※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Barbara Forrestの方法論的自然主義




DEFINITION OF NATURALISM
自然主義の定義

I shall use "methodological naturalism" and "philosophical naturalism" to mean what Paul Kurtz defines them to mean in the first and second senses, respectively:

私は「方法論的自然主義」と「哲学的自然主義」をPaul Kurtzが定義した、第1および第2の意味を意味する用語として使う。

First, naturalism is committed to a methodological principle within the context of scientific inquiry; i.e., all hypotheses and events are to be explained and tested by reference to natural causes and events. To introduce a supernatural or transcendental cause within science is to depart from naturalistic explanations. On this ground, to invoke an intelligent designer or creator is inadmissible....

第1に、自然主義は科学的探究というコンテキスト内での方法論的原則を意味している。すなわち、あらゆる仮説や現象は自然原因および自然現象を使って説明および検証される。この基盤上では、インテリジェントデザイナーや創造主を召還することは認められない。

There is a second meaning of naturalism, which is as a generalized description of the universe. According to the naturalists, nature is best accounted for by reference to material principles, i.e., by mass and energy and physical-chemical properties as encountered in diverse contexts of inquiry. This is a non-reductive naturalism, for although nature is physical-chemical at root, we need to deal with natural processes on various levels of observation and complexity: electrons and molecules, cells and organisms, flowers and trees, psychological cognition and perception, social institutions, and culture....[4]

自然主義には第2の意味があり、これは宇宙の一般原則としての意味である。自然主義者によれば、探求の広範囲なコンテキストにおいて遭遇する物質とエネルギーと物理化学特性などの物質原理を使って自然は最もよく説明される。これは非演繹的自然主義であり。自然は根源では物理化学的だが、我々は多様なレベルの観察と複雑さについての自然な過程と取り組む必要がある。電子と分子や細胞と生物や花と樹や心理学的意識と認識っや社会的組織や文化など。

Methodological naturalism and philosophical naturalism are distinguished by the fact that methodological naturalism is an epistemology as well as a procedural protocol, while philosophical naturalism is a metaphysical position.

方法論的自然主義と哲学的自然主義は、方法論的自然主義が認識論あるいは手順上の決め事であるのに対して、哲学的自然主義が形而上学的立場をとるという点で区別される。


SCIENTIFIC VIEWS OF NATURALISM
自然主義の科学的見方

Since methodological and philosophical naturalism are founded upon the methods and findings, respectively, of modern science, philosophical naturalism is bound to take into account the views of scientists. As Hilary Kornblith asserts, "Philosophers must be ... modest ... and attempt to construct philosophical theories which are scientifically well informed."[7]

方法論的自然主義と哲学的自然主義は、それぞれ近代科学の方法および発見に基づいている。哲学的自然主義は科学者の見方を考慮するという形で限定されている。Hilary Kornblithは「哲学者は、穏健かつ、科学的知識を十分に取り入れて哲学理論を構築することを試みるべきだ」と主張している。

Arthur Strahler, a geologist who has taken particular interest in the claims of supernaturalists to be able to supersede naturalistic explanations of the world, points out the essentiality of naturalism to science:

世界の自然主義的説明に取って代われるのだという超自然主義者の主張に特に興味を持つ地質学者Arthur Strahlerは、科学における自然主義の不可欠さを指摘する:

The naturalistic view is that the particular universe we observe came into existence and has operated through all time and in all its parts without the impetus or guidance of any supernatural agency. The naturalistic view is espoused by science as its fundamental assumption."[8]

自然主義の見方は、我々が観測している特定宇宙は、いかなる超自然のエージェンシーによる駆動力あるいは導きによることなく、出現し、全時間・全場所で存在し動いているというものである。自然主義の見方は根本的な仮定として科学によって支持される。

Clearly, the first statement refers to philosophical naturalism. Strahler's point in the second statement, however, is that science must operate as though this is true. So philosophical naturalism serves minimally as a regulative, or methodological, principle in science, for the following reasons given by Strahler:

明らかに第1文は哲学的自然主義を指している。しかし、Strahlerの第2文の論点は、科学はそれを心理であるかのように実行されなければならないというものである。以下にStrahlerが挙げる理由により、哲学的自然主義は、科学の規制あるいは方法路的原則として、最小限に機能する:

[S]upernatural forces, if they can be said to exist, cannot be observed, measured, or recorded by the procedures of science--that's simply what the word "supernatural" means. There can be no limit to the kinds and shapes of supernatural forces and forms the human mind is capable of conjuring up "from nowhere." Scientists therefore have no alternative but to ignore the claims of the existence of supernatural forces and causes. This exclusion is a basic position that must be stoutly adhered to by scientists or their entire system of evaluating and processing information will collapse.... To find a reputable scientist proposing a theory of supernatural force is disturbing to the community of scientists. If the realm of matter and energy with which scientists work is being influenced or guided by a supernatural force, science will be incapable of explaining the information it has collected; it will be unable to make predictions about what will happen in the future, and its explanations of what has happened in the past may be inadequate or incomplete.[9]

超自然の力は、存在するのだと言えても、科学の手段によって観測・計測・記録できない。それが超自然という言葉の意味だ。超自然の力の種類や形に限りはなく、どこからともなく取り出せる人間の心を作り出す。したがって、科学者は超自然の力や原因が存在するという主張について無視する以外の方法を持たない。超自然を除外することは、科学者が絶対に固守すべき基本的立場である。固守しなければ、情報評価および処理システム全体が崩壊する。著名な科学者が超自然の力についての理論を提唱することは、科学者のコミュニティにとって邪魔である。もし科学者たちが取り扱っている物質とエネルギーの現実が、超自然の力の影響もしくは導きを受けているとすると、科学は集めた情報を説明する力を持たない。科学は将来に何がおきるか予測を作れなくなる。過去に起きたことについての説明も、不適切あるいは不完全なものになる。

This is clearly a methodological objection to supernaturalism on Strahler's part. Introducing supernatural explanations into science would destroy its explanatory force since it would be required to incorporate as an operational principle the premise that literally anything which is logically possible can become an actuality, despite any and all scientific laws; the stability of science would consequently be destroyed. While methodological naturalism is a procedural necessity for science in its study of the natural world, it is also the rule for philosophical naturalism since the naturalist world view is constrained--and thereby stabilized--by methodological naturalism.

これは、明らかにStrahlerの側の超自然に対する方法論的な異議である。科学に超自然の説明を持ち込むことは、科学の説明力を破壊する。というのは、科学の実行原則として、いかなる、そしてすべての科学法則を逸脱して、論理的に可能なものは文字通り実現するという命題を前提としなければならないからであり、それは科学の安定性を結果として破壊するだろう。方法論的自然主義は自然界の探求において、科学にとって手順上必要なものだが、同時に哲学的自然主義の規則でもある。というのは自然主義者の世界観は方法論的自然主義によって制約され、したがって安定化されるからである。


[4] Paul Kurtz, "Darwin Re-Crucified: Why Are So Many Afraid of Naturalism?" Free Inquiry (Spring 1998), 17. Kurtz also defines a third, ethical sense of naturalism, which falls outside the concern of this paper.

[7] Hilary Kornblith, "Naturalism: Both Metaphysical and Epistemological," 50.

[8] Arthur N. Strahler, Understanding Science: An Introduction to Concepts and Issues (Buffalo: Prometheus Books, 1992), 3.

[9] Ibid., 13-15.


Kumicitのコメント


超自然とは定義上、自然法則の逸脱なので、取り扱いようがないというのは確か。

でも、もともとが「神の創造した機械仕掛けの宇宙を自然法則で記述する」という機械論の立場からしても、「機械に突っ込まれた神の手」や「機械仕掛けの宇宙の設計目・設計奉方針」は機械論の取り扱い対象外。

また、現実問題として「観測できなかった過程・未知のメカニズムなどにより、現在説明不可能な現象」と「超自然の自然界への介入」を合理的に識別する方法がない。