※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Naturalism (philosophy)
自然主義(哲学)
[From Wikipedia, the free encyclopedia]

There are at least two basic types of philosophical stances characterizing naturalism. One is concerned with existence: what does exist and what does not exist? The second is concerned with knowledge: what are methods for gaining trustworthy knowledge of the natural world?

自然主義を特徴づける少なくとも2つの哲学的スタンスがある。ひとつは存在に関するもので、何が存在するか、何が存在しないか? もうひとつは知識に関するもので、自然界についての信頼できる知識を得る方法は何か?

In its broadest and strongest sense, naturalism is the metaphysical position that "nature is all there is, and all basic truths are truths of nature."[1] All things and powers commonly regarded as supernatural, for example, God, souls and witchcraft, are asserted to be nonexistent. This position is commonly referred to as metaphysical naturalism, or sometimes as ontological naturalism.

広く知られていて、強い意味は、自然主義とは「自然はそこあるものがすべてであり、すべての基本的真理は自然についての真理である」という形而上学的ポジションである。たとえば、神や魂や魔法のような超自然とみなされる物や力は存在しないと主張される。このポジションは形而上学的自然主義あるいは存在論的自然主義と呼ばれる。

Methodological naturalism, sometimes called scientific naturalism, is an epistemological view that is specifically concerned with practical methods for acquiring knowledge, irrespective of one's metaphysical or religious views. It requires that hypotheses be explained and tested only by reference to natural causes and events.[2] Explanations of observable effects are considered to be practical and useful only when they hypothesize natural causes (i.e., specific mechanisms, not indeterminate miracles). Methodological naturalism is the principle underlying all of modern science.

科学的自然主義と呼ばれることもある方法論的自然主義は認識論的見方で、本人の形而上学的あるいは宗教的見方と無関係に、知識を獲得するため実用的方法に関するものである。これは、自然原因および自然現象によって説明および検証可能な仮説を要求する。自然原因(不確定な奇跡ではなく、特定のメカニズム))を仮説とする場合に限り、観測事実の説明として実用的で使えると考えられる。方法論的自然主義はあらゆる近代科学の基本原則である。


Methodological and metaphysical naturalism
方法論的自然主義と形而上学的自然主義

Metaphysical naturalism, which is often called "philosophical naturalism" or "ontological naturalism", takes an ontological approach to naturalism. Ontology is a branch of metaphysics that studies being, and so this is the view that the supernatural does not exist, thus entailing strong atheism.

哲学的自然主義あるいは存在論的自然主義とも呼ばれる形而上学自然主義は、自然主義に対して存在論的アプローチをとる。存在論は存在を研究する形而上学のひとつであるので、これは超自然は存在しないという見方であり、強い無神論になる。

Steven Schafersman contends methodological naturalism is "the adoption or assumption of philosophical naturalism within scientific method with or without fully accepting or believing it … science is not metaphysical and does not depend on the ultimate truth of any metaphysics for its success (although science does have metaphysical implications), but methodological naturalism must be adopted as a strategy or working hypothesis for science to succeed. We may therefore be agnostic about the ultimate truth of naturalism, but must nevertheless adopt it and investigate nature as if nature is all that there is." [11]

方法論的自然主義は、Steven D. Schaphersmanの言葉によれば「自然主義を完全に受け入れたり信じたりしているか否かにかかわらず、科学的方法の枠内の哲学的自然主義の採用あるいは仮定である。...(科学は形而上学的含意を持つが)科学は形而上学ではなく、形而上学的な究極の真理に依存しない。方法論的自然主義は科学がうまくいくための戦略あるいは作業仮説として採用しなければならないものである。したがって、我々は自然主義の究極の真理について不可知かもしれないが、これを採用し、自然があるがままであるかのように自然を研究しなければならない。」

This definition rules out recourse to the supernatural. Pennock contends[12] that as supernatural agents and powers "are above and beyond the natural world and its agents and powers" and "are not constrained by natural laws", only logical impossibilities constrain what a supernatural agent could not do, and "If we could apply natural knowledge to understand supernatural powers, then, by definition, they would not be supernatural". As the supernatural is necessarily a mystery to us, it can provide no grounds on which to judge scientific models. "Experimentation requires observation and control of the variables … But by definition we have no control over supernatural entities or forces." Allowing science to appeal to untestable supernatural powers would make the scientist's task meaningless, undermining the discipline that allows science to make progress, and "would be as profoundly unsatisfying as the ancient Greek playwright's reliance upon the deus ex machina to extract his hero from a difficult predicament."

この定義は超自然に訴えることを禁止する。Pennockは次のように強く主張する。「超自然のエージェントやパワーは自然界を超越したものであって、そのエージェントやパワーは自然法則には拘束されず、論理的不可能性だけが超自然のエージェントのできないことを制約する。そして、もし我々が自然な知識を超自然のパワーの理解に適用できるなら、定義上、それは超自然ではない。超自然は必然的に不可思議なものであるので、これに基づいて科学的モデルについての判断はできない。実験は観測と変数のコントロールが必要である。... しかし、定義上、我々は超自然の存在や力を制御できない。科学が検証不可能な超自然のパワーに訴えてもよいことにするなら、科学者の仕事は無意味になり、科学を発展させる規範は損なわれ、困難な状況か英雄を救いデウス・エクス・マキナに依存した古代ギリシャ劇のように、まったく不満足なもになる。」

Naturalism of this sort says nothing about the existence or nonexistence of the supernatural which by this definition is beyond natural testing. Other philosophers of science hold that some supernatural explanations might be testable in principle, but are so unlikely, given past results, that resources should not be wasted exploring them. Either way, their rejection is only a practical matter, so it is possible to be a methodological naturalist and an ontological supernaturalist at the same time. For example, while natural scientists follow methodological naturalism in their scientific work, they may also believe in God (ontological supernaturalism), or they may be metaphysical naturalists and therefore atheists. This position does not preclude knowledge that derives from the study of what is hitherto considered supernatural, but considers that if such a phenomenon can be scientifically examined and explained naturally, it, then, by definition, ceases to be supernatural.

このような自然主義は、定義の上で自然に検証できない超自然の存在あるいは不在について何も言わない。ある科学哲学者は、原理的には超自然の説明の一部は検証可能かもしれないが、過去の結果から考えて、ほとんどありえず、超自然の探究にリソースを無駄にすべきではないと考えている。いずれにせよ、超自然の拒絶は実行上の問題であって、方法論的自然主義者が同時に存在論的超自然主義者であってもよい。たとえば、自然科学者は科学の研究においては方法論的自然主義に従うが、神(存在論的超自然主義)を信じているかも知れず、形而上学的自然主義者すなわち無神論者かもしれない。このポジションは、これまで超自然によるもの考えられてきたものについての研究による知識を、もしおその現象が科学的に検証可能で、自然に説明できるなら、排除しない

Supporters of creationism claim that the possibility of supernatural action is unnecessarily excluded by the current practices and theories of science. Currently, proponents of intelligent design argue that the naturalist conception of reality is not needed in order to do science. Their general criticism is that insisting that the natural world is a closed system of inviolable laws independent of theism or supernatural intervention will cause science to come to incorrect conclusions and inappropriately exclude research that claims to include such ideas.[13]

創造論支持者は、超自然の活動の可能性を不必要に、現在の科学の実行と理論から排除していると主張する。現在では、「自然界の幾つかの特徴はインテリジェンスの結果として最もよく説明される」と主張するインテリジェントデザイン支持者は、科学の実行のために自然主義者の現実の概念化は不要だと論じる。彼らの一般的な批判は、「自然界が神や超自然の介入とは独立した不可侵の法則による閉鎖系だとするのは、科学を誤った結論に導き、神や超自然の介入についての考えを含めようと主張する研究を不適切に排除している」というものである。

The subject was given detailed attention during the Kitzmiller v. Dover Area School District trial in 2005, and in his memorandum of findings[8] United States federal court judge John E. Jones III concluded that "Methodological naturalism is a 'ground rule' of science today." This ruling sets a federal district judicial precedent in the context of legal restrictions on the teaching of religion in U.S. schools, and more broadly the memorandum sets out an assessment of the evidence and arguments relating to the use in science of methodological naturalism as against supernatural explanations.

この問題は2005年のKitzmiller対Dover校区裁判で詳細な注意が払われ、米国連邦裁判所John E. Jones III判事は彼の覚書において方法論的自然主義が現代科学の基本的ルールだと結論した。この判決は、米国の公立学校で宗教を教えることを法的に制限するという連邦地裁判例となる。超自然の説明に対して、方法論的自然主義が科学で使われることに関する証拠と議論の公平な調査を述べている。



Kumicitのコメント


wikipediaのこの項目はわりと改訂が多い。この訳は2009/08/20時点のバージョンによる。