※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Claim CH220
The universe was created mature, with apparent age. Light from the sun and stars fell on the earth from its beginning. This is sometimes called the omphalos argument after the title of an early book expounding it (Gosse 1857).

宇宙は"apparent age(見せかけの年齢)"で成熟した形で創造された。太陽や恒星からの光は最初から地上に届いた。これは初期の本[Gosse 1857]の表題からオムファロス論と呼ばれることがある。

Source:
Gosse, Philip H. 1857. Omphalos. Reprint, Woodbridge, CT: Ox Bow Press, 1999.
Morris, Henry M., 1974. Scientific Creationism, Green Forest, AR: Master Books, pp. 209-210.

Response:
  1. 見せかけの年齢(Apparent age)と真の年齢は区別がつかない。そんな区別はやめて、年齢と呼べばよい。
  2. 宇宙は見かけの年齢とともに見せかけの歴史を持っている。死にゆく恒星である超新星など様々な年齢の恒星が見られる。地質学的証拠は、地球の大気圏に酸素がほとんどなかった時代が幾百万年あったことを示している。他にも多くの例がある。この"見せかけの年齢"という考えを受け入れるには、実際には存在しない超新星からの光の存在を認め、低酸素な地質学的証拠が神の偽造品だと認めなければならない。これは神が実際とは異なる見せかけを創造したことになるので、神は詐欺師になってしまう。ローマ人への手紙第1章20節に「神性は被造物に現れており、これを通して神を知ることができます」とある。見せかけの年齢(Apparent age)は、神の被造物を信頼できないと言っている。