※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Kumicitのコンテンツ>インテリジェントデザイン概説> フロントローディングをめぐって >宇宙版インテリジェントデザイン

Dembskiブログの読者に受けない宇宙版ID

インテリジェントデザイン理論家Dr. William Dembskiと仲間たちのブログUncommon DescentのGilDodgenは、2006年7月8日付のエントリ「 Design Intervention, Information, and the Nature of Time 」で、宇宙版IDを取り上げた。というより謳い上げた:

Cosmological fine-tuning for the existence of life is so well established that it is essentially beyond question at this point, unless one is willing to put blind faith in wildly-fantastic speculation about an infinitude of in-principle undetectable alternative universes. A huge amount of complex, specified information was clearly infused into the origin-of-the-universe process.

無限の原理的に検出不能な別宇宙についての、むやみにファンタスティックな憶測への盲目の信仰を求めない限り、生命が存在するようにファインチューニングされた宇宙は疑いなく確立されている。宇宙の起源の過程で明らかに膨大な量の複雑で指定された情報が吹き込まれた。

Not only did matter, energy, space, and the physical laws of the universe come into existence at this point, but time itself did as well. This means that the cause of the universe must exist outside of matter, energy, space, the physical laws of the universe, and even time.

物質とエネルギーと空間と宇宙の物理法則がこの点で存在するようになっただけでなく、時間もまたそうなのだ。これは宇宙の原因が、物質とエネルギーと空間と宇宙の物理法則と時間の外側に存在するはずだということを意味する。

This raises an interesting question about design and temporal supernatural intervention: If the source of the universe exists outside of time itself, does the objection of “periodic temporal intervention in the affairs of the universe” even have any meaning, from an outside-of-the-physical-universe’s-unidirectional-time-line perspective? In other words, from a perspective that transcends time itself, is there any difference between the moment of the creation of the universe and any other moment in the history of the universe?

これは、デザインと超自然の時間的な介入について面白い問いを挙げる。もし宇宙の源が時間そのものの外側に存在するなら、物理的宇宙の外側の一定方向の時間線の見方から、"宇宙の状況への周期的な時間的な介入"の反論は意味を持つだろうか? 言い換えるなら、時間自体を超越する見方からすれば、宇宙の創造の瞬間と、宇宙の歴史のその他の瞬間に違いはあるだろうか?

特に論拠なく、宇宙版IDたるファインチューニング論を謳い上げた GilDodgenだった。フロントローディングと介入の差がないと、わかったような、わからないこと言っている。そして、このエントリに対して、不適切なコメントが掲載されないはずのモデレートされたコメント欄は冷たかった


No
ノー
Comment by avocationist

Yes. But purely in an aesthetic sense. Haphazardly distributing interventions within the “apparent” timeline, even from an exterior eternal perch, is generally regarded as poor form. At least it is according to a recent poll of influential transdimensional beings.

イエスだが、まったくの美学的な意味で。見た目の時間線内での無計画な介入は、それがたとえ外部からのものであっても、一般的に劣った形式と見なされる。少なくとも、最近の有力な次元転移存在について世論調査によれば
Comment by great_ape


これは非創造論系インテリジェントデザインな立場:
The kalam argument is an argument for God’s existence. Why do you guys spend so much time on God’s existence, when God doesn’t necessitate ID and (supposedly) ID doesn’t necessitate God?

kalamの論は神の存在についての論だ。神はIDを必要としない。そして、おそらく、IDは神を必要としない。にもかかわらず、神の存在に時間をかける必要はない。
Comment by skiddlybop


What, they conduct polls by seance now?
何、交霊会で世論調査だって?
Comment by Patrick


宇宙の原因は自然だということになっているというコメント:
Cosmological fine-tuning for the existence of life is so well established that it is essentially beyond question at this point…
生命が存在するようにファインチューニングされた宇宙は疑いなく確立されている。

I think you should have ended this with a period.
そこで話を終えるべきだった。

....

If any aspect of the universe is the effect, and the effect is natural, isn’t the cause of that effect by definition also natural?
宇宙のどんな局面も効果なら、そして効果は自然であるなら、定義上、その効果の原因も自然ではないか?

Comment by Mung

所詮は憶測にすぎないというコメント:
The universe can only be regarded as fine-tuned if we know that there even was wiggleroom in “tuning” the constants. We don’t know that, so any talk about fine-tuning is pure speculation and wishful thinking, hardly well-established.

宇宙がファインチューニングされていると見なせるのは、我々が定数のチューニングおいて、揺れ動いている空間があることを知っている場合だけだ。我々はそれを知らないので、ファインチューニングについての話は、まったくの憶測であり、希望的観測に過ぎず、確立されたなどとは言い難い。

Comment by Raevmo

このあと、もうちょい好意的なコメントもあるが、勢いよく同意するコメントは見られない。反進化論と違って、ファインチューニング論は、Dembskiブログの読者たちにはあまり受けないようだ。