※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Non-overlapping magisteria

From Wikipedia, the free encyclopedia

非重複教導権(NOMA=Non-overlapping magisteria)は、Stephen Jay Gouldが主張した見方で「科学と宗教は敵対しているのではなく、自己相似性のすべてのフラクタルスケールで複雑に絡み合っている[1]」というものである。彼は例として「強硬派伝統主義者の主たる文化的ステレオタイプからも強く完全な支持を得ている」ので「NOMAは両方の教導権(majisterium)の善意の人々の間での長い戦いの末に確立された、一般コンセンサスの正しい立場である」[1]

Gould's separate magisteria
Gouldは自著「Rocks of Ages (1999)」で科学と宗教の想定された対立を、うまく単純で従来型の解決策[1]と呼ぶものを提案した。彼は教導権(majisterium)を「ある教導形態が有意味な議論と解答のための適切な道具を持てる領域」[1]と定義し。NOMA原則を「科学の教導権は経験的現実、すなわち、宇宙が何でできていて(事実)、何故このように動くのか(理論)をカバーする。宗教の教導権は究極の意味と倫理的価値について問いに手を伸ばす。これら二つの教導権は重複することはなく、すべての問いを網羅することもない(たとえば芸術と美の意味の教導権を考えてみよう)。」[1]と定義した。

American Institute of Biological Sciencesの前の講演で、Gouldは「我々がこの立場を支持するのは論理的に正しいからだ。しかし、我々が勝つために、これがとても実用的であることを知るべきだ。」と述べて、NOMAを採用する政治的理由を強調した。Gouldは世論調査データが正しいとするなら、80~0%の米国人は超越的存在を信じており、そのような信仰は進化論と対立すると語化されると論じた。そして「我々は、宗教が別の問題であり、科学はいかなる意味でも宗教に反対しないと強調し続けなければならない」そうしないと「我々はこれ以上、前進できない」と論じた[2]


National Academy of Sciences
同じく1999年に、National Academy of Sciencesは同様のスタンスを採用した。その出版物"Science and Creationism"は「科学者は他の多くの人々と同様に、自然の秩序と複雑さに畏怖を以って触れる。本当に多くの科学者は深い信仰心を持っている。しかし、科学と宗教は人間の経験の2つの別々の領域を占有する。それらを結合しようとすることは、両方の栄光を損なう」[3]

Humani Generis
Gouldは後に「1950年の回勅Humani Generisを読んで、教皇Pius XIIが、神による魂の注入を認める限り、カトリック教徒が人間の肉体に関して進化仮説を受け入れることを認めた時に、おおよそ非重複教導権のNOMA原則を受け入れたことを見出した」と書いている[4]

Criticisms
Gouldが「宗教の対象範囲外と考えた物質的科学の問題」について、Richard Dawkinsは「宗教はそこから距離をとらないし、とりえない」という考えに基づいてNOMA原則を批判した。

Dawkinsは「超自然が存在する宇宙は、そうでない宇宙とは根本的かつ質的に異なる。宗教は存在を主張するが、それは科学の主張を意味する」と論じた。これらの「存在の主張」はカトリックのマリアの昇天のような奇跡を含んでいる。マリアの肉体が死亡時に朽ち果てたか、物理的に天上へ昇ったかは物質的事実であり、したがってNOMAが宗教を限定する倫理の教導権を逸脱している[5]

Gouldの作品の熱烈な支持者であるFrancis Collinsは、道徳・スピリチュアリティ・倫理は自然主義的解釈によって定められないというGouldに同意したが、科学と宗教とその他の領分は部分的に重複していると、NOMAの限定を批判した[6]

References
[1] Gould, Stephen Jay (2002). Rocks of Ages: Science and Religion in the Fullness of Life. New York: Ballantine Books. ISBN 034545040X.
[2] S. J. Gould (2000). "Evolution and the 21st Century." Annual Meeting of the American Institute of Biological Sciences. March 2000.
[3] Steering Committee on Science and Creationism (1999). "Science and Creationism: A View from the National Academy of Sciences". NAS Press. . Retrieved 2007-11-16.
[4] Gould, S. J. (1997). "Nonoverlapping Magisteria." Natural History 106 (March): 16-22.
[5] Dawkins, Richard (1998). "When Religion Steps on Science's Turf". Free Inquiry. . Retrieved 2008-09-13.
[6] Collins, Francis. The Language of God. Simon and Schuster, 2007. pg 95, 165

External links


Kumicitのコメント


特に現時点(2009/08/21)のwikipediaの記述に違和感はない。

なお、マリアの昇天やイエスの復活のような、地球物理的影響が残らない、ちんけな過去の奇跡(自然法則から逸脱した超自然の介入)だと、観測的に検出できないため、科学の対象外だと考えられる。したがって、福音書レベルのしょぼい奇跡群は、科学の関知するところではない。それを強く踏み込んだRichard Dawkinsの批判は、かなり強い主張である。