※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


AiG CMI
‘Natural selection as tautology. ’
「自然選択はトートロジー」

Natural selection is in one sense a tautology (i.e., Who are the fittest? Those who survive/leave the most offspring. Who survive/leave the most offspring? The fittest.). But a lot of this is semantic word-play, and depends on how the matter is defined, and for what purpose the definition is raised. There are many areas of life in which circularity and truth go hand in hand (e.g. What is electric charge? That quality of matter on which an electric field acts. What is an electric field? A region in space that exerts a force on electric charge. But no one would claim that the theory of electricity is thereby invalid and can’t explain how motors work.) — it is only that circularity cannot be used as independent proof of something. To harp on the issue of tautology can become misleading, if the impression is given that something tautological therefore doesn’t happen. Of course the environment can ‘select’, just as human breeders select. Of course demonstrating this doesn’t mean that fish could turn into philosophers by this means — the real issue is the nature of the variation, the information problem. Arguments about tautology distract attention from the real weakness of neo-Darwinism — the source of the new information required. Given an appropriate source of variation (for example, an abundance of created genetic information with the capacity for Mendelian recombination), replicating populations of organisms would be expected to be capable of some adaptation to a given environment, and this has been demonstrated amply in practice.

Natural selection is also a useful explanatory tool in creationist modelling of post-Flood radiation with speciation.


自然選択はある意味ではトートロジーである(すなわち、誰が最も適応しているか?生き延びた/子孫を多く残したものである。 誰が生き延び/子孫を多く残すのか?最も適応したものだ。)しかし、これの多くは、意味論的な言葉のやりとりであって、問題がどのように定められるか、そして、定義が何の目的で上がるか次第である。循環論法と真実が手をつなぐようになる多くの分野が世の中にはある(例えば、電荷とは何か?電界が働く物質の性質。電界とは何か?電荷に対して働く空間領域。しかし、誰も、電磁気学が無効で、モーターがなぜ動くか説明できないとは主張しない。)-- 循環論法を何かの独立した証明として使ってはいけないというだけのことである。何かがトートロジーであれば、それは起こらないという印象を与えるなら、トートロジーの問題はミスリーディングである。もちろん、人間のブリーダーが選択するように、環境も選択できる。それはもちろん、魚が哲学者に変わりうることを意味しない。--- 真の問題は変化の特性、すなわち情報の問題である。トートロジーについての議論は、ネオダーウィニズムの本当の弱点--新しい情報の源が必要だという点 --から注意をそらすことにつながる。適切な変化の源泉が与えられれば(たとえば、メンデルの組み換えに対するキャパシティによる、創造された遺伝情報の豊富さ)、生物の再生産により、与えられた環境への適応性が期待できる。そして、これは実際には十二分に示されている。

自然選択は、ノアの洪水後の種の拡散についての創造論モデル化の有効な説明の道具となる。


Kumicitのコメント


ノアの箱舟に搭載可能な動物の数と、現在の種の数の大きすぎる差を埋めるために、"若い地球の創造論"では、地理的隔離と自然選択による種分化が必要。そのため、「自然選択はトートロジー」というかつて使われていた論法を一掃する必要があり、「トートロジー表現に問題はない」という直接的な対応をしている。


関連する創造論者の主張




リンク