※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Kumicitのコンテンツ>創造論ネタ?>Apearance of Age

"Appearance of Age"を人目につかない所に使う創造論者Jonathan Saffati


地球も宇宙も6000歳だと主張する"若い創造論者"たちは、6000光年より彼方の星が見える理由を、"Appearance of Age"(かのように創造された・経路上の光も創造された)以外に求めようとして、答えを得られていない。

しかし、たとえ「6000光年より彼方の星」について"Appearance of Age"を避けられたとしても、他にも"Appearance of Age"を使わないと説明のつかないことが多くある。たとえば、 Dr. Kevin R. Henke は例として、太陽内部の光子を挙げる:

Physicists have determined that photons produced in the Sun's core take much more than 10,000 years to migrate through reradiation to the Sun's surface. The shortest time estimate in the literature for this migration is approximately 17,000 years, which was derived by Mitalas and Sills (1992). However, Stix (2003) argues that the estimate in Mitalas and Sills (1992) is erroneous and that the actual value is closer to 30,000,000 years. Other estimates in the literature also greatly exceed 17,000 years (for example: Harrison, 2000, p. 94). So YUCs face yet another example of a natural phenomenon that refuses to comply with their "young" Sun. If the Sun is less than 10,000 years old, why do we detect photons and other radiation that could only form from the extremely high pressures and temperatures in its core?

物理学者は、太陽の中心で生成される光子が太陽表面に到達するのに1万年以上かかると結論した。この移動に要する時間は、最短の推定はMitalas and Sills[1992]によるもので約1万7000年である。しかし、Stix[2003]はMitalas and Sills[1992]の推定は誤っており、実際には3000万年近いと論じた。Harrison[2000]など他の推定では1万7000年を大きく上回っている。従って、"若い宇宙の創造論"は、彼らの主張する"若い太陽"と一致しない自然現象に直面する。もし太陽が10000歳よりも若いとしたら、超高温・超高圧な中心核でないと生成できない光子及び放射を、何故に我々は検出できているのだろうか?

Rather than dealing with science, Sarfati (2004, p. 171) simply invokes a Gosse argument to "solve" the YUC solar photon problem:
科学と折り合うのではなく、Sarfati["若い地球の創造論"ミニストリCMI所属]は、"若い宇宙の創造論"の光子問題の解決策として、Gosseの論["Appearance of Age"]を呼び出す。

Also, some argue for long ages on the basis that the calculated time for a photon to travel from the [solar] core to the surface (actually by absorption and reradiation) exceeds the biblical time scale. But this is explained if the main purpose of fusion is STABILITY - producing enough energy to balance that lost from the surface, that is, the sun was created in a STEADY STATE CONDITION, with the outward pressure generated by fusion matching the inward gravitational pressure, maintaining a constant temperature profile. This means that it could immediately fulfill its function as the 'greater light,' [Genesis 1:16] and keep shining at a constant rate. It is no different from believing that God created Adam with oxygen in his bloodstream in his extremities, even though it now takes some time for oxygen to diffuse through the alveoli in the lungs, then be transported by the blood.

光子が太陽中心核から太陽表面へ到達するの(実際には吸収と再放射)に要する時間の推定が、聖書的時間を上回ることを、宇宙の年齢が古いことの論拠とする者がいる。しかし、核融合の主たる目的が安定性、すなわち太陽表面から失われるエネルギーをバランスさせることにあるなら、これは次のように説明できる。太陽は外向きの核融合による圧力と内向きの重力がマッチして、一定温度プロファイルを実現する安定状態として創造された。これは、大きな光[創世記1章16 節]として創造直後から機能し、一定の輝きを維持したことを意味する。これは、実際には、肺の肺胞を通じ、血液によって運ばれてして酸素が体中に届くまでに、ある程度の時間がかかるが、アダムは血流末端まで酸素がある状態で創造されたと信じるのと同様である。

[Sarfati, J., 2004, Refuting Compromise: A Biblical and Scientific Refutation of "Progressive Creationism" (Billions of Years) as Popularized by Astronomer Hugh Ross, Master Books, Green Forest, Arkansas, USA. ]

  1. Harrison, E., 2000, Cosmology: The Science of the Universe, 2nd ed., Cambridge University Press, Cambridge, UK.
  2. Mitalas, R. and K. R. Sills, 1992, "On the Photon Diffusion Time Scale for the Sun", Astrophys. J., v. 401, n. 2, pt. 1, December, p. 759-760.
  3. Stix, M., 2003, "The Time Scale of Energy Transport in the Sun", Solar Physics, v. 212, n. 1, January, p. 3-6.

[ [[Kevin R. Henke, Ph.D: " Sarfati's Inconsistent Views on Photon Transmissions between Stars

太陽内部については完全に"Appearance of Age"(かのように創造された)を採用している。

同様の論は幾らでも必要になる。たとえば
  • 地球の大気大循環が起きている状態で地球は創造された
  • 地球の海洋大循環が起きている状態で地球は創造された
  • 惑星軌道が現在の状態で安定しているように太陽系は創造された
  • 地球内部の熱・圧力などは安定状態として創造された
  • 生態系全体を一気に立ち上げるためには、創造作業を順次行うわけにはいかない。餌がなければ即座に死滅する種があり、捕食者がいないと爆発的に増殖する種がある。安定した状態を作るには、はるかなる過去から世界が存在した"かのように"世界を創造するほかない。
  • 子育てが必要な動物は親を先に創る必要がある。

限りなく、"Appearance of Age"な論が出てくる。「星の光の経路上での創造」や「恐竜の化石の創造」を回避する理屈をつくったところで、"Appearance of Age"な論は山積み。逃れようもない。