ボクは


妹と言う名の亜鈴を打ち続けながら、生きていたい。