませた姿を見たらそんなこと言えなくなるわよ?あっ、ふくらませるのは志保にやらせてあげるわ。
北沢志保 えっ?私は、別に…、私よりプロデュ-サ-さんにでも手伝ってもらったら?
最上静香 ぷ、プロデュ-サ-とふたりで?そんなの、ぜったいダメだから!
北沢志保 ふふっ…ふたりとは言ってないのに。
最上静香 ぐっ…志保はもうシャチに乗せてあげない!
P おいおい、ふたりともこんなところに来てまでケンカするなって……。
北上麗花 ふふっ…静香ちゃんって、志保ちゃん相手だと、ずいぶん子どもっぽくなっちゃうのね。ムキになっちゃってかわいい♪
箱崎星梨花 ふたりとも、なんだか前よりずっと仲良しって感じですね♪
最上静香 べ、別にそんなんじゃ…!
北沢志保 そ、そうですよ。私達、仲がいいってわけじゃ…。
野々原茜 プロちゃん!茜ちゃん、知ってるよ?これぞ、雨降って地固まるってやつだよね?ふたりの青春が茜ちゃんばりに輝いてて、まぶしすぎるよ…!
北上麗花 わかるわかる♪ふたりの場合、どろどろになった後にふにゃふにゃ~になった感じだね。ふにゃふにゃエンジェルの「もがしほーず」だよ♪
最上静香 えっと…すみません、どういうことですか?野々原さんは、わかってる?
野々原茜 もちろんだよ!でも、今日のところはプロちゃんにおまかせ!
P えぇっ!?俺もわからないぞ!?
箱崎星梨花 えへへ…♪とにかく、志保さんも静香さんも仲良しで、ちゃんとニコニコしてて、わたし達も安心ってことですよ。ね、麗花さん?
北上麗花 星梨花ちゃん正解♪15ポイント!
最上静香 はぁ…もう何がなんだか…。
北沢志保 この人達をまとめていたと思うと、静香のこと、ちょっと見直さなくちゃいけないかもね。
最上静香 ふふっ…そう?
でも、私にとっては、みんなも志保も…大切な仲間だから全然、苦じゃなかったわ。
北沢志保 ……仲間、か。ふふっ。
野々原茜 おお!なんかモガミンがレベルアップして頼もしくなってるよプロちゃん!
箱崎星梨花 静香さん、かっこいいです♪
最上静香 や、やめてってば、ふたりとも!
P ははは…さぁ、みんな。そろそろ着替えないと、どんどん遊ぶ時間がなくなるぞ?
今日がみんなのいい思い出になるように、思いっきり楽しもう。
全員 お~!
北上麗花 それじゃあ私達が着替え終わるまで、プロデュ-サ-さんはひとりで楽しく遊んでいて下さいね♪
P へ…?
最上静香 みんなで日焼け止めを塗らなくちゃいけないし、男の人より準備にも時間がかかると思いますから。
箱崎星梨花 シャチをふくらませないといけませんから♪
野々原茜 茜ちゃんが戻ってくるまでさみしいと思うけど、強く生きてね、プロちゃ~ん!
P ……。
(…ちょっぴり寂しいけど、みんなが楽しそうだから、いいか…うん。問題ない)
(いろんな事があったけど…最後は結成当初より絆も深まって、みんな、いい顔になってたな)
(今までのことが、今日の思い出がみんなをさらにアイドルとして輝かせてくれると、俺は信じてる)
(…だから、別に寂しくない。……寂しくなんか、ないぞ)







その他

シアターミッション

+...

北沢志保とお仕事をしよう!(限定)

北沢志保を劇場ユニットに入れてお仕事をこなそう!
北沢志保と一緒にお仕事をこなして絆を深めよう!

報酬:マニーx765、肩書「北沢志保」


北沢志保の親愛度を上げよう!(限定)

北沢志保の親愛度を100まで上げよう!
北沢志保と絆を深めよう!

報酬:マニーx765、肩書「絵本」


劇場で利用可能な曲を増やそう! 北沢志保編 -その1-(限定)

北沢志保を劇場ユニットに入れてお仕事をこなそう!
北沢志保と一緒にお仕事をこなして彼女のイメージに合う曲を考えよう!

報酬:マニーx765、劇場音楽解放「ライアー・ルージュ」
シアターミッション達成!
新曲…いいですね。今までより難しい曲みたいですし、挑戦のしがいがあります。


劇場で利用可能な曲を増やそう! 北沢志保編 -その2-(限定)

北沢志保を劇場ユニットに入れてお仕事をこなそう!
北沢志保と一緒にお仕事をこなして彼女のイメージに合う曲を考えよう!

報酬:マニーx765、劇場音楽解放「絵本」
シアターミッション達成!
新曲…いいですね。今までより難しい曲みたいですし、挑戦のしがいがあります。